スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年に一度のお楽しみ♪
DCF00343.jpg

ニヤけてます。

当然です。今年もやってきましたバンレンタインデー

実は、バレンタインデーの週は我が家にインフルエンザの嵐が巻き起こって
おりました。

チビだけがインフルエンザだったわけですが
何故かみんなして体調が悪い

一成さんは14日に体調が悪くて遅刻していってました。

学校に用事で行っていた私に何度とのなく
「今日は一成休みですか?」と女子から声がかかる。

「ん~。体調がよければ午後からでも行くって言ってたんだけど
どうかな?」

強気な女子達。

「来るように言って下さい。」

「話してみるけど、具合悪かったら無理だから
母は気が強い子には強く出ます。

「判りました。放課後のドッジボールの練習は来ますか?」

「今からきても遅刻だし、体調悪いから無理かな?」

ちょっとムッとした顔の女子達。

照れてるのか?こんな高飛車な態度のバレンタインが今の子達なんでしょうか?

あげる方が態度が大きいなんて考えられない。


そんな中での、この笑顔
待ちに待ったRちゃんからのチョコです
しかも手造りです。

Rちゃんも14日はインフルエンザだったので時期がズレましたが
わざわざ届けに来てくれました。

相変わらずお人形さんのように可愛らしいRちゃんでした。
最近、反抗期で厳しい顔つきが多い一成もこの時ばかりは腑抜けた顔で
いや失礼!優しい顔でRちゃんから受け取ってました。

でかくなった一成に少々ドン引きしてたように見えましたが
相変わらず、何も話さず見つめるだけ。

見ているほうが恥ずかしい

当然、誰にもあげることなく、触らせもせず、ニコニコしながら
頂いておりました。

今年もRちゃんは一成にとって特別な子でした。

4月からRちゃんは4年生。一成は6年生です。

最近は何かとイライラしたり自分でもどうしていいのか困ってる様子が多い一成さん。

心のヨリドコロです。


さてさて、
パパ1 右京2 一成4 ちび1 今年も一成の圧勝でした。

頑張れ我が家の侍達
スポンサーサイト
5年生の男女関係
スポンサーサイトになっていてびっくりしました。

そんなに書いてなかったんだな~!なんて。

書くことも記録したいことも山ほどあるんだけど
ばたばたとしてまして・・・。



で、最近の出来事から・・・。

先日、一成の担任の先生がご結婚されました。

一成達は現在5年生。
男女関係にと~~~~っても興味があるお年頃。

クラスの皆は先生の彼女が気になって仕方がなかったところに
結婚の報告。

<この先生、自分の私生活をよく子供達に話す方だったようです。>

当然、浮き足出す子供たちです。


お約束のようにクラスの全員がカードを書き、まとめてアルバムに納めて
プレゼント

結婚式当日に代表が渡すことになっていましたが
参加したい方はどうぞということで・・・。

総勢25名はいたでしょうか。。。
その上、今まで担任した子供たちも3学年くらいが登場し
披露宴会場はものすごいことになりました

(先生、並びにご両家のご親戚、家族の皆様ごめんなさい。)

でも、嬉しそうな先生とお嫁様・・・。


問題は帰り道です。

一人の男の子が携帯で同じクラスの女の子にプロポーズを始めました。
目の前にいるのに・・・。携帯で・・・。

あまりのしつこさに怒り出す女の子。
電話を切られると今度はメールを始めた。

私達には理解できない。

女の子はとうとうその子の携帯を取り上げて自分のアドレスと電話番号を
削除しました。

その上で自分の携帯では着信拒否の設定。

一成に「あの子おかしくない?」って聞いてみたら

その男の子は同学年で携帯をもってる子のアドレス並びに番号を
コレクションしているらしく夜中でもメールを送ってるらしいです。

当然、夜中に送られたほうは親に怒られて携帯を没収された子もいたという
ことです。

女の子にばかり送信する彼は何なんでしょうか?

親からの苦情は学校にないのでしょうか?
私が親なら即効で学校に駆け込むのに・・・

一成達の学年は今、誰が誰を好きで誰が誰に振られたとか
毎日、大騒ぎだそうです。


覚えがないわけではないけれど、
家に帰ってまで、携帯で追われたら嫌だよね。

私としては曲がった方向に行ってると思うんだけど・・・。

いかがでしょうか?
夏休みの宿題
夏休みが終わりました。

ホットしています。
と言いたいところですが・・・

学校から帰ってくるたびに

「あれしてなかった~」とか

「お母さんに預けた宿題のプリントは?」とか

ひえ~~~ みたいな事を沢山言われます。


いつも私が学校からのプリントをおいている場所をガサガサと
探す奴ら・・・

当然、全部渡しているのであるはずもなく

それは自分達も判っているから探し方もいい加減


その中で昨日やりました宿題。

昂大包丁

「自分で育てた野菜(ピーマン)を使って料理をしましょう」というものです。

出来たのは小さなピーマンが数個・・・。
学校ではたくさん実をつけてましたが
家に持って帰ってからは、小さなものが1個か2個実をつけただけでした。

で、それは毎日の料理で食べちゃったので

「先生、ごめんなさい」ってことで買ってきたピーマンでお料理です。

初めて大人の包丁を使い。
しかも、薄切りに挑戦です

「左手はにゃんこの手」と兄二人に助言をいただき
頑張りました。

で出来たのが・・・。

昂大ピザ

ピザです。

生地は市販のピザ生地を使いました。

あっという間に食べてしまいました。

写真に残すのに、「まだ食べちゃ駄目~」と何度叫んだことか

今日、写真とプリントを持っていったはず・・。

あと何年続くんでしょか・・・?
この楽しい?宿題との戦いは・・・。

球技大会
随分、前になってしまいましたが

6月24日(日曜日)
球技大会がありました。

練習の様子は以前書いていましたが、本番を書いていないことに
はっと気づきました。

当日は生憎の大雨に見舞われました。

当然、子供達は試合前・・・。集合時間には既にテンション上がりまくりで
落ち着かない子がた~くさん。

どうしたものかと考えましたが、私が怒っていても仕方ない。

試合前に話ししたいな~とも思いましたが聞いてくれないだろうな~と
あきらめました。

しかし、しかし。

3年生の子達が「監督さん!」と駆け寄ってきて

「作戦があります!聞いてもらっていいですか?

思いもかけない声がかかりました。

「僕達で考えたんですけど、やってもいいですか?」

心底、嬉しかったです。涙が出るくらい嬉しかったです。

「いいよ!貴方達のチームだから、任せるよ!」

「はい!」キャプテンの子が嬉しそうに必死な顔で話てくれました。

皆を自分達から声をかけて集めて私を真ん中に、一生懸命に説明する3年生の子達。

その熱意は下の学年の子供達にも伝わったようで1年生たちも必死で聞いて
いました。

作戦は当然、技術があってのことなので今のこのチームでは無理なのは
大人が聞けばわかります。

ルールも身についてなくて、ボールが当ったら泣き出す子もいる中
作戦どころではないんです。

でも、男の子だからでしょうか?

「作戦」が大好きなようです。


チームが少ないので総当り戦です。

結果は当然1セットも取れずに惨敗でした。

キャプテンは泣いてました。

他のチームが大半を3年生で占める中、半分が1年生で戦わないと
いけないチームでした。

お母さん達のなかには「不公平すぎる」とクレームをあげる方もいましたが
毎年、行われる大会です。

来年は立場が逆転するかもしれない。

ドッジはチームです。
3年生ばかりが多いから優勝できるとは限りません。

私も6年間見てきましたが、やっぱりチームワークです。
強くて上手な3年生が入るから優勝できるとは限りません。

いかにその子にボールをまわせるか
弱い出来ない1年生をいかに残すかは協力?信頼しないと出来ないんですよね。

一成が優勝した時がまさにそうでした。

優勝候補は一成達の学年でも最強といわれる子を4人揃える別のチームだったのに
終わってみれば、一成のチームが優勝してました。

子供達が一番、びっくりしていましたが
喜びようは半端じゃなかった。

男の子に必要なのはこの経験なんだと思いました。


大会が終わって一人の3年生が私のところに来て

「負けちゃってごめんなさい。」って言いました。

正直、泣きそうでした。
でも、一生懸命、歯をくいしばってるのをみると
私が泣くわけにもいかず・・・。

「そんなことないよ!頑張ってたじゃない!半分が1年生だったんだよ!
かなり頑張ったと思うよ!」

「でも、全部負けたし

「3年生は大変だったね。1年生訳わかんないし、ありがとうね。
私も初めて監督して色々教えてあげられなかったし、3年生が頑張ってくれたから
助かったのよ。」

責任感の強い子は辛いだろうな~と思いました。



という結果の球技大会でした。

優勝は1年生の頃に「完全優勝したい」と誓った親子が率いるチームでした

笑ってしまうぐらい気合の違うチームでした。


因みに我がチームにはちびが参加しておりましたが
明らかに自覚が足りず、体育館のフェンスにのぼり私に引きずり降ろされ
目を離すとバスケットのゴールにぶら下がろうとする
言っても言っても聞きゃしない

最後には私から蹴りを入れられる始末。
(実はこの行為は違反行動で本部に見つかれば私が退場にあっていたことで
親ながら後々、反省いたしました。)

でも、一つの試合では頑張ったんです。
最後の最後まで残って自分で取れないのは判っているので逃げ回り
どのくらい頑張ったかな~~?

最後はボヨ~ンと坊主頭にボールがあたり、試合終了。

本部から「さすが、三侍の3番目笑わしよる」とお言葉を
頂きました。


来年はちびが3年生

しかもこのままだと一人きりの3年生です。

今から3年生を増やすことを思い巡らす母でした。


ま~結果は散々でしたが、怪我もなく

「楽しかった~」と子供達が言ってくれたので良かったと
思います。

終わった後は打ち上げ懇親会。

楽しいお酒を頂きました


関係者の皆様、お世話になりました。

お疲れ様でした。

ずっと練習に付き合ってくれた一成君。

ありがとうね。


調味料ケースに・・・。
最近、切羽詰ったお話が多いのですが

今日は時々起こる我が家の不思議な光景のお話です。


どこに何を直す(しまう)というのは一つ一つ教えなければいけないのかしら?
と思った出来事。

スキンガード

食事の準備を何度言っても自分からはしてくれない子供達では
ありますが。

「ご飯だからテーブルの上にあるもの全部直して」と言ったから?

確かにお塩は食卓にあった・・・。

モズクをポン酢で食べてもいた・・・。


お分かりでしょうか?

「スキンガード」がドレッシングのように調味料ケースに
鎮座しております。

だから入れなかったソースとお塩

犯人はわかりません


時々、こんなことが起こります。


ボンドを借りようと右京の机を開けると(勝手にごめんなさい

爪楊枝が山のように入っていたり。

子供達の予備の文具用品入れを見ると(糊を使いたかった母。)

個包装の飴玉がてんこ盛りになってたり。


もう、引出しの中からダンゴ虫の入ったケースは見つからなくなりましたが。

どうしたものか?

誰?と聞いても現行犯で無い限り判りません。

本当はすることで誰がしたかは見当はついているのですが

ドヤ顔で「してない!僕じゃない!」といわれると・・・ね。


ま~。こんな不思議なことも今だけだと楽しむとしています。


でも!でも!

しょう油と一緒に「スキンガード」はまずいと思うよ。

プロフィール

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。