スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おめめをパチ!パチ!
最近、辛いことが多いので
今日は我が家のアイドル、チビちゃんのお話。

最近、色んなことが出来るようになってきたし
心配していたお話が随分、上手になってきました。

本人のお気に入りは
「いっせ~い
「いっせいく~ん」です。
あと
「に~たんは?」
「うお~に~たんは?もう行った?」です。

一成は「いっせいくん」で
右京は「に~たん」です。

何故かいっせいを「に~たん」とは呼ばないんですよね。
一成がこっそり「に~たんでしょ?」って何度も教えてましたが
「ちあうよ~!(ちがうよ!)
「いっせいでしょ?」
この会話は不思議と毎日展開されてます。

お風呂では湯船の中に自分で入れるようになりました。
と言っても私にはまだまだあぶなかしくってハラハラしてしまうんですけど、自分は「どうだ~」とばかりに
「じょ~ず~」と手をパチパチしてました。

うちの子たち、水は全然恐くないみたいで
頭を洗うのも苦労は全然ありませんでした。
もたもた気にしてるほうが恐いみたいです。
それはチビちゃんも一緒なのですが・・・。
チビちゃん頭を洗う時、私の顔が見えないのが嫌らしいので
眼をしっかり開けてしまうんですね
当然、眼にシャンプーもお湯も入ってしまうわけで・・・。

「目いた~い。ママのばか~
って言ったって~
「目を閉じなさいって言ったでしょ?」
「目に入ったの?おめめパチパチしてごらん?お水で流れるから
すると、(もうお分かりですね・・・。)
手をパチパチって
「ちが~う、おめめだよ!おめめをパチパチだよ!」
「え~おめめ!」
やっぱり!おててをパチパチ
「でいな~い!(できな~い!)」

でも、一生懸命、顔をお水でバシャバシャして切り抜けました。
後は皆で大笑い

なんで、皆が笑ってるか分からないでキョトンとしてたチビちゃん
ですが皆が笑ってるのでわらいだしました。

まさに「ひとまず笑っとこ!」ってことでしょうか
三男坊もしっかり身についてきたみたいです。

辛い事もた~くさん!
でも、その倍くらい、嬉しいこと楽しいことがた~くさん!

スポンサーサイト
怒涛の3日間!
先週はほんとに大変でした・・・。

右京の留守家庭逃亡から始まり
初めての授業参観

授業参観といっても給食参観なるもの
これは私の子供の頃にはなかったものでした。(多分

要は子供たちの給食の様子を参観するという文字通りなんですが
自分の子供がちゃんと給食の配膳のお当番をしているのに
感動して涙ぐんでる御母さんもいたりして・・・。

私はというと、右京はどこだ~!と探すまでもなく
叫び声が・・・。また騒いでる

「いただきます」があってからの食べるのが早いこと早いこと
給食嫌いだった私には信じられない光景
しかも、おかわりしてました。
それから、先生の制止も聞かず、食べてる子いるにも関わらず
「先生!おトイレ行ってきます。」って
父兄の皆様から大爆笑をいただきました

これが帰ってこない
我が家の男どもはとにかくトイレが長いんです
食べたらすぐに行きたがるし・・・。
(食べ足らないとおトイレには行かないので、お腹がいっぱいかどうかの目安にはなるんだけど
全員「ごちそうさま」になって後片付けが終わっても帰ってこない!

びっくりしたのは先生がその事に気づいてなかった事
他の子が気づいて探すだす始末・・・。
終わってからの個人懇談でそのことの説明とお願いはしましたが
いなくなってもわからない?ってことですよね


そして、次の日。
今度は夕方、家に帰ると「右京が帰ってないぞ」って
パパさん大激怒
部屋のどこにも帰った形跡がありません。
時間は7時近く・・・。
まず、留守家庭に連絡して帰りが同じ道の子供のところに連絡して
もらうことにして私は探しに出ました。

探してもさがしてもどこにもいません
まだ、入学して日が浅くお友達のお家の電話も場所も名前も
わからないんです。

1時間くらいでしょうか
「帰ってきたぞ!」のパパさんからの怒りの電話。
いたんです・・・。お友達の家に行ってたそうお父様が送ってきてくれました。

御迷惑をおかけした皆様にお礼を言って、急いで家に帰りました。
手はプルプルふるえてたけど、右京の顔をみたら涙がでて
抱きしめて泣いてしまいました。
「よかった!よかった!本当によかった!」
「ごめんね。おかあさんの帰りが遅かったから・・ごめんね」
これがいいのかどうかわからないけど、この言葉しか出てきませんでした。
当然、うちからパパさんに怒られて家を飛び出した私がやっと
帰ってきて泣いてるので下の二人はびっくりしたのか私の顔をみるなり
抱きついて泣き出しました。

疲れました・・・。
新入学ってこんなに大変なんでしょうか?

でも、右京を抱きしめて、思い出したんですよね・・・。
これって覚えがある!
確か私もこうやって母に怒られて、怒ってる母が泣いてたって
私も同じことやってるんですよね・・・。
しかも女の子なのに・・・。
親が親だから、血は争えないっていうんでしょうか?
(言葉の使い方間違ってました?)

ということは、まだまだ何かやらかすはずです・・。
覚悟しないとね。
あ~!頭がいた~い!
学校が終わって留守家庭に行ってるはずの右京君が
家に帰ってきてるとの連絡。

え~また何があったの?

土曜日にお友達と「はさみ将棋」で喧嘩して
相手をパンチして、鼻血がでるケガをさせて
しまったんですよ。
そのことが尾をひいて、機嫌が悪かったのかな?
昨日は上級生の女の子をパンチ
今まで、手を上げても女の子に手を上げることはなかったのに。
自分からは絶対に手は出さない、必ず正当な理由があるのは
わかるしそう信じたいけど・・・。

とにかく、今から早退して家に帰って事情をちゃんと
聞いてみようと思います。

入学早々、胃が痛い
「いいかげんにしなさい!」ってバカ!
右京君、毎日楽しそうに学校に行っております。

今日は初めて一人で学校に行きました。
「今日から一人で行ってもいいっちゃろ~!」
「今日まで一緒に行こうよ!
「え~!いけるってひとりで!
「ほんとにだいじょ~ぶ?」
「だいじょ~ぶっていいよろ~
「はいはい。じゃ!行ってらっしゃい!」

玄関で見送りました。
気になって、ドアを開けると
「見らんでよ!来んでって!」
「あ~ごめんなさい・・。」

暫く我慢・・・。
階段を走っていく音がしたので、見つからないように
追いかけました。
マンションの外にでて、見えたのが走っていく後姿。
思わず「走ったら駄目よ~。」
「もう!わかっと~って!いってくるね~おかあさ~ん

行っちゃいました。
背中のかばんががちゃがちゃ言ってゆれてました。

夕ご飯の時。
「右京君!学校どうだった?楽しかった?静かにしなさいとか
言われなかった?」
「ん~ん!そんな事言われんかったよ
いいかげんにしなさい。って言われた!」
「はあ~。それってもっと悪いんじゃないの?」
「なんで?」
「なんでじゃないやん!いいかげんにしなさいって言われたのよ。その前に一杯悪い事してるってことじゃないの?」
「え~!なんでそんこと分かると~。」

私もパパさんもお箸を落としそうになりました。

右京はあっけらかんとしたものです。

来週の個人面談がおそろしい
ちなみに担任の先生は「ゆうこりん」みたいな方
と~っても若くて、保育園気分が復活したみたいです。

私は右京のその態度に怒り爆発しそうでしたが
あんまりだったので姉に話したら「緊張してて落ち巣かないんだろうね。でテンションあがっちゃったんだね」って。

私、考えもしませんでした。
そんな事・・・。
(お~さすが育児の先輩!貴方はいつも優しいんですよね。)
ちょっと反省しました。

でも。初日から「いいかげんにしなさい!」って言われます?
もう、バカじゃないのって叫びたかったです。
どっきどきの一年生♪
20070412113647.jpg


昨日、我が家の長男坊は一年生になりました。

真っ青な空、快晴でした。
朝からドキドキでいつもより早起きのお兄様
何度もランドセルを背負い鏡を見に行ってました。

入学式の朝、まだ少しだけ桜が残る小学校に向かってパパさんと手をつなぎ歩いて行きます。
前を歩いていくお友達を見つけると、パパさんの手を振りほどいて
走っていこうとしてました。
だけど・・・。
「今日は一緒に行くって約束やろ」ってパパさんはなかなか手を離そうとしません。

「なんとか言ってよ~」って私に目で訴える右京君ですが
ちょっとだけ、知らん顔します。

それでも、何とか振り解いて何とか離れた右京は
あっという間にお友達のところに行ってしまいました。

そんな後ろ姿を眺めながら、無口になる父と母です。

入学式前に子供達は教室へ
教室の前で名前をいって名札を受け取ります。
「一人で行けるから。」っていうので離れてみてました。

ちゃんと頭を下げて、両手で名札を受け取ってました。
初めての教室で自分の名前が書かれた机といすを眺めて
席に着く彼。

入学式がはじまりました。
自分が父兄席に座っているのが少し恥かしいような何だか不思議な気持ちで、私も親なんだな~なんて思ったり。
私も今までよく頑張ったよね~えらいじゃな~い
なんて、いい気分になっていたのに

で、ですがね
入学式のビデオって撮りますよね?
その為に7年頑張ってくれたビデオを諦めて新しいのをこのたび購入したんです


だ、だけど映ってるのは、新一年生の入退場のシーンだけ・・・。

校長先生の挨拶は?
在校生の歌は?

全部で撮影時間が約3分?

なんで3分なの?

3分って何?

呆れました・・・。
というか、もう諦めました。
やっぱり、貴方ってそういう人よね


画像は式後の教室での風景です。
黄色の帽子が一年生ですよね

特別なイベントの時は絶対!何かが起きる我が家!
書こうかと思いましたが、所詮、私の愚痴になりますので
今回はとってもおめでたいお話なのでやめときます。

いつも、「おかあさん、あのね、あのね」って周りを歩いてた
お兄ちゃんが、自分から私の手を離して行く時期がはじまったんですね。

実はそれを一番感じてたのはパパさんだったかも
一日右京に付きまとってましたから

そんな風に感じた入学式の一日でした。
二段ベッドはジャングルジム?
20070406133136.jpg


右京の小学校入学に合わせて子供部屋をリニューアルしました
まだ右京が3歳位の頃、おばあちゃんが買ってくれたものです。

当時はいっせいはまだおっぱいがないと眠れなくて
右京は添い寝が大好きで・・・ってベッドは無理じゃんという状態で
したが、これがきっかけでおっぱいが離れて、一人でお布団に入る事が
できるようになればと思いトライしました。

とうぜん無理でした

一人じゃ嫌というので私が下に入ると皆、下に・・・。
一人寝たなと思ってお二階(我が家では上段はお二階と言ってます。)
に行くと、また大移動

そこへ、「家族はいつも一緒に寝らないかん」とパパさん乱入
当然、狭くて狭くて、でも我慢して我慢して

寝たな~と思ってベッドを抜け出し違う部屋へ

あ~一人になった~と、ほっとしたのもつかの間・・・。
子供達が手をつないで、「お母さんと一緒に寝る~」って
やってきました。
それが何ヶ月か続いてベッド?子供部屋は諦めました。

それが、今回、復活です。

今回はさすがにお兄様方、嬉しそうです
しか~し、嬉しいのは自分のベッドが出来たからでは
なく、遊び場ができたから・・・。

お二階は基地に様変わりしました
主に基地作りは右京に担当。
いっせいは一生懸命に柱を登っては飛び降り、横に向かってわたって
遊んでます。まさにです。

そして、とうとう
ちびがやってくれました。

お二階からのジャンプ!
怒るとベッドについているはしごを使って降りてくれますが
ちょっと目を離すとダイブします
いくら言っても、分かってくれないので
下に(前に)マットをひいてみました。
でも、反対に足をひねってしまいそうなので
やめてちょっと固めのお布団をひきました。

男の子って、恐いです。

今、子供部屋は体育館みたいになってます。


えっと・・・。
やっぱり、ベッドでは誰も寝てくれません
始めに私がベッドに入り、子供達が・・・。
前より一人増えてますので、もっと狭いんです

だから、下の段に4人

でも、依然とちょっと違うのは、最初にベッドから抜け出すのは
私ではなく、右京でした。

「もう、狭いって、誰かお二階に行って」って右京。

「右京が行けばいいやん。おにいちゃんなんやけん!」
っていっせい。

怒っていっせいを叩こうとしますが、叩かないで
私の耳元で「皆が寝たらうきょうくんのとこ来てね」って内緒話!
「はい、わかりました」とピースサインで答える私。

ニコニコしてお二階に上がって行きました。

だけど、お兄様ったら、誰よりも早く寝てしまうんです。

残った二人を一人は右腕に一人は胸の上(ラッコ状態)に抱っこして
背中をトントンでおやすみなさい。

二段ベッドは何のため?
私の肩こりと腰痛はまだ暫く治りそうにありません。

一年生と新一年生
4月から右京君は小学校にある留守家庭というものに通っています。
少しだけ早く一年生を満喫しております。
親の心配はよそにとっても馴染んでる様子です。
朝もきちんと起きてくれます。自分で準備をして鞄の中身もお弁当もチェックが入ります(笑)

「とうとう一年生だね・・・。お友達できそう?」

「違うよ!一年生じゃないよ!新一年生ってば!!入学式が終わったら一年生生なの!お母さん!知らんと?」って右京♪

ホ~♪だそうです・・・。
皆様、ご存じでしたか♪

今週はかなり右京君、頑張ってます。

入学式までは留守家庭は親の送り迎えが必要なんですが、朝、お友達を見つけると走って言ってしまいます・・・。
母は置いてけぼり・・・。
あれれ?と思いながら、後ろ姿をみつめて、とっても寂しい気持ちになりました。
握っていた私の手をはじき飛ばして走って行ってしまいます。

嬉しい成長なんだけど
「ちゃんと、大きくなってるじゃないって!」思うけど・・・。
ナンダカネ~?

まだまだ手のかかる奴らが待ってるけど♪

右京!お母さんはちょっぴり寂しいぞ~(笑)
って言いたいけど、言いません(笑)
私も結構意地っ張りなので♪

でも、最近、一緒に寝てます(笑)。
寝るときはいつも通りですが、弟たちが寝ると必ず私の横に入ってきます。

なぜか「よしよし」と思ってほくそ笑んでしまう母です。

プロフィール

右京ママ

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。