スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスプレゼント
DVC00136.jpg


今年のクリスマスは私と子供たちだけになりました。
毎年、パパが帰ってくるのを待っていますが
最初から子供たちが起きている時間には戻れないと
わかっていたので、パパは欠席です。

今年の我が家は、一年間頑張った子にはパパがサンタさんに
電話してプレゼントをお願いすることになってました。
私はサンタさんの電話番号は知りません。
だから、お願い事やプレゼントの内容はパパに伝えることに
してたんです。
でも、今年はありがたい?ことにパパは大忙しで
12月に入ってからというものほとんど子供たちと
話をする時間がなかったんです。
だから、子供たちはハラハラしてこの日を迎えてたんです。

ちびはそういう事はまだわかりませんが
お兄様方はわかります。
でも、右京は「サンタは本当はいないんだから、うそだよ」の
一点張りでした。
一成は一生懸命、その言葉を撤回しようと右京にはむかって
何度も喧嘩になってました。

そして、イブの前の晩、寝ずにパパを待っていた二人・・・。
一応、寝る時間なのでお部屋の電気を消してベッドに入ったものの
パパが気になる・・・。
そして、運よく帰ってきたパパに二人で涙ながらに叫んでました。

「早く、電話して!もう間に合わないよ!
ほら、間違うといけないから紙に書いたから!
早く!おとうさ~ん!」

叫んでいるのは右京です!
<おい!あんた信じてないんじゃなかったの~!>
ほとんど半泣き状態です。

「ねえ~泣いてるから、電話してよ!」
って右京の必死な態度に押されてフォローを入れてるのは一成君。

なんか、ちょっと違うけど・・・。

いつもなら、まだ寝てないのか?って怒るお父さんも
今夜ばかりは笑顔です。

「わかった!わかった!さっき、現場から電話したから!
でも、間に合うか判らんぞ!間に合ったらいいいけどな~?」

ってちょっと意地悪?

食事を済ませて何とかなだめて、二人を寝かせると・・・。
外に出て行くお父さんの姿???

プレゼント!買ってきてました。

「もうずっと、頼まれてたから、年末まで会えんと思うからさ」って

夜中に時々起きるので朝方枕元におくことにしました。

で、朝、私を揺さぶる男子二人!

「おかあさ~ん!お父さん電話間に合ったよ!
これ、欲しかったっちゃん!これよ!これ!」
と右京が叫んでます。
「携帯でかけたけん、早かったっちゃんね!」

「そうね、たぶんね・・。」

プレゼントいつおいたんだろ~?
お父さんはいつでかけたんだろ~?
そして、今は何時なんだろ~?と思うクリスマスイブ。

DVC00147.jpg


お兄ちゃん二人は
「恐竜キングの七つの欠片」?ご存知DSのソフトです。
また、新たなる戦いが始まるわけです。
そして、ちびは「ピタゴラスのパズル」です。
必死でやってます。
何故、プレゼントがもらえたかはわかってないちびですが
お兄ちゃんが喜んでるので一緒に喜びました。

ちなみに私の枕元には何もなかったけど・・・。

いつ私にはサンタさんが来るんでしょうか?
独身の頃は、必ず来てくれたサンタさんなのに・・・。


スポンサーサイト
餅つき大会とポケモンセンター
日曜日は小学校で餅つき大会がありました。
右京君、ちび私の3人で参加

一成はサッカーの冬の合宿に土曜日から参加している為に
欠席ですが二人はとってもこの日を楽しみにしておりました。

毎年、我が家で餅をつきますが今年はパパが忙しく大晦日の紅白まで
仕事といっていたのでみんなでがっかりしていたところ
子ども会であるというので喜んで行ったんです。

小学校のグランドには臼と杵がいくつも用意されてて
ちびは大興奮です。

暫く、待って蒸しあがってきたもち米をお父さん達がかわるがわる
つくんですが、この日はパパはヒーローですね。
普段、見かけないパパさん達がジャージ姿にハチマキまいて
頑張ってました。
そこでちびが・・・。

「おとうさん、呼んでこないかん
「おかあさん、行こう

「え~無理よ・・・。お仕事だもん。お母さんがつきます。(嘘です。)」
「おかあさんはだめ~。おとうさんじゃないから~。」

どうやら、もちをつくのはおとうさんだけと思っているようです。

その頃、既に右京はどこかへいってしまって、わかりません。

つきあがったお餅がテーブルの上へやってきました。
いっせいにお母さん達が丸めていきます。
その横で粉で真っ白になって遊んでいる子供たちが続出!
テーブルの端には大根おろしやあんこ、蜂蜜、砂糖しょうゆなどなど
いろんなものが用意されてました。

その中で驚いたのは・・・「キムチ」
つきたてのお餅にくるんで食べると美味しいそうで
あっという間になくなっていってました。

何にしようか迷っていると、真向かいで右京が
上手に御餅を丸めて砂糖醤油につけてのりまでまいて
2・3個、お皿において用意してました。
こんなことは早いんですよね・・・。
こいつは・・・。

「右京!どこにいたのよ?あんた上手ね。
お母さんにも作ってよ!」
「え!いや!まだ大人は食べたらいかんちゃないと?
これはちびの分やもん!のりまき好きやろ~!」

「は?はい、大人はまだでした。
で!でもこれはちびの分であかあさんじゃないの~~。」と
言い訳したけど、周りの視線は感じてました。
他のお母さんもみんな子供の分を丸めるのに必死です。

幾ついただいたでしょか?とっても美味しく頂きました
こゆ~い、お茶が欲しかったです。

全部、終わったのが2時過ぎで
4時に帰ってくるいっせいをお迎えに何とか間に合いました。

夏の合宿を経験しているいっせいは前回ほど劇的なお出迎えは
なかったにせよ、元気な顔で帰ってきてくれました。

お迎えのお母さんの中から私を見つけて第一声が
「お母さん、きつくないからポケモンセンターいけるよね。」

「え!やっぱり行くの?元気ならいいけど・・・。」
「やった~!連れて行ってくれるって言うからサッカー頑張ったよ」

なんて、いいかげんな!
そんなにポケモンがいいのか?お前達は~!って握りこぶしがプルプルです。

荷物を置きにいったん家に戻りちびと右京を連れて
早速出かけました。
時間はすでに6時を回ってました。8時にはお風呂に入れなきゃいけないのに。

そこで撮った一枚

DVC00116.jpg


突然、現れたピカチュウに押しつぶされそうになってる<ちび>です。
わかりますか?
手前にいるんですが・・・。
しばらく、後を追っかけまわして、やっと触れると思って
手をのばしたら、今度は近すぎて乗られそうになってます。

助けようと思ったのですが
振り返った顔は満面の笑みだったので
そのまま、ほっときました。

踏まれても、ど~んと弾き飛ばされても
相手がピカチュウなので嬉しいみたいです。
一緒に帰ると聞かなかったんですけど
家にはピカチュウのご飯がないからっていうと
なんとか納得してくれました。
(それでいいのか~と逆切れしそうになった母です。)

疲れた一日でした。

長男坊の作品?
DVC00109.jpg


皆様、お洗濯だいじょ~ぶですか?
乾きますか?
我が家は厚手の黒地や紺地、グレーばかり
(可愛くありません
ちびが生まれて私がオレンジや黄色、赤を着せるように
なったので、ちょっとだけ華やかになってきた洗濯物ですが
普段はこんな感じ・・・。

で、「つまんない!」と呟いてる私の顔をみた右京が
「お母さん!まかせて!」となにやらやってました。
出来上がったのがこの風景。

お題は
「仲良し」だそうです。

見えますか?
シャツが前の人?の肩に手をかけてるんです

朝、8時の我が家のベランダでの出来事。
可笑しくて、大笑いしてしまいました。
あなたのユーモアには頭が下がります。

でも、右京君、遅刻よ・・・。
そんなことしてないで、早く行きなさい

この風景に満足した右京はニコニコして
右手におにぎり、左手にりんごを握って
出かけて行きました。

今日も寒いけど頑張れ長男坊!

この後、喜んだちびが洗濯物に突っ込んで
洗いなおしたのも想定内です
保育参観
DVC00095.jpg


4日は保育チーム参観日でした。
写真はちびの参観です。
と~っても見にくいのですが、まだママやパパの顔をみると
泣いてしまう子が多いのでお部屋の窓という窓に
紙が貼られてその隙間から親達は覗いて参観になるんです

(画像がうまく扱えなくて横向きになってますが・・・。)

お友達と向かいあって座りお互いの足の裏をあわせて
ギッタンバッタンやってます。
6月ごろはお互いの手を結べなくて出来なかったのが
今回は上手に歌にあわせて出来てました。

お遊戯が終わると私はお兄ちゃんのお部屋へダッシュです。
一成は今年で保育園最後です。
年長さんたちは自由に見学できます。もちろん、ママの顔をみつけるや
駆け寄ってきて、離れなくなる子もいますが。
一成はぜ~んぜん大丈夫!私を見つけると
「わ~きた!」と笑顔になりましたが、そこは年長さんです。
見栄張って、ちらちら見ながら頑張ります。
去年まではお世話してもらってたのが、今年はお隣に
座る2歳下のこのお世話を一生懸命してました。

保育園ではほんとに頼れるお兄ちゃんらしいです。
<家でもそのぐらいやれよ~>っていうのが
感想です。

暫くして、お給食の準備に入るので
またちびのお部屋へダッシュです。
年少さんはお給食が始まってました。
ちびの席はドアからだと背中しかみえないので
反対側の窓へ移動・・・。
当然、隙間から覗きます・・。
その時、隣の席の子とバチ!と目があった?かな
「うん?」と思ってたら、隣でビデオを窓に貼り付けて
撮影しているママから「見つかった?」
「かもね!」

「あ~ママじゃな~い?」
「ねえねえ、ママじゃな~い?」

「ちが~よ!ママじゃないよ!おかあさんよ!」

という会話が聞こえました。
ちょっと、意味が違うけど。
お箸とお茶碗を持ったまま、こちらをじ~っと見てます。

こ!こわいです。

暫くじっとして動かずにいると、また食べ始めました。
大きなお口を開けて、席を立つこともなく上手に
お友達とお話しながら食べてました。

みんな、本当は気づいてて、大人たちに付き合ってくれてるのかも
とそんな気がしました。

年に2回、保育参観はありますが
そのたびにちょっとずつ、何かができるようになり
人間らしく?というか子供らしく?というか
家では見られない子供たちの様子が見れて
嬉しいですね。

先生方には本当に感謝です。

早生まれなので、皆より随分、小さいのですが
態度と声だけは人一倍大きいんです。
来年から保育園は一人です。
後3年、がんばろ~ね。


プロフィール

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。