スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3歳になりました。
お誕生日おめでとう 

DVC00087.jpg


ちびがめでたく3歳になりました

最近、少々生意気になってきました。

でも、可愛いからいいかな?・・・。
ケーキの上で光り輝くローソクが3本
素敵です!
ローソク・・・。今回はいっせいに消されてました。
それを守ろうとする右京!
当然、兄が二人でケンカになりました。
それを「うるさい!消されないでしょ~」と
注意するちびの仲裁・・・。

ほんとに賑やか
去年はまだちょっと誕生日がわかってなかったけど
今年はだいじょ~ぶ。
本人もとっても楽しみにしてました。
近所の人にも「3歳3歳」と言ってました。
指はまだ2歳のままですが。

なんでも、お兄ちゃん達と一緒じゃないと嫌になって
きました。
おもちゃも本も、ご飯の量も
み~んな、一緒。

怒られる時は別

僕は関係ありませんみたいな顔をしてます。

しかし、ここからが難しいところ、
判らないことも自分が自分がと言うようになったら
話して聞かせることにしてます。

都合の悪いことは赤ちゃんの振りをしてみせます。

前までは「じゃ~いいよ。好きにしなさい!」が
通用しましたが、最近は「はい!」で勝手にしてます。
上の二人もそうでした。
これからは、ちょっとだけお兄ちゃん扱いしながら
赤ちゃん扱いしないといけません。

あ~疲れる!
でも、でも、可愛いから、なんでもOKだよ。

頑張れ!これからも、元気いっぱい!わがままいっぱい!
沢山、食べて。沢山、遊んで。
大きくなってくれ~。

今年も我が家のおもちゃ・・・。いえ!いえ!癒しでいてね~。


スポンサーサイト
いいことも、悪いことも・・・。
いいことも、わるいことも合った日曜日でした。

ん~何からお話したらいいのかしら?

まずはいいお話。
ママ友に誘われてお宅エステに行ってきました。
久しぶりに自分のために使った時間。
子供達は久しぶりにお休みになったパパさんとお出かけです。

お宅エステの約束は前の週からあったんですが
子供を連れてもOKということだったので
覚悟をしてました。
それが、土曜日「明日休みになったから」とパパさん。

「あ、あのね、お友達からエステに誘われてるんだけど
行ってきてもいいかな?子供たちは連れて行くから・・・。」

「あ~エステ?エステ?って綺麗になるやつ?
卵肌ってぷるぷるになるあれ?かさかさの肌がすべすべになるあれ?」

<しつこすぎます

「そうよ!乾燥しきってかさかさのお肌をぷるぷるにしてくれるあれです!」

「お~! 行ってこい!子供たちは俺が遊びに連れて行くから
帰りも美味しいものでも食べてこいよ!」

「え~ 今、なんて言ったの?
聞き間違いじゃないよね ほんとにいいの~。」

ってことで、一人の時間が実現しました。

出かけるまで、右京は私と出かけると行ってましたが
「お母さんはちょっとだけ綺麗になりたいのだから、行ってきていい?」
「僕が居たらできんと?」
「うん。男の子がいたら恥ずかしいじゃない?女心もわかってよ」
ちょっとだけ、困った顔をしてましたが、何とか納得してくれました。

で、数時間、至福のひと時
神様、ありがとう

帰りはスッピンで帰りました。
日焼け止めと乾燥止めのリップだけの顔・・・。
誰にも会いませんよ~にと願いながら
ウインドウに写る自分が久しぶりに気になりました。

帰ってきた子供たち、私の顔を覗き込み
「よかった~変わってない!違う人になって帰ってくるってお父さんが
いったけん。どうしよ~かと思ったっちゃん」と言ったのは次男坊。

顔を引っ付けて、「プルプル~気持ちいいよ!」と行ったのは長男坊。
「おか~やん、可愛い~」って言ったのはちびくん。

同じことをしようとしたパパさんから逃げて回ったのは言うまでも
ありません。

顔が白くなったらしいです。
というより、表情が明るくなったそうです。
その日、帰ってきてから一日離れていた分べったりだった
ちびの手がほっぺたをずっと触ってたのは、何か意味が
あるのでしょうか?

素敵な時間をありがとう
また、ちょっとだけ頑張れそうです。



ここまで書いて、昨日の悪いことを思い出しました。
やっぱりちょっと、まだ書くになれないというか・・・。
私の中でまとまってないのでまた、後日・・・。

やっと頂上に登りついたら、頂から谷底へ突き落とされた気分です。
本気のトイレトレーニング
ちびは今月で3歳になります
早いな~でもまだ3歳なんだな~って。

そこでトイレトレーニング、本気で始めました。
(遅い?のはわかってるんだけど・・・。)

なぜか?というと、保育園の同じクラスで
おむつをしてるのがちびだけになったこと
おしゃべりも上手にできるようになってきて
着替えも(まだまだ遅いしくちゃくちゃだけど)自分からしたがるように
なってきたからなんです。

保育園では失敗がないっていうし・・・。
園では自分からトイレに行くということらしい。
正直、信じられません
家では絶対言いません
何度か試しにトレパンマンとかパンツとかやってみたけど
濡れたままで遊んでました。

「ちーしたら、お母さんに言ってね!」
「は~い!」

「ちーしてな~い?」
思いっきりパンツが濡れてても
「ん~ん、してないよ!

笑顔です。
とっても笑顔です。

○んちは?時間のサイクルで朝と夕方なので保育園では
無縁な状態。
家ではやります。
そのまま
した後の後ろ姿は生まれたての子鹿のようです。

で、怒りを抑えて、「したくなったら言ってね。一緒におトイレ行こうね。」
「ん~わかった!」

わかってないくせに~
ぜ~んぜん、わかってないくせに!

でも、暫くはこんな日が続くんですね。

昨日のこと
帰りのバスの中でのこと。
なんかちびの様子がおかしい・・・。
私の顔をみて、抱っこをせがむ込んでいたのもあって
お膝に抱っこして、暫くして・・。
な~んか私の腿あったか~い
じわ~と生温か~い。
やってました
でも、オムツをしてるはず・・・。
園ではパンツで過ごしても行き帰りは時間がかかるので
オムツの着用をお願いしてるんですが
何故?と思ってお尻をさわると
なぜか生尻?の感触。

「なんで、履いてないの?オムツは?」
「ないよ~!気持ちいいもん!」

え~
それならそうと言ってほしかった!
帰り間際にトイレに行かせたのに~

バスの座席におしっこをつけちゃいけないと
必死で内股に力を入れて座ってました。
すっきりしたのか、ちびは元気です。

今は「したよ!」と教えてくれる状態。
次は「したよ!じゃなくて、出そうになったら言ってね!」
「え~わから~ん!」

こういう時は、右京君の登場です。
「おにいちゃん!なんて言ったらわかるとかいな?」

「あのね、お○ん○んがむずむず~として、いにゃいにゃ~って
なったら、お母さんに言うといい~?そしたらお母さん喜ぶから
わかった?」
とちびに言ってくれました。

「せいか~い(正解)」とちびの返事。

よくわからない会話でしたが
その日は失敗しない夜でした。

まず、トイレに行けるようになって
パンツになって
それから、夜もパンツでいられるように・・・。

あ~先は長いわ~!

4月からは年長さんのお部屋よ!
各自、個室のトイレにいくのよ!

ちび、がんばろ~ね。


ミスなの?
ここ何日か、続けて「記事を保存」が出来ないでいます。
長~い書き込みをした時に限って
保存できていないでいます。

やっと終わって「ブログの確認」で掲載できない?

なぜ~!

叫んでも駄目なんですけどね・・・。

私のミスだとは重々わかっておりますが
悔しい・・・。

この前の日曜日にあった「どんど焼き」も
その前にあった「ドレミの会」も保存できてなかった

あ~!

覚えてますか?
「ドレミの会」です。
去年から読んでくれている方々は右京がやった楽器のこと。

「ギロ」って楽器のこと覚えてますか?
去年は大変でした。
説明されてもわからなくって
教えてっていわれてもまず楽器がわかんない・・・。
ま~、右京はこういったことにしつこい性格ではないので
すぐにあきらめましが。
本番、ステージに立ったわが子をみて
嬉しくて涙がでて、でも何故右京が「ギロ」なんだろ~と
思ったものでした。

今年の主役はいっせいくん。
楽器は「ピアニカ」でした。
随分、前から練習していたようで
これまた右京とは反対にこういったことには
と~ても張り切る?(しつこい)いっせいなので
頑張って練習してました。
12月のうちに全部マスターしてしまったカレは
必死で私にアピールしてました。

「もう、ぜ~んぶ覚えた!ふがくはいらんと!」

<「ふがく」とは楽譜のことです。>

ぜ~んぜん、信じてなかった母です

しかし、やってきた本番はお見事でした。
上手に演奏してました
しかも、ピアノも習ってないのに、色んな指を駆使して
ちゃんと指揮の先生を見ながらという荒業で

「こいつ!すごいじゃん!」って(言葉遣いが悪くてごめんなさい)
うるうるしてしまいました。

同じママさん達からもお褒めいただきました
私が一番いっせいのことをうまく出来ない子と思ってるみたいで
他のママさん達からは<やっぱり>とか言葉がでたり、出なかったり・・・。
何となく納得いかないけど
褒められてるんだよね。

一成はしきりに私に隠れて照れておりました。

とうとう、「ドレミの会」が終わり来月には「おゆうぎ会」があって
どんどん卒園が近づいてきます。
今月、来月と保育園や学校と大忙しなんだろ~な

同じ卒園生のお母さん達、もうちょっと頑張ろ~ね
できた~!
080117_182528.jpg


できた~!

去年のクリスマスにプレゼントされた「ピタゴラスのパズル」です。
最初は床を這うように広がっていたパズルでしたが
最近、随分、立体的になってきてました。

そして、昨日の夜、一人で黙々とやってました。

できたよ~!みて~!

と叫ぶ声・・・。

すごい!すごい!
「できたね~。一人で作ったの?3階建てでちゃんとお城みたいに
屋根までついてるの?素敵~。」

すごいでしょ~!ちびは今月末で3歳になるんですよ!
親バカでしょうが、これはすごい!最初見たとき
びっくりしました。

本当は途中まで一緒にとか思ったんだけど
まだ、ちびはそういう嘘をつけません。

<子供のすごいところは嘘をつけないってことですね。>
<嘘をつくことを知らないんですね。>

にこにこして、とっても誇らしげに眺めてました。
(だから、ガッツポーズでヨッシャーって叫んでます。)

実はこの一番下の四角のところの裏側にはドアが付いて
中にはプーさんがとっても窮屈そうに入ってるんです。
だから、これは「プーさんのお家」なんですって。

このパズルって磁石でくっつくようにはなってますが
これはやってみると私でも難しいんですよ。
力を入れすぎるとガシャンて崩れるし、三角形の辺を間違うと
チグハグで綺麗な塔にはなりません。
ちっちゃい頭で頑張りました。

しか~し
この後、当然やってくるのは私の驚く声にたかってきたお兄ちゃんたち
二人分の足音?で床が揺れて、見事に壊れました・・。

可愛そうに、一生懸命につくったのに~
右京もこういうことがありました。
右京はパパさんに壊されました。
一成は右京に壊されました。
ちびは・・・。
お兄ちゃん二人に壊され?ました。

にぎやかな我が家・・・。しょうがありません。

そういえば、右京がずっとずっと小さい頃、作っては壊れるのをみて
積み木を木工用ボンドでくっつけたのを思いだしました。

ふと、みたら、ちびにボンドを右京が手渡してたのが
可笑しかったです。
<やめて!それは高いのよ~。

でも、本当に素敵でしょう?



おかあさんの名前
一年生も3学期を迎え随分、漢字が読めるように
なってきた長男坊。
今年いただいた年賀状をじっとみてました。

「ねえ、おかあさん?これってなんてかいと~と?」
指刺してるのは、(旧姓○○)という箇所・・・。

「あ~これは、前の名前よ

「あ~しっとう!しっとう!  で、前の名前って何?」
<わかってないじゃん!>

「結婚したら、男の人、女の人、どちらが、どっちかの名前に
なるの。だから変わったほうには(前の名前)ができるのよ。」

「え~。じゃあ~おかあさんもあるの?」

「あるわよ~!おじいちゃんと一緒よ。前はおかあさんはおじいちゃんと一緒の
家族だったから。」
<あ~こんな言い方はきっと迷うよな~と思ったけど・・・。>

「へ~で、でも・・。え~おじいちゃんとは家族じゃないの?」

<難しい~!また、始まった~>
「えっとね。家族なんだけど。結婚すると新しい家族が増えるのね
それで、どんどん。どんどん増えて家に10人も20人も一緒に住めないでしょ?
だから、結婚した二人とその子供だけで一つの家族って数えることに
したのよ。」

「だれが?」

「国が?」

「なんでおかあさんが聞いてんの?」

「おかあさんも正直誰が決めたかは知らないのよ。でも、そのほうが
わかりやすいし、いいじゃない?右京君たちと5人って楽しいでしょう?」

「そうやね。でも、いつか前の名前に戻ると?」

「は~。どうやろか?それは判らんね。
たぶん、だいじょ~ぶと思うけど・・・。
戻らんでいいように、お母さんもお父さんも頑張ってるし
右京君たちも可愛いし。みんなだいすきでしょ?」

「じゃ~。いい!この前の名前が出来た人も、きっといいとよね?」

「そうよ!きっと幸せになれると思うよ。」

「今度、会わせてあげるから聞いてみたらいいわよ。」

という、会話が正月からあって、肩こりました。

今年もいろんなことが長男坊を悩ませることでしょう。

あ~楽しい。

新年のご挨拶
謹賀新年
新しい年も明け皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年も「ひとまず笑っとこ!」よろしくお願い致します。

今年は楽しい嬉しい記事が書けることを祈ってます。

DVC00161.jpg


今年のお正月は本当に日本のお正月といった数日を
過ごしました。
大晦日は私の実家へ年越しそばを食べに行き
もちろん、お酒持参です・・・。
紅白を見ながら教師をしている姉夫婦と子育て談義に花が咲き
(もっぱら私の愚痴だったような気がしましたが・・・。)
明けて一日は楽しみにしていた年賀状を見ながら
友人知人達の近況を肴にお茶でいっぱい。
今年はデパートで初めておせちを頼みました。
<こんなぜいたくいいのか~>なんて、ドキドキしながらクリスマスのころ
注文にいったものが大晦日に届いてました。
もうすでに受けとった時点で数箇所食べられてまして、
一日は「ここは、何があったの~?」なんて
会話があちこちと・・・。(笑)

だらだら~っとま~たりと過ごした一日、夕方から初詣へ
やっぱり今年も日が高いうちに行動は無理なパパ。
<新年そうそう、ぷち!っと頭の中で音が・・・。>
寒~い中、マフラーをぐるぐる巻きにしてダウンを着込んで
行きました。初詣・・・。
私の願いは子供たちの健康と学校のことばかり・・・。
<お願い!とにかく今年は行ってくれ~学校に・・。>
ってな感じでしょうか。
あ!パパさんの商売繁盛ももちろんです

二日は毎年恒例のパパの実家へ
「節」に行ってきました。
この「節」は絶対参加なんです。
絶対です。
どこに居ようが模試があろうが帰ってくるんです(笑)。
お嫁に行ってすぐ<まさか!>と思ってたら
本当でした。
それでも、外から嫁に来たりして軽んじてたりして
不参加だったりすると、お食事の間中<つまらん>の
やんややんやの言葉が優しい口調で浴びせられます。
絶対こなきゃと何度も思ったものです。
私はこの「節」という行事が大好きなのでいいんだけど・・・。
ね~。
人それぞれ、今までしてきた習慣はなかなか・・・。

DVC00172.jpg


で、この「節」なんですが・・・。
毎年、鍋料理が出ます。
「鴨肉」「しし肉」「馬刺し」「たてがみ」?
私、最初の年、倒れそうでした(笑)。
「去年、畑で頑張ってくれた鴨なんじゃ!」という会話をしながら・・・。

なんなんだ~!この人たちは~!と思ってました。
しか~し、いまだに食べれない私をよそに
子供たち大好きでかぶりついてます。
そして今年はとうとう形のある(汗)しし肉を炭火で焼くという
荒業が飛び出しました。
しかもやってるのは旦那様
勘弁してよ~と思いながら嫁にきて8年目になり
最近、もう驚く前に笑ってしまう自分にやっとなじんで来たかな~なんて
思いました。

今年もどうぞ我が家の侍達、可愛がってやってくださいませ。
プロフィール

右京ママ

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。