スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卒園式!
DVC00202.jpg


3月22日(土曜日)
快晴 とってもいいお天気
いっせいくんも無事卒園式を迎えました。

いつもはだらだらした格好が好きなやつも
今日ばかりはカッターシャツにネクタイでスーツ姿
とっても素敵!(親ばかですがなにか・・・)
あら~男前じゃない?なんて親しいお母さんにいわれたりして

私も親として去年に続き2回目、絶対泣かないだろうと思ってたら
会場に入って仲良しのお母さんが涙ぐんでるのをみたら
もう・・・。もう・・・。駄目

「とうとう、卒園式やね~。泣いたらどうしよ~か?」って声をかけてくる声が
もう泣いてるじゃん
みんな顔が泣き笑いで、可笑しかったです。

普段はデニムやジャージに近いようなママ達も今日ばかりは
スーツ姿でお洒落してます。子供が小さいとどうしても敬遠しがちの
ピアスやネックレス・・・。
「わ~綺麗なんだ
「なんですって~!当たり前やろ~」なんて会話もあったりして
子供達もそんなママ達に喜んでました。

さてさて、お式ですが
去年も思いましたが。ちゃんと大きくなるものですね。
去年の今頃はだいじょ~ぶなの?本当に一年生になれるの?なんて心配してた子供達が
立派に式次第をクリアーしていく姿は本当に頼もしくて嬉しくて
時々こちらをみて「にこり!」とする顔がたまらなく可愛い!

保育園生活が4年間、3歳に発症したアトピーに悩まされて
最初はお肉も駄目でお友達が皆同じお給食の中を一人だけ我慢しました。
牛乳もヨーグルトもチーズもチョコレートも駄目。それを文句一つ言わず
食べてくれました。食の細い子になるんじゃないかと心配もしましたが
元気いっぱい、他の子に負けることなく健康な子に育ってくれました。
大きくなるに従って少しずつ食べれるようになってきて
2月の末の検査でとうとうクリアーになりました。
最後の最後に皆と同じお給食で
毎日嬉しそうに「今日のお給食はね」って話してくれる姿は
とても誇らしげで嬉しかったです。

お給食の先生にはいくら感謝しても仕切れないほどです
先生もアトピーがあるから気持ちがわかりますと快く協力してくださり
何か新しい食材のときは声をかけてくれて、その日美味しかったと話してくれた
献立は先生にレシピを聞きに行ったりして・・。
本当にありがたかったです。


で、今日の画像のお花
最近、いっせいとラブラブRちゃんからいただいたブーケです。
可愛らしいですね~。優しい~感じの・・・。
(Rちゃんのママわざわざありがとうございました。妹ちゃんもありがとうね
Rちゃんは2歳下で在園生として卒園式に出席してくれていて
式ではいっせいにプレゼントを渡す役も立派に果たしてくれました。

卒園式では証書ならびに記念に沢山のプレゼントが用意されていたのに
いっせいはこのブーケだけを握り締めて帰りました。

「他のは?自分で持ってよ」って言っても
「いい!いい!お母さん持っていいから~」ってお友達のところに
行ってしまいました。

ま~今日は許す・・・。

式の間、お隣の席には初恋の女の子が座っていました。
証書をみせあっこしたり、もらったプレゼントを二人で眺めたり
可愛い二人です。
去年、右京と二人でその子を取り合って、二人の間では敗れてしまった
いっせいくん。 彼にとっは特別な女の子になっていました。

これから、大きくなってそんなことも忘れてしまうかもしれない。
学校も離れ離れになって、照れるということを覚えて
会っても知らん顔したりするかもしれないけれど
いつか、とってもとっても大きくなって、遊んだことを
懐かしく楽しく話が出来ることだと思います。

一緒に大きくなってきたお友達、そしてお母さん達
これからもよろしくね。会わなくなってもきっと時々思い出すと思うし
応援してるからね。
これからよ~!頑張りましょ~ね!



スポンサーサイト
チョコにはクッキーでしょ~。
先日、いっせいがバレンタインにチョコをもらったお話をしましたが
今日はそのお返しのお話です。

いっせい、この日に向けて(ホワイトデー)ですね。
何をあげればいいのか悩みに悩んでました

まず、何故、お返しは1ヶ月後なのか・・・?
すぐにでもしたいんですね・・。彼としては・・。

「ね~なんで?」を何度も繰り返します。

で、私の答えが
「あのね、好きなのって言われて、すぐに返事したら
相手は軽い気持ちで返事したって思うの・・。だから、ちょっと考えて
言われて1ヶ月しても好きだなって思ったら、ありがとうって気持ちを
伝えるのよ」

「は~変るわけないやん。」
「好きっちゃもん」言いながら顔が真っ赤です

「だったら、いいじゃない。無茶苦茶、OKよ」
<変な日本語ですみません

「で、なにあげるの?」
「は~!チョコにはクッキーでしょ!」
「お母さん、そんなことも知らんと!」

「知ってます・・・。けど、Rちゃんはクッキーすきなの?」

って、もう私の話なんか聞いてないし・・。

で、早速、先週の水曜日クッキー作りが始まりました。
今日は練習だそうで、本番は日曜日。

画像がないのは出来た端から食べてしまうから
子供3人と一緒にクッキー作りは大変です。
ずっと粉がまってるわ、まだ焼いてない生地をちびはすきあらば食べるわで
も~大騒ぎでした。

当日の14日はお互いのママ同士都合が合わなかったので
今週の月曜日に我が家に来てもらうことにしました。

その事実を月曜日の朝、聞かされたいっせいは大変でした。
テンションがあがりまくりで
保育園でも「今日はずっと大声あげてましたけど、お家でなにかありましたか?」って
「い~え、これからあるんです。大変なことが・・・。」って先生に説明すると
先生も感激してくれて、
「よかったですね~いっせいくん、お返ししてないってずっときにしてましたから」って
<あいつは~、園でもそんな事をいってたのか~>っと恥ずかしかったですが

そして、園から一緒にRちゃんママの車に便乗させてもらって
我が家へ・・。
家につくなり、即効で渡してました。
でも、可愛い袋も何にもなくて、いつも自分が使ってるお気に入りの
お皿に乗せて渡してました。

でもでもでも
受け取ってもらえなかったんです
だって、Rちゃんはクッキーが苦手なんだって

その行動に驚いたのはRちゃんのママでした。
それを見るなり、「このために来たのに~」って、
私は可笑しくて可笑しくて・・・。
でも、いつもなら怒る筈のいっせいが全く怒ってなくって
怒るどころか、二人で仲良くテレビなんか見てたりして・・・。
Rちゃんの恋で始まったのが、こいつつかまったな!って。

可愛い、小さな恋です

その話を聞いた旦那は・・・。
「女の子は小さくても「女」なんだね~。
うちの男共は駄目やな、気が強い女に弱いんやな!」
ですって・・。

いやいや、Rちゃんは決して強い子ではありません。
とっても優しくて柔らか~い素敵な子なんだよ~。
我が家の男共が今まで会ったことがない、女の子らし~い子なんです。
だから、とってもいっせいは大事に扱ってるんだと思います。

小っちゃい頃の恋なんて
小学校にはいったらすぐに忘れちゃうんだけどね~。
なんて、嫉妬交じりの意地悪い事を言っちゃう母でした。

ホワイトデーまでお付き合いしてくれたRちゃんのママ
ありがとうございました

これからも、よろしくね

あ~子供の恋に一々、口出して親って疲れるわ~
朝ごはん・・・。
子供達、朝ごはんをなかなか食べてくれません
進んで食べるのはゼリーとかプリンとかドーナツとか・・・。
あまり食べてほしくないものばかり

でも、何もお腹にいれないよりはと思い食卓には出してますが
毎朝、私は食べてる姿を見ながら、いや~な気分になります。

ちびは毎朝おにぎりを食べます。
「塩にぎり」って言うんでしょうか?
具はなにも入ってません。
入れると出します。
「これ、嫌!」って言いながらお皿の縁にずら~っと梅干とかおかかとか
鮭とかが並ぶわけです。
悲しくなるので、「塩にぎり」だけ。
これにお味噌汁を食べてくれるといいんだけどね。
でも、そのおにぎりも飽きてきた様子

で、作りました

DVC00195.jpg


ぼやけてますが・・・。
もちもちパンミックスというらしいです。
外側はパリパリで中はもちもちしてるらしい・・・
初めて作りましたが、もちもちっというよりしっとり?こんなもんなのかしら?
と作った本人は不安をまといながら食卓へだしてみると

おいし~

って大評判でした。右京には・・・。

他の二人は・・・。
ただただ眺めてる二人・・・。
「これって食べれると?」って一成

「え!だいじょ~ぶよ。食べてみてくれる?」

「ん~なんか・・・いい!いらん!」

ちびにいたっては
「いらん!食べん!だって変ないもん!」

<な!なにを~>っとおもいましたが
下の二人は食わず嫌いで、初めてのものは必ず最初は拒否するんですよね。

「あっそ!いいよ。食べんでも

暫く、二人で手に持って遊んでたかと思うと
焼きたてホカホカに釣られたのか、食べ始めました

おいし~や~んって勢いがついた時は
20個焼いてたのがお皿の上には残り4個だけ
ほとんど、右京が食べてしまってました

「ずっる~い みんなのやろ~一人いくつかわからんと~?」
「早く食べんけん、いかんちゃない いらんっていったやない」

また上二人でけんかが始まりました。
こういうケンカはほっときます

そうしているうちに、横で自分のおやつ袋に
残りのパンをつめているちび・・・。
お皿の上にはなにもありません。

「あ~!ないや~ん
いっせいの顔が涙でぐしゃぐしゃになっちゃいました。

いや、いやそんなに怒んなくても・・・。
また、作るし・・・。
自分でいうのも悔しいけど、あんまり美味しくないし・・・。

でも、嬉しいです
喜んでくれて、なによりお腹をいっぱいにして学校に保育園に
行ってくれて・・・。

やっぱり、手造りって子供達は嬉しいんですね。
頑張ります・・・。

でも、毎朝のご飯(白飯)も手造りなのよ。
卵焼きもお味噌汁もおんなじよう~に食べておくれ~。

で思いました。朝ごはんはやっぱり食べましょう!
変な言い方ですね。

たくさん食べてくれる姿は嬉しいです。

明日はなんにしましょうか?



寄り道って・・・。
長男坊は学校が終わって5時まで留守家庭子供会(通称仲良しルーム)に通っています。
小学校内に設置されてあるお部屋をおよそ5時くらいに出る子供達なんですが・・・。

まともに帰ってきたことはありません
家まで子供の足だと約20分くらいでしょうか?
なぜかいつも走ってるので15分?かしら?
お友達とおしゃべりしながら帰ったとしても30分?

ぜ~んぜん帰ってこないんですよね
ど~したもんでしょうか?

昨日は帰って来たのは予定時間より1時間30分過ぎてました
最近、通っている小学校の周辺で脅迫メールが出ていて
学校並びに親達は警戒を強めていました。
そんな中、帰宅時間がどんどん遅くなる長男坊です。
先生が説明しても親が言っても聞くはずもなく・・・。

とうとう心配になってルームへ電話
5:05には校門を出ました。とのお返事。
電話の最中に走って帰ってきました。
後手に何か隠してます
そのまま、自分の部屋に入ってごそごそやってるかと思ったら
何食わぬ顔で「おかあさん、ただいま~おやつは?」
<は~>と思いましたが怒るのは後回しにして事情を聞いてみました。

3年生のお兄ちゃんにとっても趣味の合う子が見つかって
最近はそのことばかり遊んでいるのは知ってます。
その子と一緒だったということで
家の前まで一緒に行って「ちょっと待ってて」って
「これあげる」って渡されたのがたくさんの「石」?
「化石」だそうです。
よく見ると貝殻や斜線の模様が入ってました。
それをとっても嬉そーに見せてくれました。

しかし、ここで悩みました。
まず、その為に寄り道は駄目なことを言わなきゃいけない。
大事なものをもらっちゃいけないってこと。

どうやって、説明しますか?
私も子供の頃、帰り道お友達の家の近所で遊んで帰ってきてました。
その時間が学校で遊ぶ時間よりも楽しくて、いろんな話ができたことを
覚えています。
それに危ないから、危ないからとずっと言ってなきゃいけないのかな?
寄り道は行けないのはわかってるけど・・・。
で、その子がくれた「化石」・・・。
本当にその子のものなんだろ~か?
買ってもらったにしても、自分でおこずかいとかで買ったにしても
もらってくるのは、やめてほしいのだけど・・・。
でも、あげたい気持ちもわかるんですよね
そして、それを断れない気持ちもわかるんです

だけど、親としてはわかってもらわないといけないと思うんです。
そんな思いがあって嬉しそうに「化石」について話したい右京に
笑顔で接してあげられませんでした。
どちらかというと、きっと昨日一日怒った顔をしてたんじゃないかしら・・・。

夜、パパさんが帰ってきて、二人で「化石」について楽しそうに
話しているのを聞いて泣きたくなりました。
できることなら私も仲間に入りたい
でも、それがどこからきたものか?知っている私は話にははいれません。

二人で話している中、ありとあらゆる嘘を並べだす右京。
顔は私が疑ってることはわかってる顔つきです。
「どこにあった?」と聞かれて、「自分でとってきた!」って答えた右京に
「いつ行ったんや?それは海岸の崖にしかないぞ?」って
しゃべればしゃべるほど嘘がばれます。

そのうち、「化石」を全部持って部屋に消えていきました。

嘘はつかせたくありません。
そしてそれが平気になっても困ります。
自分の周りの人が心配することをわかってほしいんです。
自分が楽しいことより大事なこと。
お友達とお友達でいられる為に大事なことに
気づいてくれるのはいつのことなんでしょうか?

何かいい言葉はないでしょうか?
親としてどう説明したらいいんでしょうか?
どういえば右京の心に届くんでしょうか?

学校まで迎えに行くことは簡単です。
でも、それでは解決しませんよね・・・。

あ~頭いたい!
初めてのボーリング大会
DVC00193.jpg


日曜日は子供会の送別会でボーリング大会がありました。
右京君にとってはというか我が家の子供達には初めてのボーリングでした。

パパとちびはお留守番ですが
いっせいと私は一緒に参加しました。
私は15年ぶり位でしょうか?

画像の右京君。けっこう様になってます。
とても初めてとは思えないフォームで投げてます。
実はこの日の為に家で何度もシュミレーションを繰り返してました
かっこつけし~の彼はかっこ悪いのが許せないんです。
<かっこいいというのは彼の中の美学なので、他の人がみてかっこいいとは限りません>

各学年別に分かれて、親は親で別のレーンで参加です。
すごかったですよ~。
1年生は誰かが投げるたびに全員で周りを囲むんです。
その中を
「どいて~投げれんや~ん
1本でも倒れると拍手喝采
時間がかかることかかること。
他のレーンに遅れること3ゲームくらい
当然、1年生の親達も子供達が気になってそっちにいくので
遅れます

ほんとは6年生の送別会なんだけど・・・。
1年生は大騒ぎ

さて、さてその間いっせいは何をしているかというと・・・。

DVC00190.jpg


「僕はしない!ぜったいしない!」と会場につくと参加を断固拒否して
私にべったり!
で、しばらくして見つけた楽しみがこの画像・・・。
出てくるボールを必死で磨いてるんです。
なぜかこの作業!幼稚園、保育園チームに大人気で
交代でやってました。
必死で磨いて「ありがとう」って言われるのが嬉しいらいしいです。

が、が正直とってもまどろっこしい?んです。
ちょっとめいわく?
ですが、皆さん、待っててくれました。
そして毎回毎回、「ありがとうね」って言ってくれました。

成績は・・・
右京君は2ゲームで96・・だったかな?
私は子供と大人とあわせて2ゲームでスコア212で5位でした。
15年ぶりにしたにしては、結構頑張ったんじゃないですか~
右京にだけは負けなければいいと思ってたので、嬉しかったです。

右京は悔しがってました。
しばらく、「え~なんで~?」と言ってました。
「お母さんに勝つのは10年早い」と皆から言われて
地団駄ふんでました。
それに、一番悔しかったのは
同じ1年生でやってた女の子に負けたこと
「絶対、初めてじゃないっちゃんね~。今まで何度もしたこと
あるはずなんよ~

こいつは本当に往生際が悪いです
「負けは負けなんやけんしょうがないじゃない」っていうと
「負け方がもんだいなんよ!フェアじゃないもん
「フェア?ファアってあんた・・・。意味わかっていってんの?」
「え!使い方間違った?」
「ん~ん。合ってるけど・・。ちょっと違う・・かな?」
「あ~どうでもいい!来週またくる!」

って叫んでどっか行っちゃいました
また、右京の負けず嫌いに火がついたみたいです。

確かに負けるのは私も嫌いだけど・・・
あなたほどではありません・・・。と思いながら
旦那が一緒じゃなくて良かったと違う安堵感に浸ってしまった母でした。

そして、何よりボーリングなんて出来るようになったんだな~って
ボールを投げる姿をみながらしみじみしてしまいました。

知らないうちに色んなことができるようになるもんですね子供って







鬼のかくらん!
ひっどい風邪でした・・・。
毎年、一回はこんなひっどい風邪をひきます。
先週の日曜日に悪寒と全身の痛みに襲われながら
いつものように洗濯物に費やしていました。
「あ~休みたい!横になりたい!」と心の中で
呟きながら、機会があれば座ろうと思い
やっと座れたのは夕食のときでした。

これは絶対にヤバイ!と思い
「今日はお風呂はいいです!おかあさんは入りません。」
といって夜のお風呂タイムをパパさんに頼みました。
日曜日っていううのは子供だけではなくて
もう一人いるんです・・・。
これが大変なんですね!実は・・・。
大きいし、、文句もいえないし・・・。
かといって子供の世話をしてくれるわけでもないし。
私が色々やってるのを眺めながら
「休みの日まで大変ね、お母さんは・・・。」って苦笑いしてました。
邪魔!とは決していえないんですよね。

で、夕方、「ご飯は?」
私は立っているのがやっとでした。

「出前とっていい?」
「いい~よ
手はじゃんけんのポーズ。
「最初は」って負けました
私のおごりですね
<これは外食のときの我が家のお約束です。>

人数分のお寿司が1時間後にやってきました。
もう人数分いるんです!
あ~高い
主婦が具合が悪いってお金がかかるんですね。

次の日、仕事には行きましたが
お昼を済ませて、しばらくしたら、も~限界です。
「すみません。帰ります。」

病院によって熱を測ると<38度7分>
いや~熱がある~

それから、子供達を実母に頼んで眠りについて
やっと布団から起き上がれたのは水曜日の夜でした。
しかも、翌日、木曜日は右京の参観日・・・。

「右京!明日知ってる?」
「そうそう、良かった お母さん治ったんやろ~
明日参観日これるよね~。来てよ

「えっと、はい、行きます
ほんとは明日、行けなくていいかな?って聞こうと思ってたんだけど・・・。

頑張りました。マスクしてのど飴たくさん持って
暖かいお茶持って・・・。

他のお母様方に遠慮しながら、今年最後の参観日。
一年間のことを思い出して、身体がきついのもあって
泣きそうでした。
当の右京はやっぱり忘れ物して参観日なのに隣の子に
えんぴつ借りてました。

毎回、学校からの帰り道手を繋いで帰るんだけど
その時、右京が

「お母さん、風邪治ってよかったね
 お母さんが寝とったら僕達、大変っちゃんね
そういうのってさ~。<鬼のかくらん>っていうっちゃろ~
ってとっても可愛い顔で言ってました。

ん~・・・。とっても違うと思うけど
きっと違うと思うけど
あんまり自信満々で言ったので

「そうかもね・・。そうとも言うかもしれない・・・。」
「でも、それって言われたほうはあまりいい気はしないから
気をつけてね・・・。」

「え!そうなの?」
暫く考えてから
「ま!治ってよかったってことで

そ、そうだね。
まだ、まだなんだけど。
本当はまだ寝たいんだよ~。

咳はまだまだ止まりませんが
随分、元気になりました。

ということでというわけではありませんが
おとといの日曜日、身体を温めないかん!ということで

DVC00185.jpg


「にごり酒」です。
世間は「おひなまつり」ですね。
我が家にはお雛様はありませんが
大人のお祝いといったところでしょうか

来年は元気におひなまつりができますように・・・。
プロフィール

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。