スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冷蔵庫のお客様
DVC00070.jpg

<ぽにょ>じゃありません
そんな可愛い代物ではありません。
だって頭だけが冷蔵庫に入っているから~。

27日(日) 旦那様は釣り仲間に誘われて釣りに出かけました。
旦那曰く、
「右京がどうしても白身の魚が食べたいっていいよ~けん
行ってくるわ
何故か女言葉です・・・。
前の日にam2:00に出かけて、海をam11:00位にはあがるから
帰りは早いと思うよ言ってたけど、釣り大好き野郎達です。
そんなに早いわけがない

子供達は夏休み、だけど私も仕事をしてるからどうしても
お出かけは土曜か日曜日、その日のプールの約束も果たしてあげられなくなって
私の実家で幼児プールで我慢してもらうことになりました。

ごめんねと思ってましたが心配ありませんでした。
大好きなおじいちゃん!おばあちゃんが一緒ですから
子供達は大喜びで、サルをプールに放したようにキャっキャっと
それはそれは大騒ぎで楽しんでくれました。

DVC00033.jpg

それで、最初の画像のお頭の下?身?お刺身です。
名前は「かんぱち君」
子供達は「かんぱち君」っと名前を呼びながら、嬉しそうに
お刺身をたべてました。
それはちょっと食欲がなくなるので止めて

でも、食べる私。
お友達はもちろん

DVC00025.jpg

「大吟醸 匠」です

キンキンに冷やして(いいかどうかはわかりませんが・・・)
戴きました。

お刺身は半分がシャブシャブになりました。

これだけ美味しくなかったら、釣りは許せない!と思うんだけど
子供達のあの美味しそうな笑顔と食欲をみると
<しょうがないな~>って思うんだよね。

で、前にカワハギの肝醤油が大好きって言ったら
<カワハギ=お母さんのもの>ってなっちゃって
必ずカワハギだけは私に回ってくる。
だけど・・・。だけど・・・。
他のお魚も大好きなんですよ
おかあさんは
だから、鯛もチヌも食べたいの

子供達との約束をぶっちぎってもつりに行ってしまう旦那に
私も子供たちも既にあきらめてはいますが・・・。
こんなに美味しくなければ、許せません。

そして、一週間分くらいの魚達がムニエル用や
てんぷら用になって冷蔵庫で待ってくれてます。
さて、今日は何しましょう~か?



スポンサーサイト
あ~夏休み!
DVC00256.jpg

夏休みが始まりました
今年はちょっと長めの44日間だそうです・・。

我が家の夏休みは終業式当日の
右京君の誕生日からです。

めでたく8歳になりました。

2700gの兄弟のなかでは一番小さく生まれたことに
なりましたが、とっても手のかからない(考えると)自立した子でした。
赤ちゃんの頃は2時間~4時間しっかり寝てくれて
夜泣きもせず、好き嫌いもなく、オムツはずれも一度の失敗もなく
おねしょもすることなくて
大きくなったほうが大変になったような・・・
気づいた頃にはもうお兄ちゃんで
「好きでお兄ちゃんになったんじゃない
最初っからいっせいがおったもん」が
最初の右京の反抗だったな~。

今では我が家の発明家です。
(やっぱり発明家はマイペースで変わり者なんですね・・・)

ただお願いがあるの
 ★家のあちこちの壁にドリルでねじをうちこむのはやめてね。
 ★虫?昆虫を取ってきて家の中で放して飼おうとするのは勘弁して。
 ★金魚に日光浴はいらないと思うの。
 ★出かける時は一緒に出かけて一緒に帰ってこようよ。
  <お母さんは放ったらかしで帰れるけど周りの人は心配するのよ。)

まだまだあるけど、今日はこのくらいで・・・。
これは誕生日にケーキでお祝いした後、二人でお風呂に入って
右京に話した内容です。
ニコニコして聴いてましたが、どこまで心に残ったものやら
でもでも母は期待してます。

DVC00278.jpg

一成の法被姿

次は20日(日)に行われた子供みこしです。
去年は右京だけでしたが今年は一成も参加しました
幼児でも参加OKだったんだけど、ものすっごく嫌がって
出ませんでした。
それを考えると、驚くべき成長です

お揃いのオレンジ色の法被に豆絞りのハチマキです。
いや~ん、右京君たら中々のイケメンぶり
一成は・・・。お友達のママ曰く「おすし屋さんの板さんみたい
褒められたんでしょうか?いいほうにとりましょう!

5・6年生がおみこしをかついで校区内を半周します。
ところどころで父兄の方だったりお店の方たちがバケツやホースで
力(清い水)をかけようと待ち構えていて、子供達とともに一緒に練り歩く
親までも上手く逃げないとびしょびしょになります。
面白いんだけど・・・。
その日の気温は34度でありがたいお水でした。
熱中症にもならずに無事終えました。

町内の皆様、お世話になりました。

さてさて、とうとう始まった夏休みなにが待っているのでしょうか?
楽しみのような怖いような・・・。





今年の山笠は・・・。
法被姿の男衆今から流れ舁きに向かいます。           DVC00143.jpg

今年も山笠はずっと暑い中でした。
梅雨のさなかに始まり、山笠がすむと私の住む町は
真夏を迎えます。

この時期だけはここらのおじ様お兄様たちがとっても
凛々しく見えたりしてです。
(失礼しました。)
しかし、この時期の参加地域の男衆は仕事(商売)はそっちのけで
山笠に没頭するらしく、やっぱりどこの商店もお店に出ているのは
<ごりょんさん>と呼ばれる奥様達ばかり・・・。
うちの旦那様、時々真剣に「いいな~」と呟く時があります。

毎年、山笠の期間は博多の町のあちこちに
飾り山が飾られています。
それを子供達を連れて見学にいきますが
年々ちょっとだけ子供たちも大きくなって
連れて行くのも楽になってきました。
しかし、そこはそこで金魚すくいやくじ引きの屋台をみると
行く前に話した約束や心構えは明後日の方向に飛んでって
耳はお休み状態で私の言うことなんか聞くわけもなく・・・。
そんなこと最初からわかってはいるんですが
一番怖いのは迷子はぐれてしまうこと。
だから、3人の腕に書きました。黒のマジックで
名前と母(私)の携帯番号!
「いい?はぐれてどうしようもなくなったらお店に入って
ここに電話してくださいっていうのよ。泣いてたら
わからないし、お店の人が困るから頑張って言ってね?」
「いい?ちびはとにかくお母さんを呼んでね。大きな声で読んでね
それでも、お母さんが見つからなかったら泣きなさい!大声で泣いていいからね。
でも、自分で言えるんだったら、おててを見せてみて?」

ゲームのように思ったのか2人は目をキラキラさせて
「はい」って声を揃えて返事してくれました。

問題は右京兄ちゃんです。
そんなことかっこ悪くてできな~いといいたげな顔つき。
隙あらば、描かれた腕のマジックを消したいみたい

そこで、「右京君・・・。今日はくじしたりするお金があまりないので
一人一人に渡せません、だからお母さんから離れると
買いたいものができた時にお金がないです。
わかるよね?よろしく・・・。」

「え~ ん~ わかった
というような会話をして、飾り山見学と櫛田神社へのお参りをすませて
今年の山笠見学を終わりました。
約束が面白かったのか、何も買えないことが気合をいれたのか
はぐれることなく私が怒ることも無く無事見学を終えました。

で、飾り山がある上川端商店街ですが
そこの名物に「川端ぜんざい」というのがあります。
<熱いぜんざい>です。気温は34℃
正直、私はいくらなんでも今日は食べないだろ~っと思ってたら
右京が
「あ~お母さん忘れとった~
ここにきたら、ぜんざいでしょ~

いえいえ忘れてくれてて結構ですが・・・。

「やっぱり食べるんですね?でも熱いんだよ・・。すっごい熱いんだよ」
「そう!食べるの。いっせいも食べたいよね?」

こんな時だけ仲良しでいらんタッグを組むんです

「僕も~」とちびがいらん参戦してきてしまって
結局、3っつ頼みました。
で、全員完食でした。
口直しの沢庵までおかわりして・・・。
私の口にはやっぱり入らなかったです。

いいけどね・・・。みんな大きくなって飾り山を鑑賞しながら名物のぜんざいを
食べるなんて、とっても粋なやり方ね。
渋いわ!とっても素敵よ・・・。
でも、お母さんもぜんざい大好きなの

お祭り好きな私の子達。
しっかり血は流れているようです。

お出かけは大変だけど
あ~楽しかった また行こうね。

夏はお祭りが多くて母は嬉しいです。


鬼太郎ときつねうどん
先週の土曜日のこと
テレビで「ゲゲゲの鬼太郎」が放映されてましたね。
ご覧になりましたか?

我が家の子供達、はまりにはまってしまったようです。
あれから今日まで毎日2回ずつは観てます。
その中でもご執心なのはちびちゃん
何が好きかというと
西田敏行さんの顔だけという・・・「炎かしゃ?」でしたっけ?

こわいよ~顔だけなんて~っと思うのは私だけのようで
出てくるシーンをひたすら待っております。
夢にもでてくるらしく、「早くあちちして走ってよ~」なんて寝言で
叫んでおりました。

右京はやぱっり鬼太郎なんだけど
ウエンツ君がしてるのが納得いかなかったようです
現実のものではなく、いないとわかっていても
妖怪の存在は我が家では市民権を得ています。
アメリカ人がいて日本人がいて中国人がいて妖怪もいるみたいな・・・。

よけい怖い気がするんだけど・・・。

で、右京が一番、興味を示したのは
最後の方で「天狐」(役は小雪さん)が鬼太郎に(お話はかなり省略です)
交換条件に神社?に<油揚げ>を供えてほしいとお願いするところ。
あんなに苦労して手に入れた妖怪石の交換条件が<油揚げ>なんて
相当、ショックだったようです

「だから、油揚げがのってるおうどんはきつねうどんっていうのよ!」って
言ったら、

え~ うそ~

「お母さん<油揚げって!油揚げが・・・。ってどうしよ~僕~!」
と暫く笑ってました。

子供達にとって何が受けるかわかりません。
そんなことがおもしろいんだね。
と、驚いたり感心したり。

数日経つと今度はいっせいの中で面白い話の展開が起こってました。
<油揚げは食べると狐になる!>って・・・。

「ならんならん」と言ってみましたが
「かもね~」とも言っときました。
我が家の食卓からおいなりさんと散らし寿司が消えそうです



ドッチボール大会!
日曜日炎天下の中、ドッチボール大会がありました
とにかく、暑い!何してても暑い!
暑いしか言葉がでないほど暑い!

しかも、試合は午後1時開幕・・。
おかしいと思いませんか?
小学1年生から3年生が出場する大会が午後からなんて
午前中は高学年男子のソフトボール大会なんです。
なんか変?と思うのは私だけなのかな~?

あ、そうそう残念ながら運動会と同じように一成君は高熱で不参加となり
お家でちびとパパとお留守番
「出たい~!行きたい~!」と泣き喚き、私にキック、パンチの嵐をかぶせ
それでも置いてけぼりになり、玄関を蹴りまくるのを見てみぬ振りしながらの
お出かけとなってました。

で、試合開始。
チームは子供会単位でうちは2チーム出場です。
右京は白(B)チームでキャプテン?です。

ちなみに右京さん、ボールとれません。
上手に投げれません。
何故なんだ?と思いながら不安いっぱいの試合開始でした。

それがそれが・・・。
上手いんです。恐ろしく上手いんです。
<逃げるのが>全然、当たらないんです。

かわすのが無茶苦茶上手いんです。
横に下に上にジャンプ!
一番上手いのは下にしゃがんでボールをかわすこと
その分、膝は土だらけで何度も何度も打ってましたけど

あんまり、当たらないから、相手の子がムキになってきて
絶対、当ててやるって狙われだしたんだけど
今度は親がムキになってきて
「当たらん子を狙ってもだめなんやけん、時間の無駄よ!
こっちの子を狙いなさ~い

<いやいや、お母さんそれはちょっとひどいんじゃないですか~?>

と心で思いながら、母としてはこれで少し休めると思いほっとしましたが
これがまた、今度は当たる当たる、びっくりするほど当たるんです。

でも、よく考えたら他は1年生ばかりで初めての試合で大人数の中で
緊張しまくりの全然ドッチボールがわかってない子ばかり
無理ないんです。
腕にボールがかすっただけで「びえ~」って泣いちゃうし
可愛そうでした。でも、試合は試合ですから・・・。

そして3試合目ぐらいから右京にも疲れが見えてきました。

で、周りのお母さんや監督さんからだいじょ~ぶ?
止めようか?とたくさん心配してもらいましたが
右京は何かの途中で泣き出したり、止めたりするが大嫌いなんです。
<だいじょ~ぶです!やらせてあげてください。出来ない時は自分からやめますから>
って何度も話して、試合を続けてもらいました。

たぶん、周りはすごい状態にみえたのかもしれませんが
「取れなければ逃げろ!手をだすな!」という監督の言葉を忠実に
守ってるだけ・・・だけ・・・。なんだと思います。

終わったあとの右京の言葉
「あんなに言われてたのに10回くらい当たってた子がいたよね
勝てるわけないじゃん
<ちょっと違うと思いますけど、右京さん・・。当てないと点にならないのよ!>

3試合しましたが、全部?コールド負けでした。

きっと、興奮してたのは子供達より私達親のほうだったと
思います。
2試合目が終わったあと、私、右京に怒られました
「お母さん、うるさい!あんなに試合中に叫んだら気になって
できん!前も言ったやん」って・・・。

「え!そうだった?前も言われた?ごめんなさい!気をつけます。」

私はこういうところがあるんですね・・・。
でも、でもね応援したいのよ~
で、本音をいえば変ってあげたいくらいなの~。

とっても冷静な右京だったんだけど
さすがに3試合目に負けた時は相当悔しがってました。
暫く人が近づけないくらい・・・。
二人で顔を洗いに行って20分くらいたってからでしょうか?

「お母さん・・・。来年はいっせいもおるよね!
来年は勝ちたいな~!」って
お母さん。泣いちゃいました

あんなに何でも投げやりな子がちょっとだけでも本気になってくれたこと。
いっせいを気にしてくれたこと。

来年はがんばろ~ね。
お母さん、おとなしく見てますから・・・。
たぶん、無理だと思うけど・・・。

プロフィール

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。