スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お世話になりました。
今日で私のお仕事もおしまいです。

本当に色んなことがあった一年でした。
思い返すと・・・。

読み逃げしてくれる皆様
いつもコメントをいただける皆様
本当にお世話になりました。

心から感謝申し上げます。

来年もいろんな事が私を待ち受けていることだと
思います。
今年よりもより一層、精進し頑張りたいと思います。

ありがとうございました。

今日でブログの更新も年明けまでお休みです。

皆様、よいお年をお迎え下さいませ。
スポンサーサイト
クリスマスの朝だけは!
DVC00088.jpg

メリークリスマス
我が家は決してクリスチャンではありませんが
この日だけはそのつもり・・・。
何故かキリストの話が出たりします。
それに最近、世界遺産や発掘に興味がある右京君にとっては
目がキラキラするお話が出てくるわけです。

しかし、他の子達は眠くなるだけの話なのでそうそうに切り上げて
おしまい。

クリスマスイブ食卓にあったものは・・・。
<お恥ずかしい話ですが
ポケモンのピザセットにポケモンのデコレーションケーキ

私としては一番避けたかった展開でしたが
祈るように子供らにお願いされたので
今日だけは特別です

でも、このケーキをめぐってまたまたケンカが勃発
しかも、ちびといっせいで・・・。
まず、チョコレートで書かれたプレートをどちらが食べるか?
その次は上に乗ってる玩具は誰のものか?

「どっちでもいいや~ん。早く切って食べようよ!」と右京。
でも、いつまでも・・・。いつまでも・・・。終わらなくて案の定、一成が
テーブルを蹴り出したので、ケーキはひとまず撤収
泣こうが叫ぼうが、申し訳ないけどそれが母のやり方

で、ケーキはどうなったかというと・・・。
私が一人でワインのつまみにいただきました。
<イチゴ一個ずつはのけてましたよ

さて、さて次の日
DVC00091.jpg

画像の時間はam5:30 あ~眠い

えんとつのない我が家はサンタさんが玄関にプレゼントを置いて行ってくれます。
毎年プレゼントをセッティングするのはパパサンタの役目ですが
今年はいないので、ママサンタの登場です

何故こんなに早いかというと
既に右京とちびが寝たり起きたりを繰り返しているから
早めに用意です


DVC00089.jpg

AM6:00 「も~来たかな?見てきていい~?」と右京がベッドを
飛び出しました。
結局、お兄ちゃんが一番楽しみにしてるんです。

このあと、ちびが続き、「僕がさいご~」と言いながら
おきてきたのが一成君。

しかし、喜んでいるのは右京とちびだけ・・・。
一成の様子がおかしい・・・。

「頼んだのとちが~う!
って叫びだした。

あ~またかいな~
よりによって我慢ができない一成の分なんて~

パパサンタ!頑張ったのに・・・。
やっぱり、今年もかいな~。

うな垂れるママサンタでした。

クリスマスプレゼントって大人の都合か?
子供の希望か?
みなさんどちらをとりますか?




忘年会!
12月20日(土)

ちびが通っている保育園のクラスのクリスマス会&忘年会がありました。
言いだしっぺは私・・・。というかこの学年?のイベントはいつも私が言い出す。
ん~ちょっと違うかな?

どちらかというと、保育園のお母さん達はいつも送り迎えはもバタバタと急いでる。
で、保育園で会うお母さん達は大体一緒で極端な話、卒園まで話さないという
お母さんもいたりします。
長男坊の時がそうでした。
今、思い返しても同級生に誰がいたかなんて2、3人しか思いださない。
私が慣れてないことが一番の原因だったかもしれないけど・・・。
いっせいの時には随分、慣れて卒園しても連絡を取らせてもらって悩みをぶちまけたりする
お母さんもいたりします。

上の二人は3歳児4歳児からの入園だったけど
ちびの場合は生後7ヶ月から行ってる。そしてちびの学年はその頃からの同級生が
多くて毎年1、2人くらいしか増えない・・。
だから、お母さん同士既に4年ぐらいのお付き合いになります。
私は既に2人を同年齢を通過させているのでありがたいことに、次はこうなるということが
大体判ってきたりしてるけど一人目のお母さん達にとっては大変な出来事が続くわけで
会うごとに、「こうなんだけどどうなの?」なんて質問をされたりする。
子供も小さいとお母さんの経験も少ない。こんな事聞いていいのかわからない!
それに誰に聞いていいのかわからない!みんな忙しいそうだし・・・。ってな具合
その度に<あ~そうだったな~。こんな事が不安だったりしたな~>って思い出すわけです。
それに、上の二人の経験からして(小学生になってなお更実感しましたが)お母さん同士が
話が出来るのがとても訳がわかってない子供達に団体生活をさせていく中で大事なことだって
ことがわかったわけで・・・。

だからって訳じゃないけど、お母さん達が会って話が出来ればな?なんて
思ってたわけです。でもなんせ皆お母さん、子供を置いて行くには通過しなければいけない
関門が山のようにあって、出かける理由?きっかけを探すんですね、それが忘年会
今回嬉しい事にそう思ってるのが私だけじゃなくて大勢いたことが判って実現できました。

わが子がどんな子供達に囲まれてるのか?
よく名前が出てくるあの子はどんな子なのか?
で、その子の親はどんな人なのか?
知りたいことはた~くさんあります。

「ね~忘年会しない~? しようよ~」の私の一言から
「ちびちゃんのママからこんなお話がありました。ご都合いかがでしょう?」の
メールが即効で流れみるみるうちに決定しました。

仕事をしているお母さん達ばかりだからか仕事が速いというか
決断が早いというか日にちが決まる頃には私の手から離れていて
無責任ですがとっても楽でした。
私は正直言って、提案はするんだけど具体的に実現させていくのが
と~っても苦手です。
声は掛けるけどその後が苦手なんです。
だけど、この学年のお母さん達はとってもノリがよくて、後は任せてというお母さんが多くて
助かります。(嬉しいです。)

当日、言いだしっぺなのに兄弟げんかのせいで大幅に遅れていった
我が家・・・。
会場に着いた時、すごい事になってました。
確かに4歳児が17名ぐらいいれば、そこはもう保育園状態
いつもは連れてきてもらえない場所に来てるのもあって
テンション上がりまくりの4歳児

あまりの光景に大笑いしてしまった私。
「なに笑ってんのよ~ やっと来た~」って幹事のお母さん。
「ごめんね~。すごいね~。」
「そうなの!私もこんな事になるなんて思ってなくて~
「なる!なる!後で一緒にお店の人にお詫びに行きましょう!」
「そうよね~
「来年はもう少し静かだから 楽しみだね~」
「え~何よそれ~
ってな具合でした。

みんな思い思いに話を始めてて、その様子はちょっと説明しづらいくらいに
面白かった。

この会が来年に向けて少しでもお母さん達にとって励みになればと思います。

本音をいうとまだ上の二人を保育園に入れてなくて
毎日、泣くような子育てをしていた頃、ただただ孤独で誰かに話したくて
聞いてほしくて寂しかったのを覚えているから
他に私みたいな人がいないか、すごく気になるということかな~?

とっても生意気かもしれないけど、私一人では出来ないけど
せっかく、何かの縁で同じ保育園に通ってるんだもの何かあればと
思います。

それにしても、いい加減な私の提案に快くのってくれて短期期間に
実行してくれたお母様方 感謝です

これからもよろしく
ちび達、来年はちょっとだけお手柔らかに



ケンカを止めたら・・・。
11月からいっせいは公民館のミニバスケットクラブに通っています。

小学校入学を機にサッカーを辞めて以来、ずっと次は何をやろうか
思案していた彼は9月頃からバスケットに興味をもっていました。

でも、毎日毎日、したいことが変わるので私もパパもOKを出さなかったんです。
それが右京の時と同様、ストーカーのようにパパさんが帰ってくるたびに
説得し入部を許可されました。

といっても、入部は本当は4年生からで1年生は難しいと言われてたんです。
先に上の子が入部していたりすると可能なのですが・・・。

難しいかな?と思ってましたが
お話を聞きにいくと
「大丈夫だよ!あれだけ動ければ それに人数が足りないから
今ならもれなく正選手になれるよ」ということでした。

なんじゃ~そら~

ということで晴れてバスケ部員となりました。

それから、毎日のように練習日を楽しみにしてその日には飛んでいきます。
また、その子供達はとってもよく面倒をみてくれて教えてくれるので
熱があっても行きたがるんですよね。

「熱があるから今日はむりなんじゃない?」(母はわざと言ってます

「そうやん、バスケに行かないかんけん、学校は用心して休む

といった調子です。

で、昨日の練習にいっせいがびびりまくることが起きました。

日頃、皆とっても仲良く練習しているメンバーですが
1年生部員がボールを体育館の壁の出っ張りにボールをあてて遊んでいました。
(練習中にです。)
で、降りてこなくなったボールを取りに4年生が壁を登りました。
それをみた6年生がその子にボールをぶつけて注意したんです。
悪いことをして壁に上ったんじゃないのにぶつけられた
怒った4年生は怒ってボールを投げ返した。
それが取っ組み合いのケンカになったんです。

そのケンカがすごいこと
我が家の兄二人のケンカで慣れているはずの私がびびってしまいました。

よりによって、その場にいる大人は私一人・・。
泣き出してわけ判らなくなってる4年生を身体を使って止めて
髪の毛を握りしめて離さない手を振りほどき
なだめてなだめてそれでも新参者の母親の話なんか聞くわけもなく
なんて力のない私・・・。と落ち込んでいる間もなくまた鉄拳が飛んでくる

それを自分の子供を止めるように素手で止めようとした私の手に
激痛が走りました

右の親指と人差し指の間にgooがきれいにきまり
みるみるうちに腫れあがり・・・。肩まで痺れてる

半日?経った現在、青くなって痛い

あ~びっくり・・・。
一成はというと目がうるうるになってる(君が泣くことないじゃんか~

いつも仲良し優しいお兄ちゃん達が
あのお兄ちゃん達がって感じでしょうか・・・。

うちもそうですが最後には何が理由かなんかどうでもよくなって
報復につぐ報復ですごいことになるんです。

その後、4年生のお母さんが来て本人を抱きしめて
その場はおさまりました。

本当にびっくりしました。

その後はすぐにいつも通りに仲良く練習を始めた二人。
練習試合が始まると名前を呼び合ってパスしあう。

私にはわからない・・・。
その後の反省もない。そのことについて改めて話すこともない。
子供たちも親も何も言わない。

それでいいのかな?なんて・・・。
「もういいんですか?」ってお母さんに聞いたら
「あれはもういいのよ!お互いカッとなってやっただけだから
びっくりしたろ?でも、あんなのしょっちゅうだから気にしないで!」

え~ 私には気にしないでいられないんですけど~。

私が神経質になりすぎなのかしら?

帰り道、いつもよりちょっとだけ静かでいい子で私の手を離さない
いっせいの手を握り「よしよし」をしてしまいました。

それにしても、これからうちの子たちもあんなケンカをするように
なるのかな?

その事に私も慣れてくるのかな?

なんてことを思いました。
あ~いくら身体があっても足らないわ・・・。
母は老いるばかりなのに

部員ではないので練習中の怪我も保険の出ない母は
お財布も心も痛いです。


小銭とお札
昨日、いつもにもました大ケンカをしていた兄二人。

理由は所持金について・・・。

以前にも書いたことがあったでしょうか
長男坊は右京は「銭太郎」でお金が大好き
私が小銭を床に落としたりして「チャリン」と音がすると
どこにいてもやってくる。
近くいると「何?今の音?」と振り返る

で、何をケンカしてるかといえば

一成君は先月のお誕生日におじいちゃんから
プレゼントを買いにいけないからと1,000円もらいました。
それをそれはそれは大事に机の抽斗にしまってました。

我が家では自分の洗濯物をたたむこととお風呂の掃除をセットで
やると50円もらえます。

右京はそのお手伝いで貯めた小銭をジャラジャラともってました。
その小銭をお札に替えたい右京は一成にもちかけました。

「この小銭と1,000円と替えてよ。」
「いや おじいちゃんにもらったっちゃもん
「いいやん、こっちのほうが使いやすいよ。ほら」

と目の前でお金を数えてみせてました。

「そうか~いいよ」といっせい。

最近、お金がわかってきた一成はちょっとだけ自分で理解できた気になって
替えてしまいました。
右京はというと口がうまいのと数字に強いことをいいことに
いつも一成を言いくるめて色んなものを手に入れます。

そしてお互いパパさんに買ってもらったお揃いで色違いのお財布に
しまいました。

それから暫くして、いっせいが泣きながら言ってきました。
「僕のお財布からお兄ちゃんが1,000円盗った

「僕、盗ってないよ~

「え?さっきお兄ちゃんと替えてたじゃない
お財布みせてごらん?」

「いやだ!僕の1,000円札がないもん

「だから、1,000円札はおにいちゃんにあげたでしょ!」

この時、一成のお財布には小銭で1,000円入ってました。
右京のお財布には2,000円が・・。
何故1,000円多いかというと、自分の部屋・机の周りを片付けて
いた間になくしたと思っていた小銭たちが見つかったもので
その小銭を私が1,000円札と両替してました。

それをみた一成は「おじいちゃんからもらった1,000円札がない」ことで
頭が一杯になって、お兄ちゃんが2枚持ってることが不思議で
泣き出したんですね。

説明しても、目の前でもう一度私のお金を使って
再現しても「盗った」の一点張りで怒りのスイッチが入ってしまったんですね。

あ~ しばらく駄目だわ・・・。
ほっとこう・・・。

ずっと私を蹴ったり殴ったりしてる横で
これまたしつこく説明を続ける右京君がいましたが
右京も怒りのスイッチを入れてしまって
大喧嘩となりました。

「だから言ったでしょう!
 二人でお金のやり取りはしないって!
 約束したでしょう!

「コンビニに言って大きなお金にかえてもらったらいいやん!」

「駄目よ。コンビには両替するところじゃなくて買い物するところ
両替は銀行に行くのよ。

「銀行がしてくれると?明日いけばいいやん!」

「駄目よ。銀行は子供がいくところじゃないの。お札にしたかったら
お母さんに言ってよ。両替してあげるから~

それで、一成の小銭と私の1,000円札を交換しました。

ニコニコ顔になったいっせい

こんなことを昨日寝るまで続けていた我が家でした。

で、今朝、いっせいが言ってきました。

「お母さ~ん。この1,000円札さ~ 500円玉1個と100円玉5個と替えて~

「は~なんでよ!昨日あんなにケンカしたのに~。
替えたら、また1,000円札なくなるんだよ?」

「いいよ!昨日考えたらさ~○○ちゃんのお母さんが子供が紙のお金をもったら駄目って
いいよったもん だから替えて!」

耳を疑いました・・・。
昨日の騒動はなんだったの?

お!お前はお母さんの言うことよりお友達のお母さんの言うことのほうを
重要視するのか~

と叫んでしまいました。

それを聞いて吉本新喜劇のように崩れ落ちる右京君はナイスなリアクション。

また、その横で「ちがうか!」と突っ込むちび!

あ~疲れる毎日。




突然のお出かけ
12月7日(日)

キャナル

さて、ここはどこでしょう?

昨日、突然パパさんが「出かけようか?」と言い出した。

「へ?なに?突然どこに行くの?」

「いや?いや~たまには行かんといかんかな~と思って・・・。」

「うそ~わ~い!行く~

「じゃあ~行こうか。支度が出来たら言ってくれ。」

と言ってお布団の中へ・・・。

何故布団?

まあ~いいや
急いで支度を開始。

ダッシュで洗濯物を干して、流しに残しておいた洗物を片付けて
言われて30分後・・・。

子供達の着替えも済ませて
「○○さ~ん」パパの名前で部屋に様子伺いなんかしてみたりして

やっぱり寝てる

ここで起こってはいけない。気分よく行きたい。
だって久しぶりのお出かけなんだもの

子供達が起しにいくと
「うるさい!」

「おとうさん、うるさい!って」とちびが笑いながら言ってきた。

私はちょっと笑えない・・・。
それから子供達をなだめて待たせて1時間半が経過

あ~そうそう、この時点で時刻は17:00を回りそう・・・。
右京が帰ってきてない
10月から我が家の門限は17:00

これで、お出かけ気分のはずのパパさんのスイッチが切れたら
他の二人のスイッチが入る・・・。

でも、私は怒ってはいけない・・・。
(時々「忍」とか「耐」とか私のためにあるんじゃないかと思う。)

楽しいはずのお出かけが・・・。

右京が滑り込むように息を切らして帰ってきた。
「大丈夫?」
「本当は駄目だけど、今家の時計が遅れてるからセーフ
「やった~」なんて会話があって。

あ~もう無理かな?なんて思っていた18:30に
「さ~行くぞ」って起きてきた。

「みんな用意はいいか?」

「出来てます

「俺は何着ていくと?服は?」

(一度、思いっきり殴ってもいいでしょうか?)

にこにこ顔で「はい!これ!」ってひと揃え渡す。
それから顔洗って歯を磨いて着替えて・・・。

やっと出発

毎回、胃が痛い・・・。

DVC00080.jpg

で、私にも来ましたクリスマスプレゼントが
買ってもらいました
我慢したかいがありました。

ずっと欲しかったブーツです。なんてことかしら
しかも結婚して初めての高価な?本物の?ブーツです。
(意味わかります?ブランド品というかメーカー品とういうか。)

で、私の好きなお蕎麦を食べて帰りました。

何故か妙に優しいパパさんに感謝しつつ
「何かある」としか思えないのは私の勘ぐりでしょうか?

ふくれっ面の子供達を尻目に
私はニコニコ顔。

ありがとう 
来年もまた頑張ります




プロフィール

右京ママ

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。