スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二人旅~♪
二人旅

春休みに入りました。
いつもなら、学校のお休みは学童に行くのですが
今回は、二人旅からスタートです。

目的地はお父さんの実家です。
前からおばあちゃんに「大きくなったら二人でおいで」と
誘われていて、私がなかなか出す勇気がなかったので
実行されなかったんだけど、今回は思い切りました。
多分、一番緊張していたのは私なんじゃないかしら

あまりにも兄弟げんかが激しいので
出せなかったし、まだ小学生だし・・・。
いろいろ言い訳を自分で作ってました。
けど、いっせいが小学2年生のもなることだしと
言い訳がなくなってきたのと、

旦那が「お母さんがおらんかったらそんなに悪くないぞ」という
言葉から・・・。旅立たせることにしました。

数日前から当然のようにリハーサルが始まります。

まず、バスにのるとき・・・。
私がバスの運転士さん役
だまってリビングのドアを開けます。

「10時48分高速日田・杖立行きです。ご乗車のお客様、お待たせいたしました。」

そして、二人が前にやってきて(何故かちびも並んでました。)
「僕達だけで乗ります。<はき>で降ります。お願いします。」

こういう会話をふざけないで笑顔でいえるまで練習しました。
最初、一成は何故か<はき>を<あき>って言ってしまい、右京と何度も
ケンカになりました。
だから、台詞をちょっと変更しました。

右京「お世話になります。<はき>でおりるのでよろしくお願いします。」
一成「僕達二人です。」<だいじょ~ぶ言えるよ お母さん
二人で喜んでました。

その練習から一連の流れをノートに書き込みながら説明します。
行きの切符はどうしたらいいのか
帰りの切符はどうやって買うのか
お父さんとお母さんの連絡先やらなんやかやと。

悩んだのはお金をどのくらいもたせればいいのか?
帰りの切符代と少しの小銭?
バス亭にはおばあちゃんが待っててくれるので、帰りまでお金は要らない筈。
でも、何かあったら・・・
ん~・・・。結局、今回は帰りのバス代と1,000円分の100円玉10個。

お金の使い方ももちろんノートに書きました。
「なんか困ったら、ノートを見てね。どっかに書いてるから

「どっかに?おかあさ~ん、どっかにって急ぎよったらわからんやん

「だいじょ~ぶよ、右京の頭の中にはちゃんと入ってるから」

「へっへっへ~ 僕はいいけど、いっせいがさ~」

この二人、お互いの話をちゃんと聞くことをすれば、絶対ケンカになんか
ならないはずなのに、特に一成は右京をライバル視しているので
大変なんですね。
でも、今回は二人で頑張ってもらわないといけません。

出発当日、右京は朝からご飯も食べてくれないし、私からなかなか離れない。
一成はテンション上がりまくり、早起きして身支度を整えて
「まだ~まだ~行かんと~何時から行くと~どっから乗ると~」と

うるさ~い!!

「何時に行くかどっから乗るか昨日練習したやない!
覚えとらんと?」
右京がキレかかってました。
なんかその様子が心配なんだけど、可笑しくて可笑しくて
右京は大変だろ~な・・・。

画像は出発のバス停でのひと時、二人でコンビニで買ったプラモデルを作って
遊んでいます。
実はこの時、渡したはずの切符を一成はもう無くしてたんです
その前に行ったトイレで落としてその後ろを歩いてたおば様が探して
届けてくれました。
そのことを右京に怒られたいっせいは
「にいちゃ~ん、これ持っとって~」って渡してた。
「わかった、ここに入れとくけん一成もおぼえとけよ」

バスが来ていよいよ出発です。
右京はしっかり私とハグしてバスへ乗り込んでいきました。
もちろん、ちゃんと運転士さんに言ってました。
私からももちろんご挨拶。
一成は・・・。
やっぱり、昨日のことも、今日のことも覚えちゃいません
だ~っとバスに乗り込んで行って、一度最後尾を見てから
前から3番目の座席に座ると
「お母さん、僕ここでいい~

「いい~じゃない、いっせいちゃんと挨拶しろ」っと右京が叫びました。
「え~右京がしたけん、いいやん」と一成が言い返す。

ここで怒っちゃいけません。
握り拳をプルプルさせながら、
「右京、頼んだよ。お婆ちゃんによろしくね。」
右京の顔から笑顔が消えてました。
どっちかっていうと青い・・・。

<頼むから・・・。吐くなよ~>と願いつつ。

最後に「二人ともどこで降りるの?」

二人声を合わせて「はき」サイン

運転士さんから爆笑をいただき。
出発していきました。走っていくバスから手を振る二人の顔は
笑顔でした。

明日、帰ってきます。
お土産話が楽しみ・・でもちょっと怖いかな。




スポンサーサイト
ミニバスケットの送別会
3月・・・。年度末・・・。
毎年とっても忙しいですね。

今年は小学生が2人に保育園児が一人。
各々のクラスで行事があります。

その中で一成のお付き合いは特に行事が多いんです。

先日は11月から始めたミニバスケットの送別会がありました。
一成は1年生なのでまだまだ、ゲームができるほどの実力は
ありませんが、体力と身体能力は4年生にだって負けてません

<え?親ばか?それが何か

ボールを持ったら3歩以上は当然歩くし・・・。
ゴールポストには投げたボールがまだ届かないし・・・。
それ以前にシューズの紐は結べないし・・・。
できないづくしのクラブ活動です。

でも、ゲームの間中、走ってられます。
ポジションもいいとこにスタンバってるし・・・。
中々なんですよ

全然、役には立ってませんが
むしろ邪魔?・・・。

最初の試合で監督が
「いっせ~い!ちが~う
「そっちは相手のゴールやろが~」
「いっせ~い、周りを見ろ~」
などなど、一日が終わる頃には
「今日一日で名前を覚えました」とコメントをいただいたくらい

ミニバスケットはリーグ戦登録するには10人部員がいるのに
全部で9人しかいなくて、そのうち6年生が1人で卒業・・。
2人が1年生。
当然、弱小チームです

だけど、とっても仲良しでいろいろお世話もしてくれて
一成は熱心に通っています。

そんな中、初めての送別会でした。
ボーリング大会から始まって当然お食事会です。

卒業生に混じって、来年からも頑張ってコメントを監督から
一人ひとりがもらいましたが、一成にいただいた言葉は

「一成は11月から入って、まだまだです。
でも、体力と頑張る気持ちは人一倍です。(このときにっこりVサイン。)
みんな、○○(もう一人の1年生)と一緒に期待してます。
ただ、もう少し日本語がわかるようになってください。楽しみにしてます。」

みんな大爆笑でした。

確かに、母もそう思います。
言われてることや、言いたいことがまだまだしっかりわからなくて
試合中でも練習中でもコートから飛び出して私のところまで
「おか~さん。今のどう~いうこと?」って聞きにくるんです。

「身体がこれだけ動くんだから、頭も動かして下さい」って。

いつもならこんなこと言われて皆から笑われたら
怒り爆発の暴れまくりなんだけど
このときは「はい!頑張ります」って上機嫌でした。

その態度からも気に入っているのがわかります。

来年は新部員が入ればいいんだけど
先輩になれることを楽しみにしているいっせいですが・・・。
部員資格は4年生から・・・。

ま!元気にとにかく頑張りましょうね。





気がつけば・・・桜。
sakura

今年ももうすぐ桜の季節がやってきますね。

まだまだ風は冷たくて、コートが手放せませんが
公園の桜の木にはしっかり春が芽吹いてました。

ちびを保育園に送って行って職場までの通り道にある公園の桜
今年もきっと満開に咲いてくれると思い、これからワクワクしています。

長男を保育園に入れてから、何度この桜を眺めたことでしょう
最初は2人を連れて・・・。
次の年には3人になって・・・。
それから何年かは4人で大騒ぎして
お花見しながら帰りましたね

今年はとうとう、ちびと2人です。

でも、桜は変わらず綺麗に咲いてくれると思います。



ところで
taiyaki

この冬、私の密かな楽しみがこの「たい焼き」でした。

これすっご~く 美味しいんです

しかも焼きたてしか買わないので、いつもホカホカのホクホクの甘々なんです。

買うのは、夕方買い物の帰り道。
スーパーの横にある「たい夢」というたい焼き屋さん。
たった一つだけ買うんです。

だって、一日の私へのご褒美なんだもの~。

子供達にバレないかって?
歩きながら食べてしまうので、バレません

おやつがなんにも無い時は買って帰ることもありますが
たい焼きは夕方のおやつにするには、お腹をいっぱいにして
ご飯が入らなくなってしまうので我が家にはまだ向きません

歩きながら・・・
子供達には「お行儀が悪いから~ぜったい駄目~」って
言ってさせませんが。
そのお行儀の悪いことをするのが楽しくて、食べながら帰るんです。

途中で知っている人に会わないことを願って・・・。

たい焼き・・・。の次は・・・。
暖かくなったら、何にしよう?

あ~楽しみ~。

「思い出のアルバム」の替え歌
最近、ちょっとおも~い話題が多いのですが・・・。


先日の長男坊の参観日で子供達が歌っていた歌を記録かたがた
紹介したいと思います。


「思い出のアルバム」の替え歌

 1 赤ちゃんのとき、思い出してください
   ミルクをのませてくれたでしょ
   泣いてばかりで せわをかけたけど
   産んでくれて ありがとう

 2 ケガやびょうきで 心ぱいをかけたね
   やくそくやぶって ごめんなさい
   物をこわしたり うそをついたとき
   しかってくれて ありがとう

 3 朝早くから ごはんをありがとう
   おそくまで おしごとありがとう
   あかげでこんなに大きくなったよ
   今まで ほんとに ありがとう

 4 べんきょう てつだい しっかりがんばるよ
   やさしい人にも なりますよ
   家ぞくみんなで 元気に明るく
   毎日 えがおで すごそうね

歌詞は子供達がお母さんお父さんあてに手紙を書くときに
出し合った意見をもとに構成されているそうです。
誰にでも、思いあたるものばかりです。

実際子供達に言葉にされると
ぐっときます。

あるお母さんは、この授業の前日に
思いっきり子供さんを怒って叩いてしまったそうで
それも、半分は八つ当たりみたいなところもあって
落ち込んだまま参観日に来たらしいです。
だけど、子供はお母さんの顔をみると
にっこりして、手紙を読んでくれたそうです。

「どんなことをしても、子供は自分を慕ってくれるんだよね。
 そうしてくれている間に私も親にというか大人にならないかんちゃろうね?」

って涙目で話してくれました。


自分と子供との関わりを考えてしまう
親たちにとっても素敵な単元でした。
そして、今、自分が悩みもがいていることを
乗り越えて、ここまでにしてくれた両親に感謝です。
納得いかないけど・・・。
3月5日(木)は今年最後の授業参観でした。

あっというまの1年間でした。
年々、手に負えなくなってくる侍達に戸惑いながらも
楽しませて?もらいました。

最後とあって、先生に挨拶をと思って参観日と懇談会に出席するも
参加しているのはいつものお母様方。
きっと、一回も顔を合わせていないクラスメートの父兄もいたことと思います。
<なんだか違うと思うけど・・・、最初と最後くらいと思うのは
私だけなのかな?>
まあ~色々諸事情があると思いますが・・・。

右京の2年生生活は大変でした
1年生の頃から心配はあったけど、あんなことになるなるなんて。
色々考えさせられました。

あれから、右京は普通に学校に行ってます。
むしろ楽しそうに行ってます。
大嫌いだった、朝の時間もお友達とサッカーをして過ごしているそうで
学校でのことも色々話してくれるようになりました。

この間なんか
「2年生も終わるね~。どうやった?」
「ん~なんも~。先生はよかったよ
「どこが?」
「しつこくないし・・・。勉強しろっていわんし・・・。」

「あんなことがあったけど、もう大丈夫なの?」と私が言うと
暫く私のほうをじ~っと見た後 「そんな事もいわん

右京にとって、触れて欲しくない出来事にはなってしまったようですが
先生の右京に対する態度は適したものだったようです。


懇談会での話し・・・。
懇談会では、もう最後ということでお知らせもなく
歓談となったんですが、その中で皆さん。
ずっと感謝の話ばかりでした。
「本当に1年間楽しく過ごせました。皆、元気で何事もなくて・・・。」
どのお母様も先生も口々に・・・。

その中できっと私だけが納得いかないで、モヤモヤしていたのかもしれません。
だって楽しく過ごせてないんですもの。

あんな事があって、結局はクラスの誰も知らなくて
本音はクラスで話し合って欲しかったんです。
親も一緒に当人同士はもちろん、そんな出来事を周りで見過ごして
どちらかに付くことで出来事をかわしてきたクラスメート達にも考えて
欲しいと思っていました。

でも、本当にデリケートな問題で、話し合うにはまだ幼いのかもしれません。
表沙汰にせずにしたことが、右京にとってはよかったようだし・・・。
私だ決着がついてない気がしてます。

歓談の間も、なんであんなに笑って1年間を振り返れるのか
泣きそうになってました。

結果、右京は元気に学校に行くようになったから解決ということに
なったのかもしれないけど・・・。

絶対、納得できない

右京のために暴れないけど・・・。
だから、どうすれば納得するのかって言われれば難しいんですが。

最後、もちろんお世話になった事と
今の気持ちだけは先生に伝えました。

何事も、「だんだん」「ぼちぼち」「じょじょに」なんでしょうね。
<とっても苦手です・・・。>

「きっと」「ぜったい」、白黒はっきりは我慢しないと
いけないようです。

来年もがんばります。










ガトーショコラと星型グミ
DVC00136.jpg

ずっと前ですが、ガトーショコラを焼き?ました。

バレンタインデーにと思って・・・。
でも・・。なんやかやと・・・。間に合わず、子供達はクッキーを作り
その横で私はあ~!忘れてたといわんばかりに作ったのですが
子供達には

「にが~い」と不評でした・・。

旦那さんはいなかったし、念のため画像だけのプレゼント
だけど、日にちはずれてるし、メールだしで

「これ何?」の返信メールをもらいました。

私にしてみれば、説明書を読み解くことからしないといけない
お菓子なんて・・・。
食べるのは大好きだけど、作るのは勘弁してほしいと
改めて思いました。

ワインと一緒に食べるにはとっても美味しかったんですけど
やっぱり買って楽しみたい・・・かな?


DVC00142.jpg

これ 星型ぐみです。
普通はハート型なんだけど、袋に「星型があればラッキー」って
書いてありました。

いつも買うお菓子なんですがなかなか当たらずに
やっと出てきたんです。
当たったのはちび!とっても嬉しそうに

「あ~だよ~。おかあさ~ん、だよ」

ずっと食べずに握ってました。
当然、手はベトベトになりましたが、まあ、こんな時は良いでしょう

こんな事で一日がご機嫌で終われるなんて
私も子供に戻りたい
プロフィール

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。