スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お母さんは戦前生まれ?
DVC00238.jpg

右京さんが今と~っても熱中しています。

そ~なんだ(歴史編)です。

2年生の後半あたりから歴史(基いミイラ)に興味を示しだした右京は
年末からこの雑誌のCMがあると目をキラキラさせておりました。

歴史好きの母としてはこれはチャンスとばかりに
買ってあげたわけです。

<正確にはこのシリーズお年玉で買う約束したんですがね

それが、子供の視点は本当に面白いもので一番食いついたのが

西暦でした。

今まで右京は平成12年生まれだったんですが
これを読むようになってから2000年生まれに変わりました。

で食事中の会話・・・。

「お母さんは西暦何年生まれ?」

「お母さんは1966年よ。」

「え~! それって戦前?」

「お~い んなわけないでしょ 戦争は1945年に終わったの
だから何年後にお母さんは生まれたんでしょう?」

「えっとえっと 21年後

「正解!」

と答えがでて改めて、自分が生まれたのがまだ終戦から21年しか経っていなかったのに
正直ショックでした
戦争なんて随分昔の話のような気がするのに・・・。

「お父さんは?西暦何年生まれ?」

で、答える。

「今度は戦前やろ?」

「ばか なわけないやろが~
と大人気なく怒る父。

「お父さんとお母さんといくつ離れてると思ってるの?」

「あははそうだよね~」  

次に変なことを言い出した。

「織田信長っておるったい!しっと~?」

「知っとうよ~。子供の頃はうつけものって言われて、女の着物着て
馬に乗って遊んで廻ってたんだってよ!」

「え~!お母さん知り合い?一緒に遊んだことあると?」
と叫んだのは一成くん。

「そうそう!正解!」と父。

おまえら~ さっきからいい加減にしてくれ~


それを聞きながら楽しそうな右京君。
今、彼の頭の中はタイムマシーン状態です。
年号によって過去未来にいくのが楽しいらしいです。

最近ずっと歴史の話をしている私と右京君
母はとっても嬉しいです

「お母さんみたいなひと、今<れきおんな>っていうとよね?」

「違います。それをいうなら<歴女れきじょ>です。」

「あ~あ~そうともいう

そうとしかいいません

でも、この雑誌第45号まであるんです・・・。
1冊490円・・・。終わるまで幾らかかるんだ

頑張って、自分で買ってね。お兄様





スポンサーサイト
あ・い・う・え・お
DVC00236.jpg

ちびです

最近、50音を書く練習を始めました。

何故か3人目ともなるとこういう事にのんびりしてしまって
いた母ですが、先日、保育園で同じ学年で50音が書けない読めないのが
ちびだけ?とういう疑惑がでまして、慌てた母です。

保育園のお道具類にはぜ~んぶ平仮名で名前が書いてありますが
消えかかっていたり、同じタオルに同じ苗字とか名前とか
あるわけでして・・・。

帰りがけ「タオルが入ってな~い!持っといで~」
と持ってきたのは同じ柄の違う名前が書かれたタオル。

「これ違うよ。なんて書いてある?」

「えっと~・・・。ちょっとまってね。」

と嬉しそうにお友達のところに駆けて行きました。

「これ誰の?僕の?」

「えっとね~。違うよ こっちって名前書いてあるやん」
とお友達に教えてもらってる

<お~い、ちょっとまて~>と心の中で思いっきりツッコミを入れて
しまった私。

「僕のはこっち!」と言ってこれまた嬉しそうに持ってきた。

「ね~ もしかしたら字、読めないの?」

「うん 読めんよ でも、わかるけん、いいと~」

ってよくないじゃんか~ で、わかってないし~
 
「保育園で絵本読んだりしないの?」

「読むけど、○○君が読んでくれるからわかるよ。」

って、その子は年下じゃんか~


あ~うっかりしてました。

小学校まであと1年あるとはいえ、のんびりしすぎてたかしら?

負けず嫌いの私とはいえ、他の子がするならとはいいませんが
はっきり言って、ちびに関して全然させる気がなかった私。

<はさみ>も<折り紙>も<お絵かき>もとっても上手。
大好きでそれはそれは楽しそうにやってますが・・・。

そろそろ、人間になる準備をしないと・・・ってことでしょうか?


ってな、わけで昨日から始まったんです。

50音の練習 

始めて1日目なので興味津々で頑張ってます。

その頑張ってる姿が可愛くて <そうです!私は親バカです

これから、ひとまず飽きるまで頑張りましょう。

嬉しい知らせ
年末年始と色んなことがあって、何を書こうか順番が難しいと思いながら
頭の中を整理していると嬉しいメールが届きました。

「平成22年1月13日0:08に男の子が無事生まれました。」

私のダイビングのお友達からでした。

上にお姉ちゃんがいて、右京と一緒の年です。

次が欲しいな~って言いながら、早、8年?
昨年、「やっと念願叶って・・・」と連絡をもらってから
何回かお腹をなでなでさせてもらっていました。

待ちに待っておりました。

最初の子を早産で産んでいた彼女は初めから不安を抱えての妊婦生活でした
日頃から何事も「それで?なにか?」といった精神で陽気に過ごす性格
なもので、パパは大変だったんじゃないかな?と思います。

パパもダイビング仲間ではありますが、
(これがまたのんびり屋さんで二人が結婚すると聞いた時は・・・。二人とも頑張ってねと思ったものです)

それにしても、よかった!
嬉しいです! 本当に嬉しいです

今日はこちらはすごい大雪です。

横殴りの雪がずっとふってます。

だけど、ほんのり暖かくしてくれるお知らせでした。

おめでとう! 

さ~!これからですね。
のんびりパパさんに優しいお姉ちゃんの待つお家。
楽しみですね。腕白坊主大歓迎です


余談ですが・・・。
毎日、もう嫌!もう嫌!と思いながらも
ママ友達から「右京ママを見てると男の子もいいな~って思うのよね」って
言ってもらえます。
こんなに大変なのに~って思いますが、この言葉が今の私の励みです。

書き納め?
DVC00223.jpg

大晦日のお話です

毎回、宿題に困る子供達・・・。
今年から書道の時間、お習字が始まった右京さん。

「誰に習うの?」というお友達の言葉とはうらはらに
最初からおじいちゃんに習うと決めていました。

だって、おじいちゃんは書くのがお仕事なんだもの~

で、<書初め>ならぬ、<書き納め>となりました。

実家でお仕事している私は仕事納めのときにお願いしてました。

「大晦日に帰ってきたときに、右京のお習字の宿題手伝ってあげて
下さい。」

当然ですが、孫大好きおじいちゃん
ハリキってくれました

前の日から、お道具類を揃えてくれて、半紙もいいものを
箱買いしてました。
(あ~そうだった!確か私も小さい頃一度だけ教えてと言ったら泣きたくなる位
紙はたくさんあるからと何枚も書かされました。)

普段はおふざけ放題の子供たちもこの時間だけは
私もびっくりするほど真剣でした。

「正座して、背筋伸ばして」と姿勢から細々と直されても
文句一つ言いませんでした。

書く文字は「にじ」です。

(書いたのを写真に撮っておくのを忘れました。

教えられて書いてるのを見ていて思ったのですが

毛筆で横線で「一」縦線で「一」と書くのがこんなに難しいものかということ

そういえば、子供の頃お習字教室に行かされて(あくまでも行かされていた私
いた頃、最初はずっと「一」とかばかり書かされていました。

縦に「一」 横に「一」
次の週も 縦に「一」 横に「一」って・・・。

やっと文字を書かせてもらえると思ったら
漢数字で「一」~「三」までとか・・。
一緒じゃんか~と思ってました。
でも、嫌いにはならなかったから嫌ではなかったんだと思いますが・・・。

話がそれましたが・・。

あ~だこ~だとにぎやかに騒ぎまくり 
無事完成しました

とっても、嬉しそうな右京君ですが
今度はどれを出すか、おじいちゃんと母(私)から思いっきり
駄目だしがでます。

これは左に寄りすぎ~!とか、名前とバランスが悪いとか
本人の努力はそっちのけで駄目だしがつづくつづく

その挙句、「ここまで書けたんだから、もう一回頑張って」とまで言われる
始末。

しかし、真っ青になってきた右京君が一言・・。

「僕が書いて、僕がこれで良いっていってんだからこれでいいと

その言葉の強かったこと

だったらいいのよ~ 今回は母が負けました。

新学期、喜んで持って行ったのはいうまでもありませんが
今回、冬休みの宿題がぜ~んぶ終わっていることが嬉しいです。

「書道はおじいちゃん作戦」大成功です

実家の皆様、ご協力ありがとうございました。





明けましておめでとうございます。
DVC00222.jpg

あけましておめでとうございます

今年も始まりました。
皆様お正月はいかがお過ごしだったでしょうか?

我が家は、例年通り私の実家で紅白と鹿児島風の蕎麦で年越しし
お正月は旦那様の実家で「節」を向かえ、相変わらずのお休みを
満喫いたしました。

今年の冬休みはお父さんが子供達とよく遊んでくれたので
子供達にとってはとても充実したお休みになったんじゃないかしら・・・?

で、写真は昨日から始まった「十日恵比寿」に行ってきました。

十日恵比寿は商売繁盛の神様なんです。
毎年、1月の10日をはさんで4日間ほど行われます。

私は「商売人の家に生まれ」(こちらではこういう言い方をします)ましたので
「えびすさん」は子供の頃から欠かさず行くところです。

今は私が子供達を連れて行っています。
この写真は「十日恵比寿」で必ず引く福引の券なんですが

これ・・・。1回?1枚?¥2,000するんです。
この不況に¥2,000・・・。
縁起物ですし、「初穂料」となっているので、まけてもらうわけにはいきません。
もちろん、まけてもらおうなんて、思っていませんが・・・。

我が家は5人・・。
ごめんなさい!今年は親の分2枚にしていただきました。

「今年儲かったら来年奮発しますのでごめんなさい」と手を合わせ
引き当てたのは、私が(一成が引きました)日めくりカレンダー。
旦那が「十日恵比寿焼酎」

しかし・・・。焼酎?
旦那様、にやにやしています

「いや~困ったな~。また飲めってことかな~?」って

い~え!そんなこと神様は言ってないと思うよ



他に熊手や福おこし(だるま)破魔矢・そろばんなどがあります。


というように・・・。今年も例年通りの1年の幕開けでした。

今年もみんな元気でにぎやかしくまいりましょう

よろしくお願いいたします。

プロフィール

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。