スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お別れの気持ち
あと1ヶ月あまりで卒園を迎えるちびさん。

先日、バレンタインにもらったチョコにお話がありました。

同じ年長さんの女の子からのチョコはお別れのチョコでした。

ちびはもうすでに気持ちは新1年生です。
おゆうぎ会も終わり、遣り残したことはないわけです。

でも、その子は違いました。

お友達とお別れするのが寂しくて寂しくてたまらない。
園では元気に過ごしていますが、家に帰ると思い出すようで
「お別れしたくないの~」と毎日のように泣くそうです。

違うもんだな~と女の子は情緒豊かなんでしょうね。
そういう気持ちが育つのがやはり男の子より早いのでしょうか?

それで、時期も時期でお母さんと話して皆に手造りチョコをあげることに
決めたそうです。

お別れのチョコ。

ありがとうのチョコ。

忘れないでねのチョコです。


しかも、年長さん全員分です。
もらった袋の中に3個入ってたと思います。
考えただけでも、お母さんのご苦労が・・・。

わが子と違い、決められたことは絶対守るまじめな子です。
園にお菓子は持ってきてはいけないんですが
渡すのは園でしかできません。

カバンに入れてる人数分のチョコをずっとドキドキして気にして
いたそうです。
でも、先生の目が気になってカバンから出せない。
あげたいのに渡せない。

だから、無事に渡せたのは数人だったようで沢山持って帰ってきたそうです。

その貴重なチョコをゲットするなんて
なんて運のいい!要領のいい!

お手紙も書いてくれてました。

でも、でも、読めない・・・。ごめんなさい!読めない。

頑張って書いてくれてるんだけど・・・。

それで、お礼を兼ねてお母さんに電話でお尋ねしてみました。

「そうでしょ?でも、頑張って書くって言うから・・。
でね。内容は・・。」

「(ちび)○○くんへ、ずっとなかよくしてくれてありがとう
そんごくう、とってもかっこよかったよ。
しょうがくせいになってもやさしい(ちび)○○くんでいてね。
わたしのことわすれないでね。」

ということでした。

実はその時にチョコの理由も聞いたのです。

「どの子も小学生になるって喜んでるのに、あの子だけメソメソしてて
気が弱いから持っていったチョコも殆ど持って帰ってきたのよ。
渡せなかったのはお別れ遠足の時にあげるんだって。」

「お別れの気持ち」というのは難しいです。

ちびに聞いてみました。

「園のみんなともうすぐお別れだけど寂しくな~い?」

「なんで~? みんな違う小学校にいくだけやろ~?」

ん~ 何か違うぞ~!

考えようによっては深いような・・・。
でも、きっとお別れの意味がいまひとつ判ってないような

ちびらしいといえばちびらしいですけど

思いのいっぱいつまったチョコのお話でした。

チョコは当然、ちびが一人で食べました。

今、ふと気づきました。
既にちびはチョコをもらってるわけですから
遠足の時にちびはもらえませんよね?
どうするんだろ?
もらえない理由がちびはわかるのかしら?

ふふふ 面白がっちゃいけないけど
なんだか可笑しい。
スポンサーサイト
おゆうぎ会
お遊戯会

これまた、遡って先々週の2月12日(土)のお話です。

ちびのおゆうぎ会でした。

保育園最後のおゆうぎ会です。
我が家にとっても最後のおゆうぎ会です。

思い出を話しだせばきりがない・・。

初めてのおゆうぎ会の時はタンバリンを持たされて
コテっと座ったままでした。
突然立ち上がって驚いた顔でボーっと観客席を眺めていました。

それから6年・・・。
我が家始まって以来の「主役?」をいただきました。

劇の題名は「スーパーモンキー ソンゴクウ」

ちびをご存知の方は「そのまんまじゃん!」と突っ込まれそうですが
本人はおお張り切り、この役は自分しかいないとばかりに
毎日練習をしておりました。

ところで何故主役の「孫悟空」がゲットできたのか?

それは、側転が上手に出来るから

台詞が上手とか大きな声でお話ができるとか
リーダー的存在とかいうことでは全くなく
「側転」が上手にできるからです。

体操が大好きなちび

劇中の最大の見せ場が「側転」なわけです。

家でも廻る廻る。

そんなに広くない廊下から部屋の端までの直線コースを
側転していくわけです。

我が家には鬼コーチがおります。
一成さんです。

駄目だしがずっと続きます。

「脚が伸びてない!今度は手が折れてる!」

厳しい!厳しい!

でも、それに負けることなく頑張りました。

親としては何故ここまで側転を頑張るのかが不思議でしたが
ただ好きなんでしょう・・・。

最初は上手に言えなかった台詞の指導は右京さん。

ちびはどうも兄達を使いわけているようで
一成が「僕が教えちゃ~よ」というのを断り

「いいです!右京君に聞きますから」

これがまた厳しい!

何度も間違うちびに
「なんて言いよ~かわからん!もう一回!」

これまた頑張りました。

今回のおゆうぎ会の役は兄弟3人で作り上げた役になりました。

本番は無事に綺麗に上手に「側転」を決めて
これまた上手に台詞も大きな声で言えました。

側転の時は一成がガッツポーズ
台詞の時は右京がこちらを振り向いて「にやっ」と

私はというと、号泣です。(親ばかですが・・・。何か

この日のために出張先から休みをとって帰ってきていた
パパは無言でビデオを撮っていました。
(パパさんは感動すると無言になります。と思っていますがどうでしょうか?)

この日は吹雪になりました。
途中から雪が降りだして、寒い寒い。

子供達の中には体調を崩してお休みもたくさんいました。

頑張って練習してきたのにね。
残念でしたね。

わが家の子供達は行事には強いです。
無事、終わることが出来ました。

皆様、ありがとうございました。

あと、1ヶ月半?かな?

園の生活もお別れ遠足とか思い出を作る作業に入りました。

毎日が思い出になります。

これからも友達・・。
楽しく過ごせることを祈っています。
ぶっちぎり!の勝利
先週の月曜日のお話です。

そう・・・。バレンタインデーでした。

我が家の3人息子その前より緊張しておりました。

一成さんは一週間前から「チョコあげてもいいですか?」と
お断りをいただいていたほど・・。

(旦那とはなしておりました。何故こいつがもてるのか?)

他の子には「僕はチョコはアレルギーがあるから食べれない」と
すっとんきょんな返事をしていた一成。
(毎日チョコ食べてるくせに!)

実は保育園の頃からのR嬢からもらえるのかということを心配して
いたんです。
お互い卒園して3年生と1年生になってお友達も増えていて
たま~に保育園の行事であって照れてつれない態度をとってしまう
親からするとせつない二人。

それが!それが今年は事前にR嬢のママから声をかけていただきました。

「うそ~

前の土曜日に保育園のおゆうぎ会があったのでその時にいただくことに
なりました。

当日まで教えてあげない母です。

会えることにドキドキしながら行った一成は、帰りにもらえたことにびっくりしてました。

素っ気ない態度。これはお互い様でした。
どんな顔して渡したら受け取ったらいいのかわからないといった感じでしょうか?

いただいたのは、チョコカップケーキ。
味は料理上手なママ仕込みです。保証されております。

家族全員がおすそ分けをまっていました。

「僕がもらったと

必死に死守しようとする姿が可笑しくて可愛くて。

結局小指の先くらいずつみんな御相伴にあずかりました。

「美味しかった

結局、バレンタインの結果は

右京 4個
一成 5個
ちび 3個(あ!翌週に1個友チョコをいただきました)

しかし、右京とちびがもらったチョコ(クッキー)は
「一成君のお兄ちゃんに!弟くんに!」が入ってますので
今年もぶっちぎりで一成君の勝利でした。

何故、奴がもてるのか・・・?

一番暴れん坊で。
日本語が通じなくて。
大変なのに・・・。

何か、親にはわからない何かが奴にはあるのでしょう。

その何か?が知りたい母でした。

ちなみに旦那にもあげたのですが・・・。
驚かそうとと出張用のバックにしのばせていたので、その日の夜まで
気づいてもらえず、夜中にメールがきました。

「カバンの中から嫁が出てきた」とコメント付き。
リキュール入りなので仕事中に食べられても困りますが。

「酒」というと「嫁」というのはやめてほしいものです。
物騒です
月曜日 子供達を連れて買い物へ途中、右京の同級生がいつものスーパーの隣で
      露店でポップコーンを売ってる人と一緒にいました。

「右京!5個売ったらお金くれるって!一緒にやろ~。それか買ってよ!」

興味深々で近づいてマジマジとみている子供達。
私ははっきり言ってこの子が嫌いです。

「お母さん?いい?」

「駄目よ!物を売ってお金をもらうのは大人になってからすることだから
今はやめてね。」といって手を引っ張ってスーパーへ。
帰ってからも、何故駄目なのかということを私なりに説明したつもりでした。


火曜日
右京が、「昨日、○○ちゃんがポップコーン売りよったやない?今日もするっていうけん
行ったら、お金をもらったらだめなら5個売ったら1個くれるって言われて
皆で売ったら売れてもらった。○○ちゃんとじゃんけんして買ったけん」ってそれはそれは嬉しそうに話します。

情けないやら、頭にくるやら・・・。
どうやら話したことはわかってもらってなかったようです。

悲しくて・・・。
どうしても、そのポップコーンを食べていいよと言えない私は
返してくるようにいいました。

時間はまだ5時前です。
お店はもう閉まってるっていうので「○○ちゃんに返してきなさい」って言ったんです。

冷静な気持ちは失ってました。時間は気になりましたが5時前だったのでいいかと思ったんですが
甘かった。

外は雨が降ってました。

5時20分くらいでしょうか・・・。
右京が大泣きで帰ってきました。嗚咽に近いもの。
玄関で泣き崩れて、ズボンは濡れてました。

手を握って抱きしめて落ち着かせます。
しばらくして、「話せる?」って聞くと少しずつ話し出しました。

返しに行く途中で、中学生ぐらいの男の子達にひっぱり倒されて
ポップコーンを取られたということでした。

怪我は?と身体を確かめましたが踏まれた右脚と引っ張られた右腕が
痛いだけだといいます。
外傷は一応見当りません。

5人ぐらいの集団。
「怖くて怖くて・・・」

「いい!いい!無事やったけんいいよ!ごめんね一緒にいけばよかったね。」

はっきり言って、うちの子供達、2度目です。

同じ子供達かどうかはわかりませんが、たむろしていた場所や人数が同じなので
たぶんといったところです。

前に一度、一成が顔を殴られて帰ってきたことがありました。
その時も怪我とい言うほどではなく左のほほが赤く腫れていたんです。

一応、学校に即報告しましたのですが下校途中のことですし
しかし学校から帰ってきた言葉は
「報告はわかりました。学校が終わってからのことですので、警察へ相談されて下さい。」
でした。もちろん、担任の先生は真剣に話を聞いてくれて電話で心配要らないからと
一成と話をしてくれましたが。

その電話の後ろで先生達の会話が聞こえたのが許せなかった。
「警察に言うように言ったほうがいいよ。下校時間でも留守家庭の下校時間だし。」

そのことがあったので今回は直接、交番へ行くことにしました。
雨の中、右京を連れて向かいました。

交番、怖かったです。
行きなれてない!というか落し物意外、行ったことないです。

交番でのお話はまた後日。

遅い時間でもなく、まだたくさん人通りの多い道。
こんな事が起きるなんて信じられません。

怖かったでしょう。
悔しかったでしょう。

一応、その後自転車で走っていった中学生達を追いかけたらしいのですが
校区外へ行ったので「お母さんに怒られる」って思ってやめたそうです。

「追いかけなくて良かった。無事で帰ってきてよかったのよ。」って
行ったのですが・・・。

時間が経つにつれて、腹が立って腹が立って。

水曜日
子供達を迎えに行って、家に残して買い物に行きました。
気になって現場付近をうろうろしてみました。昨日の今日です。
いるはずがありませんよね。
一人で歩きながら、情けないやら、ただ歩いてるだけなのにって思ったり。

うちの子供たちに何かあるんでしょうか?

耳に入らないだけでこんな事件って起きているんでしょうか?



今日は私のお話

いつも、子供達の話ですが、今日は私のお話。

先日、プチ単身赴任状態の旦那が1週間ぶりに帰ってきて
マジマジと私を見て言いました。

「この1週間で太った?」

びくとする私。

「ふ!太ったけど・・・。そんなに太った?」

「な!なんかすごいぞ~」悲しみとも驚きとも怒りとも
とれる声でつぶやく旦那。

私は昔から1ヶ月の間、体重の変動が激しいのですが・・。

そういう事態ではないのです。
自分でももう言い訳になってるとはわかっていましたが。
あまりにも太りました。

デニムがはけない。スカートが入らない。

今、マタニティ(初期時)を履こうとしているところ。

でも、ちょっとプライドが許せない

お気に入りのスーツを出して、子供達の前で履いてみた。

「お母さん、それないよ!」
おっと次男からするどい突っ込みがきました。

「ね~!後ろから写メとってよ!」

カシャカシャといろんな角度からとる息子達。

「撮り過ぎやろ~!」

「お母さん!これお父さんに送っとこうか?」

「ばか止めてよ!お父さん、帰ってこんようになるよ!」

という会話を繰り広げ、自分でみてその醜さに愕然としてしまいました。

スタイルがいいというのは10年前の話とはわかってましたが
これはない・・・。

で、始めました。

これ!

ダンス

47歳の樫木さんという女性が始めたらしいです。
今、けっこう話題なのでご存知の方もいるかとは思いますが

始めて1週間くらいでしょうか?

いまひとつ、動きが理解できない。

たぶん、体が動いてないんだと思います。

腰が画面通りに動かないんです

横から後ろから、それを見ている子供達は大うけで大爆笑!

笑わしているつもりは全くないんですが
本人はいたってまじめ

でも、終わったら汗がダラダラと流れるので
効いてないことはないと思うし、夜もよく眠れるし
朝も起きれるのでいいのではと思っています。

そろそろ、春物を考えなければいけないので
頑張りましょう!

スカートのウエストにお肉をのせるわけにはいかないので

4月にはちびの入学式もあることです。

あ~、40代・・・。

何故こんなに簡単に太れるものでしょうか?
今度はなに?
右京さん・・・。
将来の夢がたくさんあります。

色々言い出しますが、その日の夜には「発明家」に落ち着きます。

昨日の夜は「まんが家」になりたいと言い出しました。

わが子たちは、と~っても絵を描くのが好きでして
一ヶ月に3回程、自由帳を買います。

お絵かきのスタートはパパさんからもらった製図用の巨大な
模造紙でした。

その用紙は巻物状態の時もあるし、1枚のシートの時もありました。

以前記事にしたこともあるかと思いますが
巻物の時は部屋から廊下に広げながら鳥獣戯画のように
書いてました。

いつも思います。
この絵を何とかして保存しておけないものか
彼らが書くものはそれはそれは壮大なものです。

大人からしたら絵には意味も脈絡も何にもありません。
むしろ目を輝かせて向きになって競争して説明してくれることに
「何じゃ、そりや?」と悩むことが多いくらい。

それが、大きくなるにしたがって、それぞれに自分の世界が
できて自分の絵を描くようになってきました。

面白いですね。

そんな中「まんが家」もありかと思いますが
ちょっと職業としては母は賛成しかねます。

一応、何にも知らないんじゃ物語がかけないので
沢山、本を読んで物知りになりましょうと
言っときました。

今晩、勉強の時間・・・。
何を言い出すでしょうか、楽しみです。

プロフィール

右京ママ

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。