スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
能古島
ぶらんこ

先日、西区は能古島アイランドパークに行ってきました。

船に乗って・・・バスに乗って・・・。

右京さん、車酔い船酔いはクリアしました

写真はパーク内にある巨大?ブランコ。

ハイジのブランコさながらの大きなものでした。

これまた綺麗に一直線に並ぶ大きな木5本に、これまた大きな竹の木を這わせて作られていて
思いっきり漕ぐと撓ります。

大人が乗ると恐ろしいくらい撓ります。

というより、大人が乗っていいのか?と思いましたが
乗らせていただきました。

右京さん、あまりブランコ上手ではなかったようです。

ちまちま漕いでました。

写真は一成さん。

この後、少しだけパパさんに押してもらうと木の枝の葉っぱに
手が届きそうな程、ビュンビュン状態になってました。


チビさんには大きすぎたようで、途中で回して遊んで
本来のブランコではなくなってました。

正直、夢中になったのは父と母。私たち。

「思いっきり漕いで、飛び降りて誰が一番遠くまで飛べるかしなかった?」

「くつ飛ばしせんかった?
 下手なやつがおって、前に飛ばせんで頭の真上に飛ばして頭に当ったり」

話せば話すほど、子ども達はドン引きしていきましたが・・・

日頃、子ども達の遊び方を見ていて<なんて危ないことを!>なんて
思ったりしますが、私たちもかなりあぶないことをやっていたようです。

その親からできた子ども達、危ないことが好きなはずです。

あ~しょった!しよった!とちょっと反省した母でした。



久しぶりに快晴に中、公園で遊ぶのはとても気持ちよかったです。

この公園、兎やヤギも直に触れます。

パパさんは兎とやぎに熱中していたのはいうまでもありません。

スポンサーサイト
ちびの初恋
喧嘩っ早いのが特徴の我が家の息子達の中で唯一揉め事には

入ってこない三男坊。

保育園でも学校でも「お友達と・・・。」というお話は一度もありませんでした。

喧嘩の仲裁。相手方へのお詫びに忙しかった上の二人とは大違いです。

そのせいか、とても穏やかな保育園生活を過ごし、小学校生活も
穏やかそのものでした。

それが・・・それが・・・。


ある土曜日の午後。いつものように留守家庭へお迎えに行った時のお話。

「ちびちゃんが怒ったの今日初めて見ました。」と先生からの言葉。

日頃、お友達が喧嘩したり揉め事が起きると遠くへ避難しているらしいのですが
今日は違ったようです。


同じ学年の男の子がちびの大好きな女の子の髪を引っ張ったのが始まりらしく
その男の子は嫌がるのが面白いのか後ろに廻っては頭を叩いてみたり
髪を引っ張ったりしていたそうです。

あんまりしつこいので女の子は大声で泣き出してしまいました。

そこへ飛んできたのが我が家のちびさん。
彼女の前にかばい立ち、相手の男の子に向かってこんこんと話しを始めたそうです。

ここで上の二人ならパンチの一つや二つ出てると思いますが
なんせ人を叩くということをしたことがないちびさんなので説得を始めたようです。

相手はすぐ手がでる1年生です。
話なんか聞くわけもなく、今度は標的をちびにかえました。

しかし、ちびさん上二人に鍛えられております。

何を言われても、パンチをくらっても動じません。

そのうち、相手が腹が立って泣き出して終わったらしいです。

もちろん、女の子からの株が上がったのはいうまでもありません。


本来、ここまでになる前に先生方に仲裁に入ってくれ~と思うのですが
先生方に言わせるとちびの様子を見ていて大丈夫かな?と思ったらしいです。


帰り道、その事で話をしたら
「だって僕ね○々ちゃんが大好きやもん。 守ってあげるって約束したもん。


「おまえ~」 ちょっとムッとしてしまいました。

嫉妬です。

女の子は私もよ~く知っている子でママとも仲良くさせてもらってます。

右京達に聞くと最近ちびはその子に少々ストーカーっぽくさえあるそうなのですが。


その出来事の夜、その子のママからメールを頂きました。
「今日、ちび君が変わりに喧嘩してくれたとよ。」って何があったのかしら?
というもの。

一部始終を話すと大笑いと感謝の言葉をもらいました。
ストーカーのことも「気づかなかった!」ということですし。

土曜日は留守家庭にいく子がすくないけど
「ちび君が行くから行く」と行ってくれてるようですので一安心。

お絵かきもその子の為。
折り紙もその子へあげるの!と頑張る。

そろそろ、私が覚悟をしないといけない時期にやってきたのかと
ちょっとだけ・・・。ちょっとだけ・・・ムカついてます


今でも私に抱きついて寝るくせに~
どんぐりころころ♪
どんぐり

ちびが学校から拾ってきた「どんぐり」です。

捨てたはずなんですが・・・。

ベランダの隅で芽が出てるのをパパさんが見つけました。

生命ってやつは!なんてたくましいんだ~!と褒めてあげたくなりました。

そのまま捨ててしまうのも可哀想になって
空いてたプランターに植えました。

根付いたようです。

でも、この後どうなるんでしょう?

普段、目にする「どんぐりの木」のように大きくなられても
と~っても困るんだけど・・・

どなたか、この後どうなるかご存知でしょうか?

ふふふ

ちょっと楽しみだったりしています。
夏休み終了
世の中のお父様、お母様。
お疲れ様でした。

やっと夏休みが終わりましたね。

我が家も本日全員元気に登校していきました。

ちびは留守家庭で毎日学校に行っていたせいか

今一新学期を理解していないよう・・。

上の二人は待ってましたとばかりに飛び出していきました。

実は上2人は夏休みの初っ端に悪さをしまして、期間中は子供だけの外出禁止状態に
なっておりました。

ま~。暑さもあって外で遊んでいる子もいなくて
児童館に行っても面白くないようで家に戻ってきていました。

夏休みの前半は午前中は塾で過ごし終わると私の職場にきて
お昼を一緒に食べて私は仕事に戻り子供達は帰宅。

週末はお父さんがキャンプへ&実家へ連れて行ってくれてました。

お盆から後半はサッカーの合宿や右京の自然教室など
めまぐるしく過ぎていきました。

問題はご存知、夏休みの宿題・・・。

ほ~ほっほ!

当然、しているはずもなく

本日、学校で思いっきり怒られていることでしょう

「だいじょうぶ~。全部終わったから~!」と強固に白紙の宿題を
ランドセルに入れていったちびさん・・・。

どんな顔して先生の話を聞いていることやら


お母さんの言うこと聞いといたほうがいいよって言っても
聞きません。

学校で言われて気づくでしょう

今週はきっと宿題ですね。

ま~週末はまた父実家にお泊りが待っているので張り切ってやることでしょう。


今朝、びっくりしたことが一つ・・・。
一成が「作文がない」とここ2・3日言い続けておりました。

てっきり書いた作文が無くなったのかと思っていて「探しなさい」と話しておりました。

  無くなっていたのは「作文」ではなく
「作文用紙」でした。

なので当然、作文の宿題はできていませんでした。

「読書感想文」も「夏休みに考えるエコライフ」も書いてませんでした。


怒られてこ~い

自分の夏休みを反省しろ~


私も反省点は数々ある夏休みですが・・・。

元気に2学期がんばりましょうね。


プロフィール

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。