スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手造り石鹸<暇楽>さん
DCF00081karaku.jpg

福岡は糸島半島にあります。

<暇楽(からく)>さんです。

目の前は海です。

建物の後ろはハーブ園と住居でしょうか?

ショップも住居も同じ白い建物で統一感があり素敵です。

お店の前は道路ですが、道を挟んで海が広がって

同じ福岡だろうかと思ってしまいます。

周りにはなにもありません。

すぐ側にある駐車場に車を止めるとすでにハーブの香りがして
とても気持ちがいいんですよ。

ここで石鹸を買う目的は我が家のアトピっ子達のためのはずでしたが
お店に入るとそれどころではなくなりました。

綺麗な色んな形に色とりどりの石鹸に子ども達は興味深々で

右京は見本の石鹸を削り

一成は貝殻の形の石鹸を片っ端から手にとってはにおいを嗅ぎ

ちびはハート模様の石鹸を食べようとしてる

その子ども達の行動にいち早く気づいたのはパパでした。

今回は珍しく自分から子供達を浜辺に連れ出してくれました


<暇楽>さん

季節をテーマにした石鹸を出してます。
今は<オータム>です。
女性に<効く>と言われている、プラセンタ・ヒアルロン酸・コラーゲンがてんこ盛りで
練り込んであるらしく、香るとうっとりします。

何を買おうか吟味していると・・・。
お店の方が   「駄目よ~。食べものじゃないからね。」と誰かを止めている・・・。

「誰よ、食べてるのは~」と思って見ると

案の定というか当然というか・・・。

蜂蜜入りのクリームを握っているのは我が家のちびさんでした

「すみませ~ん」と謝り。

<しまった、こいつはここに残ったのか!>と落ち込みながら

石鹸選びを続けました。


最終的に買ったのは
<オータム> 私用
<海のしずく>という名前だったような? 右京のにきび予防
アトピッ子の為のクリーム。

全部で¥3,900也  相場がわかりません。

高いのか?安いのか?
お店にいる間、ま~気分は随分、癒してもらいましたので
良しといいうことでしょうか・・・。

広い敷地の中に建てられたショップ。
贅沢を言えば外の海に面したデッキでハーブティーが飲めたら良かったのにと
思いました。


気分はとってもセレブだったのに
買い物終わって、子供達を捜したら・・・。

相変わらずの景色が・・。

お前達は犬か~といわんばかりに浜辺を走りまわり
私を見つけるなり、パパさんも一緒になって

「蟹~ 捕まえたとよ~

現実が一気に戻ってきました。

「はい!はい!蟹ね。蟹ね。どうみても蟹ね。」

その蟹について力説する男たち3人。
「これが現実だよな~」と思い、いい香りの石鹸を握りしめて
帰路につきました。


ずっと行きたかった場所。

やっと行けました。

次はお店の先にあるというパン屋さんです。
いつになることでしょうか?
スポンサーサイト
校区運動会
10月9日(日)快晴も快晴の中、校区運動会がありました

校区5地区7チームに別れて戦います。

我が家が住んでいる地域はと~っても人数が少ないんです。
でも仲がいいのが自慢。一致団結は得意です。

運動会の華であるリレー競技も頑張りました。

子どもリレーは子供会単位なので3地区合併しました。

出たがり、俺様ばかりのわが地域の子ども達。
チーム編成に苦労しながらも2チーム参加しました。

予選は両方、2位での通過

低学年はおっとりさんが多い為か

「どうした~ 、何が起こった~」の連続でしたが

優勝経験者が並ぶ高学年に移った途端に追いつき、一人抜き、2人抜きと
アンカーでは2位になりました。

走り終わった子ども席ではお祭り騒ぎが大好きな子ども達とお世話係のお母さんで
ハイタッチの嵐。

他のチームが振り返るほどにうるさい!

低学年の遅れを高学年のお兄ちゃんお姉ちゃんがカバーして
素敵なチームでした。

低学年の子ども達は何が起こっているのかわからないまま
終わったといった顔でしたが

私のところに走ってきて「もう1回走れる?」って聞いてきたので
楽しかったんでしょう

うちのちびさんだけは・・・。

「頑張ったけん、カキ氷食べていい?」って言ってきました。

ん~と思いましたが、ちびには甘々な私。

決勝も頑張ることを約束して買ってあげちゃいました。


ところで・・・今回うちのパパさん初めて参加しました。
私は子供会単会長なのも関係して協力してくれていると思います。

朝から頭痛に悩まされているにもかかわらず参加してくれました(感謝です)

それが、やはりお祭り好きな家族の世帯主。

頭痛くなかったの?というくらい、楽しんでおりました。
人間・・・景品がかかるとこうも頑張れるものでしょうか?

といのも、わが弱小チームは会場に来てる人は皆、出なければ人数が足らないくらいの
弱小チームなんです。

当然、テントがカラッポになることもしばしば

競技参加者を決める担当のお母さんが凄い。
有無を言わさずというか、彼女に「出られません」は通用しません。

いやおうなしに首に襷をまかれ、入場門に送られます。

私も本部と打ち合わせをしている中、耳元で「足らないから出てね」といわれ
首に襷がかけられました。

また、こういう強引なことをしても彼女は許されるキャラクターなんです。
大事な方です。

午後からの競技も滞りなく進み、リレーの決勝がありました。

さすがに予選のようには上手くいきません。

どこのチームも早い子を揃えてくるのは当然です。
予選落ちした中からでも出すという起きて破りをやってくるチームもあります。

でも、2チームでいっぱいいっぱいのわがチームです。
チーム編成どころではありません。

「予選通り、奇跡を起そう!」

「奇跡やないやろ!」と子ども達に突っ込まれながら、決勝に望みました。

結果はAチームは2位になりました。
(Aチーム内で予選をして1位になった子で編成したチームです)

我が家の子ども達はちびがAチーム
右京と一成がBチームにいました。

さすがに実力の差は明らかでした。でも頑張ったんです。

最下位を走ったことなんてなかった一成がはるか遠くに見える子達を追いかけるのは
どんなに悔しかったかわかりません。

駄目だと判るとスグ諦めてしまう右京も驚くくらい真剣な顔で最下位を走っていきました。

右京のあんな顔を見るのは久しぶりでした。

それぞれに真剣にバトンを繋ごうとしてくれたようです。

子どもの事になると涙もろい母に戻ってしまいました。

退場してきた他の子供達にも「なんで泣きようと?」って聞かれて
「感動したっちゃもん~」って言ったら思いっきり笑われました。

みんな、頑張りました。

と~っても気疲れしましたが、楽しかったです。

さて、さて健脚の6年生が卒業します。来年はどうなることでしょう。

早い1年生が入学してくることを祈っております。

そして来年は私も「会長さん」から開放されて競技に参加したいと思います。
プロフィール

右京ママ

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。