スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調味料ケースに・・・。
最近、切羽詰ったお話が多いのですが

今日は時々起こる我が家の不思議な光景のお話です。


どこに何を直す(しまう)というのは一つ一つ教えなければいけないのかしら?
と思った出来事。

スキンガード

食事の準備を何度言っても自分からはしてくれない子供達では
ありますが。

「ご飯だからテーブルの上にあるもの全部直して」と言ったから?

確かにお塩は食卓にあった・・・。

モズクをポン酢で食べてもいた・・・。


お分かりでしょうか?

「スキンガード」がドレッシングのように調味料ケースに
鎮座しております。

だから入れなかったソースとお塩

犯人はわかりません


時々、こんなことが起こります。


ボンドを借りようと右京の机を開けると(勝手にごめんなさい

爪楊枝が山のように入っていたり。

子供達の予備の文具用品入れを見ると(糊を使いたかった母。)

個包装の飴玉がてんこ盛りになってたり。


もう、引出しの中からダンゴ虫の入ったケースは見つからなくなりましたが。

どうしたものか?

誰?と聞いても現行犯で無い限り判りません。

本当はすることで誰がしたかは見当はついているのですが

ドヤ顔で「してない!僕じゃない!」といわれると・・・ね。


ま~。こんな不思議なことも今だけだと楽しむとしています。


でも!でも!

しょう油と一緒に「スキンガード」はまずいと思うよ。

スポンサーサイト
運動会のご褒美
b-damann

先日の運動会のご褒美です。

私にはわからない世界。

「ビーダマンの正式スタジアム?」正式名称は後日

弟2名はまずやってみる。

兄右京さんは取扱書を熟読してからトライ。


右京さんが始める頃には弟2名はハイテンションです

普通でも、家の中は騒がしく、色んな音が氾濫しているというのに
この時はビー玉の転がる、ぶつかる音が

ガラガラ~~

ごろごろ~~  バッシャ~ン ガッシャ~~ン



今日ばかりは我慢しますが、私だけが面白さがわからなくて

疎外感


皆!とっても楽しそう!

男の子って、「倒す」とか「はじく」とか「ぶつける」とかが
本当に好きですよね。

予期せぬパパさんからのプレゼント

嬉しかったようです。

パパさん・・・。私には?
球技大会練習開始
今週から子ども会球技大会の練習が始まりました。

今年は我が家はちびさんだけが参加します。

兄二人はサッカー大会と重なった為、参加いたしません。


で、母が低学年男子ドッジの監督を引き受けてしまった為に
今年の夏も忙しい幕開けとなりました。


低学年男子・・・。

初日の顔合わせ

想像はしておりましたが、集合場所にいない。

揃ったかな?と思ったら一人がジャングルジムへ

その子を呼びに違う子がジャングルジムへ

正直、短気な私はイラっとします。


自分の子なら叱り飛ばしますが、なんせ相手は子ども会が初めてだったり

「うちの子は~~~」と話し出すお母様が多いので
ぐっとこらえます。

それにお世話はお当番のお母様にお任せしていいとの
ことでしたので、私は一歩下がって、待つことにしました。


子供を叱らないお母さん。

「これからどうする?」を繰り返すママ達。

一向に練習が出来ない。

でも、ここで口を出すと揉め事になること必至。

練習開始時間から20分が経過

もう我慢が出来ずに

「一成!単会のユニフォームを着てる子達を集めて準備体操して!」

お母様方には声をかけて始めること伝えて練習場所へ移動します。


今年は4地区合同チームになる為、責任者お当番も多く
指導、責任の所在が難しい状態のようでした。


そんな、親達がイライラしている中、和ませてくれたのは
OBのお兄ちゃん達でした。

一成を筆頭に何年か前はドッジの選手たちだった子達が
お手伝いに来てくれてるわけです。

子供達も私達親よりもお兄ちゃん達に教わるほうが嬉しいようで

「このお兄ちゃんは5年生の一成君といいます。皆、ついていって下さい。」

といいうと面白いようについていきます。

私達がいくら叫んでも怒ってもだめだったものが

その後姿はまるでカルガモの親子のよう

<ありがとう、お兄様方、母はとっても助かります。>


そんなこんなで、やっと練習開始。

この時点で残り時間は45分しかない

一成相手に1年生達はキャッチボールを始めました。

思っていたよりも上手です。

中にはトンでもない子がおりますが・・・。

去年の我が息子よりはぜんぜんマシです。


ルール説明・・・。

あ~さすがに1年生

説明は無理。

OB達と一緒にしながら

「線は踏んじゃ駄目ですよ。」
「ボールを当てられたら手を上げてコートの外に出ましょうね。」
「ボールの取り合いは反則になります。」

などなど・・・。

「ライン踏んでるよ!」

「線は踏んでないよ!」

同じことです

外野にボールが飛ぶと一斉に捕りに走る子供達。

行った先で誰のボールかで一揉めしてます。

お母さんが
「はい、ジャンケン

いやいや ジャンケンしてる暇ないって

反則になるって・・・。


ま~練習も初日です。

こんなもんでしょうと自分に言い聞かせます。


あっという間に時間がすぎて、帰りの合図。

初顔合わせの子供達、もう一度名前を大きな声で言ってもらって
<これは私が名前と顔を覚える為にしてもらいました。>

整列!

正直、この整列が一年生にとっては一番難しいんです。
試合が始まってしまえば何とかなりますが、

試合当日、慣れていない1年生達はテンション上がりまくりの
親は緊張の面持ちで自分達をみてる。

それまで習ったことなんか、どっかへ吹っ飛びます。

整列で心を落ち着かせて、自分が今から何をするのかを思い出して
くれるといいなと思います。

我がチーム、選手10名中、1年生が半分登録しないといけません。

試合になるのかどうか?
折角、戦うんですから、少しでも1年生だからではなく
2,3年生に追いついて試合らしい試合をして欲しいと願います。


私は欲張りです。
やるからには1年生が多かろうが勝ちたいんです。

ただね・・・。
練習で思ったんですが、私かなり他のお母さんより子供に対する要求が
厳しいようで

優しく接するということがちょっとわからない。
なだめ方?子供のご機嫌をとる?

私にしたら「甘い」と思うことばかり。


今回の私の課題でしょうか。
プロフィール

右京ママ

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。