スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読み聞かせ④
いっすんぼうし (日本傑作絵本シリーズ)いっすんぼうし (日本傑作絵本シリーズ)
(1965/12/01)
いしい ももこ

商品詳細を見る


今回はこれです。

「一寸法師」です。

ちびのリクエストです。

昔ながらの綺麗な絵です。

「読み聞かせ」をさせてもらったのはちびさんのクラス。

朝からちびさんは楽しみしていてくれました。

時間になってクラスに向かうと

「び、びっくり」

読む場所のまん前に陣取っている我が息子

椅子に座ることも出来ないくらいまん前。

「すいません。座れないので少し後ろに下がってくれますか?」
とお声かけ。

「は~い」とからかい混じりの笑顔で

下がりすぎる子ども達。

「もう、そのくらいでいいです


「今日はいっすんぼうしだよね!」と先に子供達に言われ
うなずく私。

「○○君の言う通りだ~!」と女の子。

<そりゃそうだろ こいつが決めたんだから>と心で
つぶやく私。


やっとのことで話が始まります。

驚いたのはこのお話を知らない子がいたこと。

桃太朗、浦島太郎、金太郎、一寸法師は私の中では

日本昔話上 四大男児なのに~


子供たちは本当に面白いです。
お話の合間合間に感想を口にします。

針を刀に・・・。
「足にささるって!」

おわんを船に・・。
「乗ったらぐらぐらやろ~!」

たんぽぽ横丁・・・。
「わたわたがいっぱい!」

読みながら笑いをこらえるのが苦しい。

最後は
「私もあの太鼓で大きくしてほし~!」
<太鼓ではありません。打出の小槌です。

「え!小槌って宝物がでてくるっちゃないと?」
<そういう場合もありますが、今日は大きくなるんです

こんな感じでした。
我が家でもちびはムードメーカーでびっくりするような発想をしますが
同じクラスの子供たちも中々のもの。


本当は「いなばの白うさぎ」を読む予定でした。
しかし、何だかわが子たちに「うけ」がよくない。

いつもどおり1回読んだだけで、本がほったらかしになってました。
いつもなら暫くは取り合いで読みあっこしたりすんですが・・・。

「このお話は好きじゃないかな?」

「悲しいお話はいや!聞いたあといや~な気持ちになる。
その後のお勉強の時間もいや~なままだから」

というちびさんのご意見でした。

どんなお話か・・・。
「悪いことをしても心から反省したらやり直しができるんだよ」と
ま~要約するとそんなお話のはずだったんですが。

自分が悪いことしたおは棚に上げて、皮をはがれて死にそうになって
苦しいよ!というところだけがクローズアップされてしまったようです。


昔話はこういう哲学的な内容が混ざります。
そこがいいんだけど・・・。

難しい・・・。

いつか絶対読んでやる!とは思っていますけど。
スポンサーサイト
心が痛む、心が痛む。
ニュースをみて本当に心が痛んだ。

中2自殺にまつわるニュース。

「自殺の練習」だなんてありえない。

周りは親は何もできなかったのか?

友達はいなかったのか?


他人事ではない。

自分も親としてわが子が相談できる存在でいるのだろうか?

いたたまれない。

身体が震えてしまうぐらい悲しい。


「いじめ」「恐喝」をする人間が問題なのに
ニュースで流れるのは自殺した子のことばかり。

「尾木ママのブログ」にありました。

「死んじゃだめ!」

本当です。

「死」を選ぶことだけはしないでほしい。


わが子だったら、私はどうするだろう。
危険な発想だけど、復讐にはしるかもしれない。

どこまでも、何とかして犯人をつきとめて
周りのことなんかわからなくなるくらい復讐に向かうかもしれない。


来年、右京が
次の年は一成が中学生になる。

心配しても・・・。といわれるけど

心配でしょうがない。

何か方法はないのでしょうか?

立ち向かえるほどのエネルギーを蓄えてほしい。
「いじめ」なんて跳ね返せ。なんてきれいごとだと思う。

もしその立場になった時、親は何ができるの?

せめて、せめて右京達が私を「よりどころ」としてくれることを
願うばかりです。

不登校になっても、ひきこもっても

「死ぬ」ことだけは選ばないでほしい。
読み聞かせ③
6月は球技大会のためにお休みをいただきましたが

7月になりまた始まりました。

読んだのはこの本。

こぞうさんとりゅうのたまこぞうさんとりゅうのたま
(2010/04)
はせがわ かこ

商品詳細を見る



2年2組の子供達。2回目です。

「また~」とちびに怒られましたが
何故かちびのクラスはすぐに取られてしまうので仕方ありません

この本、ご存知でしょうか?

所要時間は5分超し位でしょうか・・・。

いまひとつ、反応が鈍かったです

絵が暗かったのと、「こぞうさん」があまり浸透していなかったこと。

「りゅうとかおらんし。」という言葉から始まり

最初に「おかあさんと摘んだ赤い実」というのが出てくるんですが

「道に赤い実とかないし。」とか

場面がいろいろ変わるんですが、小さい声で「え!」とか「お!」とか
反応が・・・。

以前、昔話は難しいといわれたことを思い出しました。


我が子たちには、大好評だったんですが・・・。

何だか不完全燃焼の回でした。

何がいけなかったんだろう?

わかりません

*注:「読み終わった後の反応を期待しないこと」

判ってはいますが、初心者の私は落ち込みます。


来週はちびのクラスに行きます。

用意した本が教科書に載っているらしい
いいんだろうか?

確認してみないといけません。

ご報告はまた次回。

球技大会
随分、前になってしまいましたが

6月24日(日曜日)
球技大会がありました。

練習の様子は以前書いていましたが、本番を書いていないことに
はっと気づきました。

当日は生憎の大雨に見舞われました。

当然、子供達は試合前・・・。集合時間には既にテンション上がりまくりで
落ち着かない子がた~くさん。

どうしたものかと考えましたが、私が怒っていても仕方ない。

試合前に話ししたいな~とも思いましたが聞いてくれないだろうな~と
あきらめました。

しかし、しかし。

3年生の子達が「監督さん!」と駆け寄ってきて

「作戦があります!聞いてもらっていいですか?

思いもかけない声がかかりました。

「僕達で考えたんですけど、やってもいいですか?」

心底、嬉しかったです。涙が出るくらい嬉しかったです。

「いいよ!貴方達のチームだから、任せるよ!」

「はい!」キャプテンの子が嬉しそうに必死な顔で話てくれました。

皆を自分達から声をかけて集めて私を真ん中に、一生懸命に説明する3年生の子達。

その熱意は下の学年の子供達にも伝わったようで1年生たちも必死で聞いて
いました。

作戦は当然、技術があってのことなので今のこのチームでは無理なのは
大人が聞けばわかります。

ルールも身についてなくて、ボールが当ったら泣き出す子もいる中
作戦どころではないんです。

でも、男の子だからでしょうか?

「作戦」が大好きなようです。


チームが少ないので総当り戦です。

結果は当然1セットも取れずに惨敗でした。

キャプテンは泣いてました。

他のチームが大半を3年生で占める中、半分が1年生で戦わないと
いけないチームでした。

お母さん達のなかには「不公平すぎる」とクレームをあげる方もいましたが
毎年、行われる大会です。

来年は立場が逆転するかもしれない。

ドッジはチームです。
3年生ばかりが多いから優勝できるとは限りません。

私も6年間見てきましたが、やっぱりチームワークです。
強くて上手な3年生が入るから優勝できるとは限りません。

いかにその子にボールをまわせるか
弱い出来ない1年生をいかに残すかは協力?信頼しないと出来ないんですよね。

一成が優勝した時がまさにそうでした。

優勝候補は一成達の学年でも最強といわれる子を4人揃える別のチームだったのに
終わってみれば、一成のチームが優勝してました。

子供達が一番、びっくりしていましたが
喜びようは半端じゃなかった。

男の子に必要なのはこの経験なんだと思いました。


大会が終わって一人の3年生が私のところに来て

「負けちゃってごめんなさい。」って言いました。

正直、泣きそうでした。
でも、一生懸命、歯をくいしばってるのをみると
私が泣くわけにもいかず・・・。

「そんなことないよ!頑張ってたじゃない!半分が1年生だったんだよ!
かなり頑張ったと思うよ!」

「でも、全部負けたし

「3年生は大変だったね。1年生訳わかんないし、ありがとうね。
私も初めて監督して色々教えてあげられなかったし、3年生が頑張ってくれたから
助かったのよ。」

責任感の強い子は辛いだろうな~と思いました。



という結果の球技大会でした。

優勝は1年生の頃に「完全優勝したい」と誓った親子が率いるチームでした

笑ってしまうぐらい気合の違うチームでした。


因みに我がチームにはちびが参加しておりましたが
明らかに自覚が足りず、体育館のフェンスにのぼり私に引きずり降ろされ
目を離すとバスケットのゴールにぶら下がろうとする
言っても言っても聞きゃしない

最後には私から蹴りを入れられる始末。
(実はこの行為は違反行動で本部に見つかれば私が退場にあっていたことで
親ながら後々、反省いたしました。)

でも、一つの試合では頑張ったんです。
最後の最後まで残って自分で取れないのは判っているので逃げ回り
どのくらい頑張ったかな~~?

最後はボヨ~ンと坊主頭にボールがあたり、試合終了。

本部から「さすが、三侍の3番目笑わしよる」とお言葉を
頂きました。


来年はちびが3年生

しかもこのままだと一人きりの3年生です。

今から3年生を増やすことを思い巡らす母でした。


ま~結果は散々でしたが、怪我もなく

「楽しかった~」と子供達が言ってくれたので良かったと
思います。

終わった後は打ち上げ懇親会。

楽しいお酒を頂きました


関係者の皆様、お世話になりました。

お疲れ様でした。

ずっと練習に付き合ってくれた一成君。

ありがとうね。


プロフィール

右京ママ

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。