スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読み聞かせ⑧
11月6日(火曜日)
読み聞かせがありました。

今回は1年生

読んだのは

ねずみのすもう (はじめてのめいさくえほん)ねずみのすもう (はじめてのめいさくえほん)
(2000/05)
いもと ようこ

商品詳細を見る


4月に最初に読んだ本です。
11月は博多で大相撲があります。
季節的にいいんじゃないかと♪

大相撲があってることはさすがに知りませんでしたが
笑い声があがるなど楽しそうに聞いてくれました。

やはり小さいねずみが大きなねずみに勝つのが楽しいみたい。



2冊目は

あなた (ランドセルブックス)あなた (ランドセルブックス)
(2012/03/14)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る


谷川俊太郎作です。

正直・・・。1年生には難しかったようです。
途中からもじもじ、がさがさした態度があちらこちらで
見え始めました。
それに、家で読んだ時はそうでもなかったんですが
教室で読むと「くどい!長い!」と感じました。

谷川さんの作品は大好きでいつか読んでみたいと
思っていたのですが・・・。

選本ミスでした。

1年生には可哀想でした。

帰って右京さんに聞いてみたら
「そりゃ~むずいんじゃない?」との返事。

「むずい?って何よ」

いい詩なんだけどな~

ま~楽しい話ではないですが・・・。

勉強になりました。
スポンサーサイト
ごちゃごちゃと・・・
この季節、行事は多く楽しいはずですが

私はどよ~んとしています。

校区の運動会

右京さんの修学旅行

一成兄さんの自然教室

ちびさんの地域探検

学芸会

ふれあいフェスタ(地域交流会)

た~くさんあったのに書く気になれない・・・。



で・・・こんな時に崖から思いっきり突き落とされたました。

先週、一成さんのプチ家出から始まって

右京の登校拒否(一日だけですが・・・。)

前の日から様子はおかしかったんですよ。
でも、いつも何も言わないんですよね右京さん。

物にあたることなんてまずない子がベッドを蹴飛ばしたり
ドアに向かって物を投げつけたりと自分の部屋の中で
暴れておりました。

明日、熱が出ないといいけどな~と思いながら
次の日、朝ごはんは食べたものの、動こうとしない。

一成達が学校に行っても動かない。

「遅刻するよ」

「行きたくない

「どうして?」とお決まりの問答をしばらくした後

「話さないと無理にでも行かせるからね」と言って
部屋を出て、学校に遅刻の電話をしました。

待つこと20分。

ぽつぽつと部屋から出てきて話し出しました。

正直、ホッとしました。
話をしてくれるうちは何とかなります。

たくさん要因はありますが、
右京さんは今年、計画委員会(生徒会みたいなものです)の会長をやって
おります。
なった理由は「誰もならなくて先生が困っていたから」というものでした。

<保護者の委員決めのようです>

元来、考えがまっすぐまじめな右京さんは他の子供たちには
少し鬱陶しい会長さんになっていたようです。

廊下を走らない

教室で暴れないなどなど

今週の月曜日、休み時間に暴れていた子を注意したところ
その何人かが聞かず喧嘩のようになり一人が暴れて倒れたところに
右京さんが「自業自得」という言葉をなげた。

右京の声変わりした声は低く大きくて通るので皆がびっくりして
先生に知らせたところ、相手の子達が複数でされた事を報告しました。

その内容はかなり歪曲されたものだったそうで
(後から先生が確認してはっきりしました)
先生は右京を叱ったそうです。

右京は説明したんだけど1対3では敵うわけもなく
それに日頃強いその3人に逆らう子達なんているわけなく
当然、孤立してしまったんですね。

その事がどうしても納得いかない右京は
2日ほど悶悶としてましたが、我慢できなくなって
登校拒否をしました。

「今日、行くと僕は暴れるかもしれないから行きたくない
一日休んで落ち着いて行きたい」と言いました。

休むのは簡単です。

でも、ただ休んだだけでは学校で何も変わらない
同じ事を繰り返すだけよ。と話して先生に伝えることを
進めました。

少し考えたようですが「言えない。どういっていいかわからん」
というので
「お母さんが話していいかな?
 今ここで話したことをそのまま話してなんで休んだかわかってもらって方が
 絶対いいと思う。」

「いいよ」

まず右京の前で先生に電話で話しました。

先生は驚いてました。
「事実をもう一度確認します。今日お話したいので放課後でもお時間ありますか?」
ということでしたので

「是非、そうさせて下さい。その時、できれば右京も同席させてたいんですが」

「もちろんです。」

という会話を交わしました。

最初は同席する事をごねていた右京でしたが

「言いたいことは自分の口で伝えることが一番よ。
それが一番真実が伝わるから。」

1年生の時、授業のあり方に馴染めなくて学校に行かなくなった時も
3年生でいじめられ時もいつも話し合いには同席させました。

先生がどう話すか
何より私がどう話すかを聞くべきじゃないかと

小さいのにと時々かわいそうな時もありましたが
話したことをとても気にする子だったので
伝え聞くよりも自分の耳で聞かせたほうがいいと思いました。


放課後話し合いが始まると
第一声、先生が
「ごめんなさい。右京君。先生が皆に話す順番を間違ってました。
右京君を叱る前に皆に話すべきでした。間違ったことしたわけじゃないのに
叱ってごめんなさい。」

と言い出しました。

私も右京もびっくりです。

右京の顔がみるみるうちにぱ~っと晴れていくのが判りました。

「右京君の話も聞かず先に話して悪かったけど、今日皆に確認してわかって
どうしても早く謝らないかんって思って先に言ってしまいました。」

先生が謝ったことなんて初めてでした。

それから、私が入る隙もなく二人で色んな事を話しだしました。

時間にして1時間30分位でしょうか。

納得したようでした。


相手の子供たちはというと・・・。
そうまで考えてなかったということです。

「いつも注意してくるからいつものことだし
 右京が怒られるのもいつものことだから
 学校に来たくないと思うほど考えてると思ってなかった」

だそうです。

どう思いますか?


帰り道、ずっと今日のことを考えていました。
で、思ったんですけど・・・。

今日の休みは右京にとっては「ストライキ」だったんじゃないでしょうか?
「ストライキ」をしらないのでわざとということではないと思いますが

結果、先生が謝り、自分の行動をわかってもらえた。


6年生、難しくて頼もしくて、微妙なお年頃。


そんな中、一成が言った一言が気になりました。

「兄ちゃんは、大人だから損をする。みんなもっと言いたいこと言って
したいことして悪いこといっぱいしてるのに」

怖くなりました。



プロフィール

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。