スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悲しみの順番
nana


 パパの実家のナナが昨日、亡くなりました。
 平成10年生まれです。犬の年齢が判りませんが・・・。
 時々しか帰ってこない子供達ともとても仲良くしてくれました。
 最近、やっと子供達も一緒にお散歩に行けるようになって
 会えるのを毎回楽しみにしてたのですが、残念です。
 
 月曜日から元気がなく、食事もあまり取らなくなって
 おばあちゃんが心配してました。1日様子をみて
 次の日、下血してるのをみつけて、驚いて
 病院に連れて行ったところ、赤ちゃんがおなかの中にいて
 死んでしまってたそうです。水曜日、手術の予定でした。
 何度かの出産を経験し高齢のナナはもう持ちこたえる事が
 できなかったそうです。
 昨日の朝、手術の点滴をしようと獣医さんが様子を見に行った
 ところ、眠るように亡くなってたそうです。

 私がお嫁に来たときも、迎えてくれました。
 一人増え二人増え、皆子供らも仲良くしてもらい、子犬の
 出産から色んなことを教えてもらいました。
 
 おばあちゃんから、子供らにも伝えてねと言われ、ちょっと
 考えました。どういう風に伝えたらいいのかって・・・。
 色々、考えたんだけど結局、そのまま伝えました。

 右京は黙ったまま、何か考えてます。
 一成は「近くに子供がいるからいいよね」って
 まだ理解できないみたい。

 子供達は毎晩、お風呂でパパさんと一日にあったことを
 話ます。その時に話したらしいのですが・・・。
 翌朝、一成が「お父さんがまた、おばあちゃんが寂しくないように新 しい犬を小さな犬を買ってあげようね。っていいよった。」って
 
 同じような事をいっせいが言ってたのを私は反対してたんです。

 おばあちゃんはナナが居なくなったことが悲しくてしょうがなくて
 昨日も引き取って暫く涙が止まらなかったそうです。
 そんな人に代わりの犬の話はできません。

 悲しいという気持ちには順番があるんだと子供達と話してて
 気づきました。
 大事なものがなくなって、悲しい。
 悲しいけど、次のが手に入ればなんとか治まる気持ち。
 悲しくて悲しくて代わりなんかない気持ち。
 子供達にはまだ最初のほうだけ、まだ、右京で6年の歴史しか
 ないんですものね。
 幸か不幸か、彼らは胸を引き裂かれる別れは経験がありません。

 もう、犬は飼わないと言った、おばあちゃんの気持ちが
 理解できない二人は、困った様子でした。

 「あのね、もしちびが死んでしまって、いなくなったとするじゃな  い? だから、家族が一人減ったからって違う所から子供を貰ってきてもいいかな?ちびじゃなくてもいい?」と私は兄ちゃん二人に
話しました。
 うきょうは顔つきが変わってブンブン顔をヨコに振ります。
 いっせいはちびを抱きしめました。
 「そういうことよ!嫌でしょう?おばあちゃんもナナがいなくなった  からって、別の犬でいいわけじゃないのよ。」
 「わかってくれる?また、おばあちゃんが一人じゃ寂しいからって
  気になったらお父さんと相談しようよ。」

 人(命)には代わりがないということが伝えたかったんだけど
 判ったかな?
 まだ、なんとなくでもいいんだけど・・・。

 ナナの御冥福をお祈りいたします。
 



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

悲しいですね
おばあちゃんの愛犬、亡くなってしまったんですね。
確か以前、子犬をあげちゃってお子さんたちが悲しんでいた・・・
あのワンちゃんですか?

命の誕生と死。どちらも説明するには難しすぎますね。
言葉では語れないです。なかなか・・・・
右京ママさんの記事を読んでいると、いつも考えさせられます。
まだうちの子供たちは全然分かってないのですが。
おばあちゃんがナナちゃんを大切に思っていた気持ち、
代わりの犬じゃダメって事。
きっと分かってくれますよ。

ご冥福をお祈りします。
あけましておめでとう。
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。そうなんです。お葬式だったんですよ。年末年始はほとんどというよりぜんぜんありませんでした。気持ちを切り替えていかないとね。がんばりまーす。今年もよろしくお願いします!!
こんにちは~・・私の犬の名もナナなんです、9歳ですか、もうだいぶお年を召してたんですね、我が家でも<愛犬の死>は子供たち、経験してます、そして代わりなんていらないって、それぞれが悲しみに暮れてました、父から聞いた話ですが・・愛犬の死は、あなたの大事な人の身代わりの死なんだって、もし自分を可愛がってくれた主人の死を感じとったなら愛犬は身代わりになるんだそうです、ほんとうかどうかしらないけど、長女が3歳の頃車にはねられそうになりました、今思えば、そうかなって思います、愛犬の散歩のときは、かならず亡くなった犬の墓によります、子供達といっしょに・・<ありがとう、まもってくれて>って長女が・・
こんばんは!
残念なことがあったんですね・・・
読ませて頂いて子供にとってかなり
大きな出来事だったんだなぁ~と思いました。
大切なものを沢山残して逝ったんですね・・・

ご冥福をお祈りいたします。

K部長
皆様、コメントありがとうございます。
はにわ さんへ

そうなんです。子犬事件のママ犬です。
私が話していく事がおしつけではなく、子供達に
わかってもらえるといいと、いつも思います。
子供達に伝わってるかって、すぐにはわかりませんよね。


keikoのママさんへ

お疲れ様でした。
大変でしたね。環境の変化に子供さんたちは
大丈夫でしょうか?


akokoさんへ

こんにちは!
子供達には特に右京にとっては少し心に残る出来事だった
ようです。何かにつけて触れてはいけないことのように
会話に出てきます・・・。
犬の死というのは、いろんな、言われ方がありますよね。
変な話ですが義母の周りではここ何ヶ月かとてもなくなる方が
おおくて、それが最近、近いうち自分の番だみたいな事を
口にするようになってって、皆で心配してたんです。
ナナちゃんには可哀想だけど、akokoさんのお父様がおっしゃるようで
あればと感謝してしまいます。


k部長さんへ

コメント、ありがとうございます。
親や大人からの愛情は受身だからなのか、いまひとつわからないようですが
ナナへの気持ちは自分からの感情のようでショックだったようです。
右京は「今までにしたことがない、ぐちゃぐちゃなものがここにあって
気持ちが悪い」と胸をトントンしながら言ってました。

お兄ちゃんがダメです。
お兄ちゃんが一人でトイレに行けなくなっちゃいました。骨拾いを良い経験と思って連れて行ったんですが、それがあだとなりました。骨が怖かったようです。そのうち一人で行けるようになるだろうと、今は一緒についていってますが。。。

ところで、KEIKOのママさんは当分の間、ブログを閉鎖いたします。でも遊びにはこれますので、また遊びに来ますね。
keikoのママさんへ
あらあら、お兄ちゃん大丈夫かしら?
これも、経験でのりこえなきゃいけないってことでしょうか?
でも、ママがいるから大丈夫ですよね。
ママはたいへんだけど、頑張ってくださいね。

ブログの閉鎖、了解しました。
是非是非、遊びに来てくださいね。
プロフィール

右京ママ

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。