スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
兄弟でしりとり
きのう、子供達でしりとりをしていました。

最近は色んなことをいうようになったちびも参加させて
もらえるようになりました

右京「最後にしにがみ(死神)って言ったら出るとよ~
一成「え~ぜったい言いたくない

でも、しりとりの最後って「ん」で終わったときですよね?
ま~いいやって聞いてました。

じゃんけんで一番を決めて
勝ったのはちびちゃん。続いて一成で右京君。

ちょっと右京は不満気・・・。

ちび 「だんごむし」

いっせい 「し、し、し~?いや~ もう終わるやん」
       えっと!えっと!したい(死体)?」

うきょう 「い、い、いなずま!」

ちび 「ま、ま、まむし」 (何故、こいつがまむしを知っていたのか?)

いっせい 「し、し、し~?また、し~? おかあさ~ん!しってなんかある?」

はは 「ピ~ポ~。ピ~ポ~。」

いっせい 「な!なに? それ何? (し)だよ

はは 「そうよ!(し)よ 知らんと?」 

いっせい 「わからん! え!だって(し)じゃないやん ちゃんと教えてよ!」

はは 「教えたらルール違反でしょ!」っとジェスチャーつきで教えようとする私。

とういう会話を続けて数分。いっせいは判らず、右京にバカにされて泣き出しました。

そうです。お気づきになった人はわかりますね。

「し」で私が言いたかったのは「消防車」
でも、真似したのは「救急車」

いっせいは間違ってないんです。
「ピ~ポ~ピ~ポ~」が救急車

消防車は「う~~う~~」(ご自分で真似して見て下さい
なんですね。

私がとっても!まったく!間違いに気づくことなく
真似してヒントを出し続けてたんです。

で、結局わかんなくて、泣きながら「しにがみ」って言って勝負は
負けてしまいました。

その後の暴れようといったら、ものすごいものでした。

それでも、気づかない私に右京が耳元で

「おかあさん!お母さんが言おうとした消防車はう~う~じゃないと?
ピ~ポ~ピ~ポ~は救急車だよ

「ひや~ ごめんよ~。いっせ~い。
 おかあさんも間違うんだよ

「いや~ぜったい許さん!おかあさんのバカ!

となりました。

ちびは自分が勝ったので、ずっと「僕、つよいやろ?よく知っと~やろ」って
嬉しそうでした。
でも、何故キミの口からまむしがでたのか知りたくてしょうがありません。

それにしても、しりとりのルールってこんなものでいいのかしら?

学校の問題は問題として
やっぱり我が家はこんなもの子供達はとっても元気です。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

大切な時間
あー、「ひとまず笑っとこ」って感じのネタで嬉しくなりました。

右京クンのこと、まだまだ大変そうですね。
でも、こういう普段の何気ない時間、とっても大切だと思いますよ。
チビちゃんもしりとりに参加できて・・・兄弟で盛り上がって。
こういう微笑ましい時間、大事にしてくださいね♪

救急車のジェスチャーには笑ってしまいましたけど(^^)
「し」・・・しにん?したい?
消防車だったのですね(笑)

私も思い当たることがたくさんあって笑ってしまいました。
子供って知らないと思っててもどこからか知識を吸収してくるからすごいですよね。
右京ママさん、
お久しぶりです。
右京くん、いろいろあったんですね。右京ママさんの寄り添ってお話を聞いてあげているところ、見習わなくてはいけないとおもいました。 お友達は 何気なく言った言葉かもしれないけれど、絶対口に出してはいけない言葉がありますよね。 右京くんの心の中を思うと締め付けられます、、、。
しりとり、まむしがでてくるんですか、面白い!! それに死神って、、、やっぱり男の子ですね。 うちの息子は、日本語の宿題で、「と」か「ど」からはじまる言葉を書いていくというのがあって、「どく」(毒)って書いてました、、、。
コメントありがとうございます。
はにわさんへ

まだまだ右京のことは解決は難しいですが
今のところ考えすぎずに笑顔でいる時間を
増やしてあげられたらと思っています。
(実際は叱ってばっかりなんだけど・・・。)
ジェスチャーで救急車と消防車って結構難しいのよ!
ホースを伸ばして「消火」のポーズまでやったんだから^^。


ぽん太ママさんへ

子供相手にする「しりとり」は面白いですね。もっと違うことないの?って突っ込み
いれたくなります。


かたこさんへ

こちらこそ、お久しぶりです。
子供達が口にする言葉には本当に悩まされます。自分はどんな風に身につけていったのか?親達はどんな風に教えてくれたのか
自分の経験でしか子育てできなくて・・・。自分が言われて嫌なことは他の人も嫌なのよってことに早く気づいて欲しいと思うのですが、なかなか・・・。

「しりとり」・・・。
「どく・毒」っていうのもすごいですね~。何から知ったのかしら?「まむし」も
どこからきたかわからないんです(笑)
こんにちはー楽しい親子ですねー・・ほのぼのとしてて・・毎日、毎日、子どもたちって違う顔を持ってるんですね!私も子ども達からいっぱい学びましたよー・・<だんごむし>をポケットいっぱい持ち帰られたり・・<かまきり>しかも特大を持って追いかけられたり・・おかげで逃げ足は速くなりましたー・・・<小学6年>からは体力では負けるので泣き落としでしたー・・真剣に子どもと付き合うって大事です、ある意味、母は、子どもが大人になるモルモット?たたいたら・・泣くし、ケガさせたら・・心配になっちゃうし、だから、お友達には加減して叩こうっと!ってね・・・。
akokoさんへ
「母は子供が大人になるモルモット?」ってすごい表現ですね。
正解!ぴったり!
「だから、お友達には加減して叩こうっと!」っていいですね。「叩くな!」じゃないのにびっくりしました。
「加減してって・・」何でもそうかもしれないな~って思いました。私にはその余裕がなくって、程ほどって人付き合いには必要ですものね。子供達にはそんな気持ちで
接してみようと考えさせられました。
ありがとうございました。
目からウロコってこんな気持ちなのかしら?
プロフィール

右京ママ

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。