スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読み聞かせボランティア
今年から小学校の「読み聞かせボランティア」に参加することに
しました。

読み聞かせの対象は1・2年生と支援学級の子供達。

上の二人は気にもしてなかったようですが
ちびさんが「お母さんもきて~」と言われていたので
決心しました。

ねずみのすもう (はじめてのめいさくえほん)ねずみのすもう (はじめてのめいさくえほん)
(2000/05)
いもと ようこ

商品詳細を見る


ボランティアとして参加するのは保護者なら誰でもOKだそうです。

子供達にはずっと絵本を読んできたので苦手な分野ではありませんが
いざ、他人となると・・・。

自信がない・・・。

選本にも注意事項などがあります。

宗教色の強いもの、政治色・戦争物など、読んだあと先生の助言がいるようなものは
避けてくださいということでした。

*クリスマスのお話は大丈夫です。

選本作業で私が驚いたのは、昔話は今の子供には「受けない」ということでした。

日本昔話で育った私に、育てられた我が子供達。どうしたものか・・・?
我が家で読んで「受けなかった」ことはないのですが

よくよく話を聞いてみると、まず、「傘地蔵」のお話をした時のこと
「地蔵」を知らないということでした。

「嫌なら嫌っていえばいいのに~」とか
「なんで助けないかんと~」とか
「貧乏やけんしょうがないやん~」とか
言われたらしいです。

とても複雑な気分になったということでした。

だけど、選本の第一条件は「自分が好きな本」といことでした。

ですから、当然私の場合は日本昔話となります。

迷いに迷って、結局子供達に選んでもらうことしました。

で決まったのがこのお話。


季節も運動会前ということもあるし・・・。

時間にしてゆっくり読んで5分半位のお話です。


選本後、読み聞かせボランティアのベテランさんへ報告すると
「最近、昔話を読む勇気のある人はいないから頑張って下さい。」
と言われました。

ど!どういうこと~

驚きましたが良い方にとることにして・・。

だって、物語性のない絵本って私には読むのが難しいんです。

練習をしていて思ったんですが
歌と一緒で言葉が多いとそれを読めばいいというか
言葉で伝えられますが、言葉が少ないと声の抑揚とか間合いが難しいというか・・・。

いつページをめくったらいいのか・・・

私には苦手です。

さてさて、本年度第1回目の読み聞かせが昨日ありました。

その様子はまた後日お話しますね。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

すごい!すごい!!
ウチの学校でも読み聞かせのボランティアを募集していますが、私も他人の前で読むのはちょっと・・・と思ってやっていません(苦笑)
図書修復のボランティアもあるので、そっちだけやっています。

子供達も「○○さんのお母さんが読み聞かせに来た!」と言うけれど、何の本を読んでくれたって話にはならないかも・・・
それってどうなんでしょう?
昔話だったら本のタイトルも覚えているような気がする。
でも昔話は受けないんだ~~~ビックリです。

1年生の時、昔話を読もう・・・みたいな授業があって、家からたくさん本を持って行きましたよ。我が家にもとりあえずの昔話の本はあるけれど・・・今は知らない子も多いのでしょうかね?

時代なのかなぁ???
最近ね「私が古いのかな・・・」って思うことが多々あります。
あっ、話がそれましたが、読み聞かせのレポートも楽しみにしています♪

はにわさんへ
すごいですか?
すごいでしょ?私も実はやってみて我ながらすごいこと始めちゃったと
思っています。
でも、楽しいです。

ウチも図書ボランティアがあります。
図書の修復作業はもちろん図書館内の掲示物を作成して
飾ってくれます。
私もこちらも考えましたが、私の手先を考えると・・・。
こちらの作業も毎回、上手だな~って感心していますよ。

子供たちは先生だけでなくて、お母さん達がしてくれてる
ということが嬉しいそうですよ。

「昔話が受けない」話は驚いたでしょう?

私は今回、選本という作業でいろんな本を読みましたが
最近の絵本って子供達の感受性にものすごく頼りすぎてる
と思いました。
もちろん個人を考えると大切なことですが、こういう場面で
相手はどう思うとか、こう思ったからこうしたとか

個人を重んじるばかりでこういう時はこうしてあげましょう。
みたいなこどがないんです。
小さい子達は困らないのかな?ってある程度の常識って
絵本から学んでたんじゃないかっって考えさせられました。

だからというわけでありませんが
私は古典派でいくことに決めました。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今年から小学校の「読み聞かせボランティア」に参加することにしました。読み聞かせの対象は1・2年生と支援学級の子供達。上の二人は気にもしてなかったようですがちびさんが「お母さんもきて~」と言われていたので決心しました。ねずみのすもう (はじめてのめいさくえ...
プロフィール

右京ママ

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。