スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読み聞かせボランテフィア②
初めての読み聞かせ・・・。
緊張しました。

というより、教室に行くまでは緊張してなかったですが
教室で子供たちが待っていてくれている姿を廊下越しに
見えて、急に緊張が走りました。

正直、「やばいこと始めちゃった」という感じです。

私が教室に着くと先生が紹介して下さいました。

「同じ2年生の<チビ君>のお母さんです

<先生~ その紹介はちょっと~>と思いましたが
これが良かったみたいで、私も入りやすかったし、子供たちも

「え~!本当~!」と盛り上がってくれました。

自己紹介したところで、子供達の後ろのほうから
クスクスと笑い声が聞こえました。

全員の目がそちらへ

先生が「<チビ君>自分の教室へ戻って下さい。」

教室が大爆笑・・・。そうです。うちの三男坊が紛れ込んでおりました。

先生に手を引かれて教室へ戻されました


やっと、お話開始です。
事前の勉強会で指導されたように本を開いて一呼吸。

表紙を読みます。

ページをめくっていきます。

ゆっくり、ゆっくりです。

冷静に淡々と読んで下さい。と言われてましたが
私には無理です。

登場人物が頑張れば頑張ってる声になります。
悲しい言葉は悲しい声になります。

子供たちが言葉を聴いて自分の気持ちで判断できるように
読んであげましょう。

絵本の絵が指で隠れないように持って下さい。

読みながら、た~くさん言われた注意事項が頭をよぎります。


丁度、真ん中位にきた時、本を支えていた指が動かない

そう、攣りました

お話は大きなねずみが小さなねずみに投げ飛ばされたところ

<こんな時に~>と思いましたが

優しい助け舟が・・・。
ちびと仲良しの女の子が「緊張しと~と?だいじょ~ぶ?」

目の前にいたので小さい声でしたが優しく言ってくれました。
情けないことに泣きそうになりました。

自分では気づかなかったけれど、お話に間が空いたのか
別の子が「それから?小さいねずみが勝ってどうなったと~?」と
話を繋げてくれました。

そんなことがありましたが、お話はところどころで笑ってくれたり
拍手が出たりで無事に終わりました。

子供達に助けられたかたちでしたね

終わって帰り道で声をかけてくれた女の子に
「ありがとうね」って伝えると

がかえってきました。


終わってみれば、昔話も楽しいんじゃないかと思いました。
子供達には最初はとっつきにくいのかもしれませんが

嫌いなようには思えませんでした。


次回は22日、頑張ります。

さてさて、次は何を読みましょうか・・・。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

おつかれさまでした♪
記事を読んでいてこちらにも緊張感が伝わってきました・・・・
いやいやホントにお疲れ様でした。
やっぱり私はやらなくて良かった!!と思いました(笑)
今年私はサーちゃんの学級理事をやっているのですが、読み聞かせのボランティアさんの人数が足りない時は理事に声がかかると言われているんです。絶対無理~って思いました。指攣っちゃうなんて大変すぎます(苦笑)

それにしても昔話。
子供達には受け入れられたみたいで良かったですね☆
子供が判断できるように淡々と読むのって難しいですね。
セリフの言葉でなく言い回しから感情を感じることも大事だと思いますよ。
私もね右京ママさんの意見に同感です。
感受性を育てることも大事だろうけど、絵本から学ぶこともたくさんあると思います。

次のお話も楽しみにしています☆
右京ママさんのやりかたでいいと思いますよ♪
せっかくだからチビちゃんのクラスでも披露したいですね☆
はにわさんへ
コメントありがとうございます。

そうでしょ~ありがとう!
色々、息詰まったりすると思いますけど
その都度、考えて自分のやり方でやろうと思います。

昔話って民族性というか、常識を教えてくれてたんだな~って
思います。
小さいことだけど、「好き嫌いしないでおなかいっぱい食べないと
力が出なくて勝負に勝てないよ」とか
「言われたとおりしないと、約束守らないと怖いことが起きるから
守りましょう。」とか
それはお仕着せではなく基本的な常識を教えてもらってたって思います。

はにわさんは学年理事、頑張ってるんですね。
ボランティアがまわってくるって大変ですね~。
心構えしてても大変なのに・・・。
うちも登録してる人は沢山いるらしいですが、実際参加するのは
少なくてお世話係さんは割り振りが大変みたいです。

ちびのところには6月に行く予定です。
ちびが一番楽しみにしてくれてます。母としてはちょっと
嬉しいです。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初めての読み聞かせ・・・。緊張しました。というより、教室に行くまでは緊張してなかったですが教室で子供たちが待っていてくれている姿を廊下越しに見えて、急に緊張が走りました。正直、「やばいこと始めちゃった」という感じです。私が教室に着くと先生が紹介して下さ...
プロフィール

右京ママ

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。