スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お葬式でした。
道端の花

今週、私の方とパパさんの方で不幸が続きました。
幾つで亡くなっても死というものは悲しく切ないものです。
お兄ちゃん達二人は6歳と4歳でありながらすでに
2回のお葬式と火葬場を経験して今回3回目でした。
以前は二人とも会場に入ると怖いのか私の傍を離れる事は
ありませんでしたが今回は勝手しったるなんとかで動くは
しゃべるは周りの物は触るはで、怒りと申し訳なさで逃げ出したくなりました。
しかし、列席者の皆様、子供がうちだけだったのもあるのか
優しい眼差しで相手をしてくれました。
ほんとに申し訳なくて、感謝するばかりです。

いっせいは亡くなったお婆ちゃまとは面識がなかったので
亡くなったことに悲しみはなかったようですが(正直死ぬという事を
理解するのはまだまだ先のようです。)
大好きなおばあちゃん(パパさんの母)が泣いていたのが
ショックな様子で自分のおもちゃを渡したくて、しばらく見つめてました。

火葬場での出来事でしたか・・・。
いっせい「どうして焼くの?皮とか髪とか肉とかはどこに行ったの?」
私   「ん~どうして焼くんだろうね。
     ごめんね。お母さんもわかんない。
     でもね。焼いて残った骨はその人が生きてた証に残して家族     が大事にするんだと思うよ。だから死んで姿がなくなっても     寂しくないでしょ?他のものは焼いて煙になって天国に行く     んじゃないかな?。」
右京  「ふ~ん。わかんないけど。じゃあ、お墓っていうのは
     死んだ人のおうちなんだね。」
私   「ん~・・・。そうだね。だからお墓はずっと大事にして
     かなきゃね。」
右京  「うん。それはいつもお父さんがいってるからわかる。」

しんどい質問でした。
親戚が一杯いるなかでの説明に私は死苦八苦でした。
でも、冗談で答えたくないし、お上手で済ませるのも嫌な気がして
子供の質問て怖い?です。
焼かれた骨を眺めて真剣に手を合わせた一番チビの姿にも感動して
しまいました。

最後に
その日、夜寝るとき右京が「今日ね、お婆ちゃんが骨に変身した時
ここ(胸をトントンして)とおちんちんがきゅ~んってなったよ。
ちょっとドキドキしてしまった。お婆ちゃん天国行ったかな?」
って。
これは子供の成長ですよね。
子供たちを一日中ずっと眺めてた私はハラハラドキドキで
色んな意味で胸がきゅ~んとなった一日でした。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

こんにちわ*
人間が死ぬって16歳でもわからないものです。(当たり前?)
言葉じゃ説明できない感情を教えるのは大変そうです…。それでも頑張っていらっしゃるママさんを尊敬**
この度は、ご愁傷様です・・・
この度は、ご愁傷様です。故人のご冥福を心よりお祈り致します。

そうでしたか・・・。何となく、最近このブログを覗いた時に何か感じるものがありました。「何かあったのかしら?」って・・・。私の勘ですけどね。息子さん達には、まだ何も分からないでしょうね。私の曾祖父、曾祖母が亡くなった時にも実感は沸かなかったですからね。私も将来、自分の子供達に説明する機会があった時には、どう説明するのか?難しいね・・・。主婦の方のブログには何人かお邪魔させてもらってますけど、考えさせられることが多いですね・・・。
ご冥福をお祈りします
しばらくブログが更新されてないなぁ・・・
なんて思っていたら、お不幸が続いたんですね。明日香さんから教えていただきました。

いつくになっても、誰であっても死というのは悲しいですね。故人のご冥福をお祈りしています。

人の生死って難しいですね。
自分だってはっきりを分からないことを子供に教えなきゃいけない・・・難しいです。
私も最近よく生死について質問されます。答えに困ることが多々あります。
でも、右京ママさんが一生懸命説明してたことで子供たちには大切なことだというのは伝わったのではないでしょうか?

うちの子供も葬儀に出席したことがあるのですが、大声だされて恥ずかしい思いをしたことがありますね。お疲れ様でした。

明日葉 さんへ
16歳、そうですよね・・・。
私たちでもわからないもの意識しないでって
言ったら変だけど10代の人達には元気に精一杯まだまだがむしゃらに生きてほしいと思います。


明日香 さんへ

ご挨拶、悼み入ります。
我が家では本当に不幸は続くんですよ。
3年ほど前も何日か違いで両家で不幸が
あって連れていくんだろうねって話してたとこ
でした。
子供でも心に残る事はあると思うので
うるさがらずに参列させてくれた親族の方々に感謝しています。


はにわ さんへ

子供に説明するのって本当に難しいですね。
結構意識の外で考えてたところをついてきたりして、とまどう事ばかり、私の説明で気持ち
だけでもわかってもらえればと思っています。

プロフィール

右京ママ

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。