スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
運動会のご褒美
b-damann

先日の運動会のご褒美です。

私にはわからない世界。

「ビーダマンの正式スタジアム?」正式名称は後日

弟2名はまずやってみる。

兄右京さんは取扱書を熟読してからトライ。


右京さんが始める頃には弟2名はハイテンションです

普通でも、家の中は騒がしく、色んな音が氾濫しているというのに
この時はビー玉の転がる、ぶつかる音が

ガラガラ~~

ごろごろ~~  バッシャ~ン ガッシャ~~ン



今日ばかりは我慢しますが、私だけが面白さがわからなくて

疎外感


皆!とっても楽しそう!

男の子って、「倒す」とか「はじく」とか「ぶつける」とかが
本当に好きですよね。

予期せぬパパさんからのプレゼント

嬉しかったようです。

パパさん・・・。私には?
運動会、本番!②
運動会のお話 パート2です。


午後からの種目は「組み体操」。

5・6年生の種目です。

総勢198名になります。

先日もお話したように「僕はここにいます。」と
教えてもらわない限り、探すのは不可能に近い状態。

右京さんには「ここらへん」と招待状がありましたので
大体、めぼしはついておりました。

一成さん「兄ちゃんの近く。」

なんのこっちゃ

そんなんでわかるかい

ですが、方法は一つ。

スタートは応援席。

応援席から「わ~」っと出てくるわけですから
そこから姿を追い続ける。

無事を演技場所を確認

坊主にしておいて良かったです。

上になり下になり、地べたに這い蹲り(体操服は砂だらけ


さすがに5・6年生です。
思っていたより、感動しました。

ふと右京さんを見ると、クライマックスのピラミッドの一番下。

背は伸びて大きくはなりましたが、ひょろひょろ君です。

一生懸命、堪えてるのがわかります。

<もうここで私は涙目です。>


「ご長男さん頑張れ~!」とちびの同級生のママが応援してくれました。


組体操と言っても色々あるんですね。
今回は女子もしっかりしていて綺麗にたくましい組み体操でした。


続いて「騎馬戦」。

一成さんが待ちにまった「騎馬戦」です。

朝も帽子と水筒は忘れても「ハチマキ」は忘れません。

これも、5・6年生の種目です。

右京さん「白」
一成さん「赤」

ん~!見るからに「赤」が強そうです。

一騎打ちと大将戦

毎年、女子はやんわり、ふわ~と騎馬戦?といった勝負なんですが
今年は女子が面白かった。

落ちて怪我しても続けたり、大きな声で声を掛け合って戦ったりと
大将の女子が違うとあんなにしまるものなんだなと感心しました。

で、男子ですが

写真がないのが申し分けない位、勇ましい

この時ばかりは、どの子もかっこいいです

白組は武田信玄の訓言に合わせて入場してきます。


白組の右京さん。

背も高く、重いのに何故か上に乗ってます。
下には小さい子。

「無理だろ~?」と思いますが、先生からの指示だそうで
本人も困ってはいました。

行進の時から何度も落ちそうになりながらの入場でした。


赤組の一成さんは・・・。

顔がやる気満々?でした。

赤組の入場行進時の曲は・・ごめんなさい覚えてません

最初の一騎打ち。
これは対戦相手が決まっていて、勝ち残りの馬が多いほうが勝ちです。

右京さんは残念ながら落ちました。
やはり馬が弱かった。何故、あんな組合せになったのか?

馬になった子も可哀想だし、上で戦う右京も戦えないほどぐらぐらでした。


一成さんは勝ちました。
ハチマキをしたまま落ちずに帰ってきました。

ハチマキが似合うこと似合うこと。
坊主にはやっぱりハチマキよねって感じです。


続いて大将戦。

「兄ちゃんを倒す!」と言ってはいましたが
チームで作戦があるため、残念ながら対戦はなりませんでした。

ホッとしたのは私だけじゃないはずです。

対戦は赤が勝ちました。

全体をみて戦うことは一成さんには難しいようでしたが
気づいたら「白」の大将が倒されて、対戦は終了です。

まだ、気分もおさまらぬまま退却を命じられて

「へ! あれ」てとぼけて顔のまま自分の場所へ
帰ってきました。


親としては右京にはかわいそうですが

「赤」が勝って良かったような気がします。


その後、一成さんが言った一言。

「来年は兄ちゃんを倒す

右京さんの一言。

「僕、いないけど・・・。」


ほ~~~~ほほほ

二人ともお疲れ様でした。

こんな二人を見ていたチビさんの一言は

「僕は出らん あんなこと絶対にせん
でした。

ちびさん現在2年生。

5年生までに鍛えなおしを心に誓った母でした。


今年も無事に終わったことに感謝。

「今年は右京が最後だから」と
朝早く遠くから人数分(総勢9人)のお弁当を持って来てくれた
お義母さん、パパの妹夫婦。

毎年果物を沢山もってきてくれるお実母さん。

ありがとうございました。

「来年は一成が最後です」ので宜しくお願いします。

運動会!本番
5月20日日曜日

運動会が無事終わりました

曇り空だった空も昼間には太陽の日差しがきついほどに
なりましたが、運動会には丁度良かったです。

スタートは先日お話した右京さんの生徒代表の挨拶。

緊張しました

式次第を読まれ元気に「はい!」と返事をして壇上へ上がる右京さん。

「・・・。」

声が聞こえない・・・。

マイクにより過ぎ ぼそぼそ声になってる。

途中で気づいたのか、だんだん聞こえるようになってきました。

途中何度も言葉がつまります。

本当は紙を読んでもいいよと言われてそうですが、
「そんな挨拶は見たことがないから自分で覚えて言いたい」と
前日まで練習してました。

短い挨拶でしたが無事終了


子供が3人もいるとプログラムは印だらけ
ほぼ誰かが出てます。

生徒が多いので自分の子が何番目に走るか

演技の時にどこから始まってどこに移動しどこで演技かは
ビデオ、カメラを取る側にとっては重要です。

が、が、ウチの子供達、誰も教えてくれません。

もちろん学校からは「招待状」なるものがあり
自分で僕は何番目に走ります。とか

Aパートはここで演技します。

頑張りますから見に来て下さい。とか書かれてあるものが
あるはずなんですが・・・。

今年もくれたのは当日 学校で

右京の紙には「ここらへん」とか位置説明が

一成さんは場所が違うし

ちびにいたっては「招待状ちょうだい!」っていうと
「教室の机の中にあるよ

「お母さん、僕わかるよね?

その信頼度は母としては嬉しい限りですが

「わからんから、取ってきなさ~い
と怒ってしまいました。

「もう時間内から無理~」とグランドに走っていきました。

実はこいつが一番くせものかもしれないと反省した私。

ということで今年も頭を悩ます親二人。


前半はトラック競技が多く

楽しみにしていた一成さんの走り。

「見なくていいから」と言ってました。
一成はどんどんトラック競技に自信をなくしていきます。
以前のようにイキイキとした顔で走らなくなりました。

今回も皆がルールを忘れてインコースから抜いていくのを
出来ない一成はアウトコースを走っていくインでもつれた子供が
次々に転倒してその子達に遠慮して走る。

「踏んで行け~」と叫ぶ私。

「それはいかんやろ~」とママ友から突っ込まれる

優しいのか気が弱いのか、体育会系の母「あ~」となります。
一成の気持ちもわかるけど残念でしょうがない。

ちびはというと・・。
「僕2回走るよ

「なんで?人が足らないの?」

「違うよ。速いから。」

お~っと兄二人と笑ってしまう。


走ったのは最初から4番目。

よくよく考えると「速い」からではなく
走る順番が「早い」から・・?

ま~とっても笑顔で嬉しそうに走ってたのでOKでしょう。


まだまだ続く運動会。

午後の組み体操と騎馬戦については後日。
今年も次男の圧勝でした。
毎年、バレンタインデーがやってきます。
今年も流行り病が猛威をふるい、治まり掛けたころ
やってきました

クッキー

今年も次男坊が圧勝いたしました。

写真は一成さんが大好きなRちゃんから頂いたチョコクッキーです。
可愛いですね

Rちゃんとは保育園で一緒だったんだけど
卒園してからは中々会う機会もなく、正直本人結構私に怒っておりました

「いつ会えるの?」「いつ遊べるの?」
「会わないと僕のこと忘れちゃうやん」って。

だから今年は一成さん諦めていました。

それがそれが、バレンタイン当日のこと
Rちゃんのママからメールが・・・。

「まさか」と思っていると
嬉しいメールが・・・。

「今年もあげたいので・・」というメールが

嬉しかったです。大丈夫ですよという返事をして放課後の約束を交わし
一日を待つことに。

ここで突然、私のいたずら心が・・・。

一成には内緒にしておこう


その日の夕方、順番に帰宅するわが子たち。
私は笑い顔を押し隠すのに必死。

約束の時間まであと30分。

一成が大人しい・・・。

部屋を見に行くと<寝てる

しまった! 最近体調が悪かったせいか寝ちゃってる。

どうしよう! 起すか?

代わりに私が受け取る?

わざわざ来てくれるのに?

悩んでる間に「ピンポ~ン♪」

「きた~!」

「一成!一成! Rちゃんが来たよ!バレンタインのプレゼント渡したいって!」

え~!聞いてないよ~♪

だって、言ってないもん

「起きれなかったらお兄ちゃんに受け取ってもらおうか?」

「それは駄目!ぜったいに駄目!僕が行く!」

と言ってふらふらと一成が向かった先は・・・。

洗面所・・・。

顔を洗い、髪を整えてる

すごい!いつものまにこんな気をつかえるようになったのか?

顔を2・3度パンパンと叩いたかと思うといつもの顔!

「行ってくる~

いや~ 一成、かっこいい~!


待っていてくらたのは一成が待ちに待ったRちゃん。

相変わらず物静かで大人しい可愛らしいRちゃん。

しかし、二人とも無言。

恥ずかしい気持ちが二人からひしひしと伝わってきます。

お互いのママから言葉を促されて儀式が終了。


この小さな2人の恋があまりにも純粋で恥ずかしい母が2人。


本当はもっとゆっくり会わせてあげたかったけど
我が家にはしばらくインフルエンザが蔓延していたので
いつまでも一緒にいると心配で・・・。

ありがとうね。Rちゃん。

ママもいつも応援感謝しています。

暖かくなったら遊びましょうね。

で、で、我が家に今年はきたチョコは

父  1個
右京 1個
一成 3個
ちび 1個

お分かりでしょうか・・・。一成以外の1個は身内チョコです

ふふふ!

来年は頑張れ~。男子諸君。

インフルエンザとウイルス性胃腸炎
ここ2週間ほど、我が家はインフルエンザと胃腸炎にのっとられておりました。

始まりはチビさん。
いつになくベタベタしてくるし抱っこ抱っこの連続。
あまりご飯も進まない(お菓子は食べます。)

どうしたものか・・・。
そうこうしてるうちに夜のお風呂
溺れました。お風呂で寝てしまったらしい。

ひとまずお風呂からあげて冷やしました。
しばらくすると今度は振るえ出してしまって熱を計ってみたら
「39.7度

応急の処置だけして次の日病院へ。

「インフルエンザA型だね」

あ~・・・。出たか~。

それから、お薬をもらって帰宅。

学校は当然、登校禁止。

その日からちびと私はマスク生活。

何故私もかというと、ずっと引っ付いてるからです
ちびが・・・。

その後、どうも一成の様子がおかしい

2日続けて学校を早退。
熱はない。高熱はでないのでインフルエンザではないらしい。

学校から電話をもらい迎えに行くこと3回。

学校からは歩いて帰れるし、ご飯もしっかり食べる。
どこが悪いのか、何が悪いのかさっぱりわからない。

実は「ご飯もしっかり食べる」これが悪かったらしい。

学校に行って2時間くらいたつと「吐く」。
これを続けてたんだけど、何故かというと・・・。

ウイルス性胃腸炎だったから
病院に行ってわかりました。

朝食に毎日食べていたヨーグルトと果物がいけなかった。
一番胃腸炎を悪化させるということでした。

これなら食べれるからと食べさせていたのが駄目だった。

気づかなかったこととはいえ「ごめんなさいね」という気持ちで
いっぱいです。母歴12年の私もまだまだです

その日から一成さん吐かなくなるまで絶食です。
可哀想だけどしょうがない。

一成vs母の戦いです。

「これ食べていいと?」

「だめ!ポカリだけ。」

暫くして「プリンは?」

「無理!ポカリだけ。」

また暫くして「お腹すいた~!」

「我慢して!今ちゃんと吐き気治しておかないと学校行けないよ。」

これを何度と無く繰り返す日々を繰り返し

本日やっと、登校して行きました。
今日は学校からの電話はありません。
「大丈夫なのか?元気なのか?無理してないか?」
と心配しつつ過ごしております。

子供の病気って難しい。



プロフィール

右京ママ

Author:右京ママ
12・11・8歳の男の子ママ!
見事に男ばかりの我が家に少しでも
やわらかさと和みを運ぼうと頑張っています。
毎日の育児に46歳という年齢を実感しつつ
いろんなことと戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
黒ねこ時計 くろック D
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。